RanQ


【保存版】bitbank(ビットバンク)の評判やメリット・デメリット

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 611View

「アルトコインを安い価格で購入したい!」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。そういった方は是非ともビットバンクでの口座開設をお勧めいたします。

また、ビットバンクはブロックチェーン大学校というブロックチェーン技術に特化したエンジニアの研修コースを設けている企業の主要株主としても活動しており、国内におけるブロックチェーン技術の牽引者とも呼ばれております。今回は、そんなビットバンクの評判や利用に関するメリット・デメリットを詳細に紹介していければと思います。

 

▶︎今すぐビットバンクを始めてみる

 

 

1 bitbank.cc(ビットバンク)とは?

ビットバンクとは2014年5月にビットコインなどの仮想通貨の健全な普及を目的に設立された、日本国内の仮想通貨取引所です。ビットバンク株式会社により運営されています。

 

ビットコインやアルトコインの取引所でもありますが、ビットコインのFXにも力を入れておりビットバンクトレードも運営しています。連動させて利用することもできるので、トレーダーには人気があります。

 

また世界最大のビットコイン取引所を運営するOKcoinの間を取りついでおり、ユーザーからも信用が高く評価されています。さらに国内最大のビットコインのニュースメディアである「bitcoin news」を運営しています。仮想通貨関連の最新ニュースを知ることができ、かなり詳しい情報を得ることができます。

 

ローソク足もしっかりわかるチャートなので、本格的なビットコインの取引、FXに興味がある人はかなり利点の多い取引所です。

 

【会社概要】

会社名 ビットバンク株式会社
住所 〒141−0031
東京都品川区西五反田7丁目20−9
KDX西五反田ビル7F
設立 2014年5月
役員     代表取締役CEO  廣末 紀之
取締役      都木 聡(株式会社セレス 代表取締役)
取締役      峰松 浩樹
取締役      加藤 順彦
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
業務内容 仮想通貨関連事業
所属団体 ブロックチェーン推進協会、仮想通貨ビジネス勉強会

2 ビットバンクの特徴・概要

ビットバンクの取引所はどのような銘柄を取り扱うことが出来て、どんな機能があるのでしょうか?詳細はこちらです。

 

取引 現物取引
取扱銘柄 ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)
モナーコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCC)
口座開設までの手順 メール認証
本人確認
郵送確認
口座開設までの時間 3営業日
取扱通貨ペア BTC/JPY
XRP/JPY
LTC/BTC
ETH/BTC
MONA/JPY
MONA/BTC
BCC/JPY
BCC/BTC

 

仮想通貨を初めて購入する人で気をつける点は、ビットバンクは取引所なので販売所ではありません。

販売所は、販売所から仮想通貨を購入しますが、取引所は仮想通貨を持っているユーザーとトレードする場所です。
また、取引所の方が販売所よりお得に購入することはできます。

 

アルトコインは基本的にビットコインとトレードになります。モナコインはJPYでもトレードが可能です。

 

レバレッジを賭けての取引はビットバンクトレードで行います。ビットバンクトレードでビットコインを購入することはできないので、連動させることができるビットバンクのビットコイン送るのが一番効率がいいです。


 

売買手数料

メイカー テイカー

BTC/JPY マイナス0.05 % 0.05%

XRP/JPY マイナス0.05% 0.25%

LTC/BTC マイナス0.05% 0.25%

ETH/BTC マイナス0.05% 0.25%

MONA/JPY マイナス0.05% 0.25%

MONA/BTC マイナス0.05% 0.25%

BCC/JPY マイナス0.05% 0.25%

BCC/BTC マイナス0.05% 0.25%

ただし、ビットバンクはかなりの頻度で手数料無料キャンペーンを行なっています。

 

