RanQ


【保存版】GMOコインの評判やメリット・デメリットを徹底解説

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 207View


GMOコインは仮想通貨販売所で、取引所にはない魅力がいくつかあります。人気のビットコインをそろそろ始めてみようかと考えていえる方は、様々な仮想通貨取引所や販売所がありますので、選ぶ際はそれぞれの特徴を理解しておきましょう。慣れてきたら異なる取引所や販売所のアカウントを使い分けるなんてこともできるようになりますよ。

では、GMOコインの特徴とは何か、気になるメリットとデメリット、そしてユーザーの評判について見ていきましょう。

 

▶︎今すぐGMOコインを見てみる

 

 

1 始める前に知っておきたい仮想通貨について

・仮想通貨と電子マネーの違いについて

仮想通貨は日本円やドルといった通貨とは違い硬貨や紙幣はありません。インターネット上に存在するお金で、商品やサービスの対価として使用したり投資目的で保持することができる通貨です。パソコンやスマホがお財布になると考えるとよいでしょう。

そこで気になるのが電子マネーとの違いですよね。電子マネーも実際に手にするお金ではありませんから、仮想通貨のようなイメージがあります。一番大きな違いは電子マネーは入金をしてはじめて使えるものである点。それぞれの電子マネーを発行する会社単位でのお金になり、「日本円」の枠内に収まってしまいます。

人気のビットコインをはじめとする仮想通貨は、電子マネー以上に貨幣としての存在感があり、世界共通であることが特徴です。銀行や国会社などの組織に属さないため、世界どこでも自由に取りあつかえるのです。


 

・仮想通貨販売所と取引所は違うもの?


ビットコインが欲しいけどどこで買えるの?と皆さんまず疑問に思う点でしょう。仮想通貨を入手するには「取引所」か「販売所」を利用する方法が一般的です。この二つの違いですが、取引所は売買したい人がそれぞれ額を指定してマッチしたら売買が成立する仕組みです。

販売所はユーザーが販売所の指定価格で購入するところなので、取引所よりは若干価格が高くなる傾向があります。

取引所の特徴は販売所よりも安いのはメリットですが、自分が指定した金額ですぐにタイミングよく取引ができない可能性があります。販売所の場合は数量を指定してすぐに売買契約が成立する点が魅力ですね。

 

 

・仮想通貨の魅力について

 

仮想通貨がなぜこれほどまでブームになっているのか、まだよくわからない方もいるでしょう。そこで主な魅力となる点についていくつかご紹介したいと思います。

私たちがいつも使うお金はその国が発行した円やドルなど種類が違いますよね。ビットコインのように仮想通貨は中央管理者がいないため、通貨の価値が国の経済によって影響されることがありません。

また海外に送金をする際にも時間がかからない、手数料が安いなど今までのように銀行などの第三者を介して扱う手間がないこともメリット。日常生活内での機能性はもちろんですが、それ以上に仮想通貨の魅力は投資的な価値が高いといえるでしょう。

 

人気のビットコインが始まった2009年はほとんど価値がない状態でしたが、2017年には100万円以上にもなり将来的には1ビットコインが億単位になるのでは、という専門家の見方もありますよ。

 

 

2 GMOコインとは?

 GMOコインはGMOインターネットグループが運営する仮想通貨販売所です。東証一部上場で投資家からも人気のビットコインFXサービスも提供しています。GMOといえばGMOクリック証券が大変人気で5年連続でFX取引高が世界1位になるなど、金融市場でもとても大きな存在になっていますよね。
 

そんな大手のバックグラウンドあるGMOコインは金融庁から仮想通貨交換事業者としても認可されているので安心。厳密にわけるとGMOコインは仮想通貨取引所ではなく販売所になりますので、取引所にない魅力があります。GMOコインの設立は2016年10月で、サービスは2017年5月よりスタートし仮想通貨事業に参入しています。

 

3 メリット① 提示価格で取引ができる 

GMOコインは販売所なので、取引所のように売り出しの数量が常に変わり価格も変動することがありません。数量に関係なく想定通りの価格にて売買ができるためビギナーにも安心ですね。たとえ500円でも100万円の売買でも提示価格で約定できる点は変わりません。

注文値段に戻づいて決まる「最良気配」という言葉があります。最も高い買いの値段の気配値、最も引低い値段の売り気配値を総称したもので、取引時の場合は注文金額が多くなるほど、最良気配値で売買が成立しない傾向があります。その点GMOコインは販売所の特徴を生かし、自分が売買したい量だけを指定すれば、提示された価格で取引ができるというわけなのです。

またGMOコインは2wayプライスと呼ばれるシンプルな価格表示方法になっているので、取引所のように動きがある画面とは違い、とても見やすくて価格を把握しやすい点が魅力ですね。

 

4 メリット② アルトコインの売場がお得にできる 

ビットコイン以外のリップルやライトコインなど、最近は仮想通貨は1000種類以上もの種類があるといわれています。これらのアルトコインは取引所での取り扱いがなく販売所でしか購入ができません。数ある販売所の中でもGMOは手数料のスプレッドがとても安いことがメリット。ライトコインのスプレッドは300円、リップルのスプレッドは業過最小水準の1円で大変お得な取引ができます。

販売所は取引所よりも価格が高くなるといわれていますが、GMOコインのようなメリットを生かして取引所と目的に合わせてうまく使い分けるのもよいでしょう。GMOで扱うアルトコインはイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、そして人気のビットコインがあります。

 

5 メリット③ 便利なアプリが人気 

GMOコインでは仮想通貨FXのためのスマホ専用アプリ「ビットレ君」という機能が大変便利で話題になっています。 iOSはiPhoneとAndroidに対応。このアプリはチャート機能が充実していますので、取引していない人も事前の予習として価格の変動を参考にしたり確認するツールとしても活躍できますね。

仮想通貨FXに大切なリアルタイムのレートの表示、約定履歴、注文一覧をはじめ、1タップでその場で発注できるスピード注文で相場変動のタイミングに合わせて取引が可能。またチャート機能では単純移動平均線、一目均衡表、テクニカル指標も利用できるので、ヘビーユーザーや投資の上級者にとっても大変便利な情報収集ができます。

 

6 メリット④ 最大5倍の信用取引ができる 

GMOコインは仮想通貨で信用取引ができます。最大5倍のレバレッジは少ないかもしれませんが、初心者の方や少ない資金でスタートしたい人にはオススメ。レバレッジの取引はハイリスク、ハイリターンが特徴でこの取引をするには通常「追加証拠金制度」があります。

これは口座の残額で損失が補てんできない場合、追加で担保金を請求されるシステム。GMOコインには追加証拠金制度がないため、自分の口座に入っている金額以上が請求されることはありません。仮想通貨FXはとても難しそうですが、GMOコインならチャットでの質問や相談も対応しているので、ビギナーがトライするにも安心な環境が整っています。

 

7 メリット⑤ 日本円入出金手数料が無料 


振込入金はユーザー負担になりますが、GMOコインの日本円の即時入金、出金が無料、仮想通貨の入出金手数料が無料、仮想通貨現物売買の取引手数料は無料、仮想通貨FXの決済・新規注文、ロスカット手数料が無料。ビギナーから投資家までお得にお取引できます。

 

8 メリット⑥ 最短翌日から取引開始 

GMOコインの口座を開設後、早い場合で翌日から取引がスタートできます。開設手続きは簡単な3ステップのみ。ネットで口座開設の申し込みをしてGMOコインの審査、書類を送り到着後から即取引開始。

ほかの取引所では1週間以上もかかる場合がありますので、値動きのチャンスを狙って始めたい人にも安心ですね。

 

9 デメリット① 現物取引のスプレッドが高め

GMOコインは取引所でなく販売所なので現物取引の手数料、スプレッドが割高になる傾向があります。取引手数料以外にかかるスプレッドの存在を忘れてしまう人も多いのですが、自分の負担になりますので少しでも安いほうがお得。GMOコインの現物取引のスプレッドは相場が急変すると固定300円がいきなり5000円になることも。

逆にFXの最低スプレッドは業界でも最安水準の500円となっていますし、現物取引のスプレッドもキャンペーン期間中ならお得になる場合もありますよ。

 

10 デメリット② 相場急変時のレバレッジ変更ができない

GMOコインは仮想通貨の相場が暴騰したり暴落した時、このような急変時はレバレッジの変更ができない場合があります。例えばレバレッジが5倍から15倍に変更したいとしても不可能なので、相場が乱れている間はポジションを一時解消するなど、様子を見ながら次の動きを判断するとよいでしょう。

 

11 デメリット③ 仮想通貨現物売買の価格が高め 

ビットコイン人気でどんなものか試しに買ってみたいという人が増えています。GMOコインは仮想通貨販売所なので取引所と比較すると価格が高め。ビギナーがGMOコインを利用してビットコインを購入する場合は、少額でまずはトライするとよいでしょう。

12 デメリット④ アルトコインの種類が少ない 

GMOコインで取り扱うアルトコインは全部で5種類。種類で比較すると決して他の販売所や取引所よりも数が多いとは言えません。取り扱っているものは、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップル・ライトコインの5種類。

今後は種類が増える期待はできますが、取り扱っていないアルトコインに興味がある方はほかの取引所などをうまく使い分けると安心ですね。

 

13 GMOコインの評判について

GMOコインはどのような評判があるのか見ていきましょう。

 

 

良い評判

 

 

 

 

悪い評判

 

14 まとめ

仮想通貨取引所や販売所の数は増加傾向にありますが、どこもサーバーダウンなどの可能性が全くないとは限りません。

GMOという大きな運営元があるGMOコインはセキュリティ対策も万全ですし、ビギナーでも利用しやすいアプリなどメリットも色々。どのように使いこなすか、デメリットを理解したうえでGMOコインの強みを生かしてみましょう。

 

▶︎今すぐGMOコインを見てみる