●メイカー:注文が取引板(気配値)に並ぶことにより、結果として市場の流動性を作る取引のこと。つまり、自分で価格をつけて売買すること。

●テイカー:注文が取引板(気配板)に並んだ既存の注文で約定することにより、結果として市場から流動性を取り除く取引のこと。つまり、既存の価格で売買すること。

 

 

入出金手数料

入金手数料 出金手数料

日本円 無料* 540円/756円(3万円以上)

BTC 無料 0.001BTC

LTC 無料 0.001LTC

XRP 無料 0.15XRP

ETH 無料 0.0005ETH

MONA 無料 0.001MONA

BCC 無料 0.001BCC

 

*入金時の銀行への振込手数料は、自己負担です。

 

3 ビットバンクのメリット

業界最安値の取引価格

ビットコイン2.0と呼ばれているオルトコイン(Alternative Coin)について、ビットバンクではライトコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、モナーコインを取り扱っております。このオルトコイン、日本国内ではコインチェックが販売所で提供しておりますが、ビットバンクでは取引所として取引場所を提供してくれております。

したがって、市場価格で購入することが出来るため、販売所で購入するよりも安価に取引を行うことが出来ます。

オルトコインはビットコインの次のアセットクラスとして注目されつつありますので、今のうちにビットコインではなく、オルトコインを購入しておきたい!とお考えの方にとってはメリットと言えます。

 

高い流動性

オルトコインの市場はビットコインの市場と比較すると、参入者も少なく流動性が低くなりがちです。しかし、ビットバンクは、オルトコインの国内最大の流動性を確保している点でもメリットだと言えます。

買いたい時、売りたい時に相手がいない!ということは無いので、流動性の低いオルトコインでも安心して取引を行うことが出来ます。

 

強固なセキュリティ

最近、取引所のセキュリティが非常に注目されつつありますが、ビットバンクでは、ビットコインだけでなく、オルトコインもマルチシグネチャに対応し、かつ、コールドウォレットを利用しているため万が一ハッキング被害にあったとしても、顧客預かり通貨のほぼ100%を抜き取られてしまうという事態は起こらないように事前に出来る対策は全て施しております。また、顧客に対しても出金時等に、二段階認証を設定させるといった事前対策も施されております。

セキュリティと顧客の利便性は等価の関係にあり、顧客の利便性を考えると全ての通貨をホットウォレットに入れておき、いつでも引き出し可能に出来ますが、その分ハッキング被害を受けた時の被害額が甚大になります。反対に、セキュリティを強めるために全ての通貨をコールドウォレットに保管しておくと、引き出したい時に引き出せない状況になってしまいます。

この点、ビットバンクはセキュリティに比重を置き、必ずコールドウォレットに入れて管理しているので、安心して通貨の保管を委託することが出来ます。

 

チャート機能が充実

ログインしていざ取引を開始!と見て頂くとわかるのですが、チャート機能が非常に充実しております。

三角保ち合いやトレンドライン等自分で線を引くことが出来る機能が備わっているため、チャートを駆使してテクニカル分析をしたい方にとっては非常に良い機能が多数存在しております。

特に、仮想通貨の場合ファンダメンダルズ分析よりは、テクニカル分析の方が有用と言われておりますので、チャート機能が充実していることは非常にメリットになると思われます。

是非とも自分で利用して見てください!

 

 

4 ビットバンクのデメリット

メリットばかりなの?デメリットもないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますので、デメリットについても説明していきたいと思います。

 

イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)の取扱いがBTC建のみ

取扱いペアが限られている点はデメリットとして挙げられるのではないでしょうか。特に、オルトコインの中でも主要銘柄として取り扱われているイーサリアムやライトコイン、特にイーサリアムに関しては他の国内の取引所でも普通にETH/JPYで取り扱われているにも関わらず、ビットバンクではETH/BTCとBTC建でしか取り扱われておらず、初心者がイーサリアムを購入するには割とハードルが高い状況になっております。


というのも、ビットコインもイーサリアムも日本円での価格が他の取引所ではついている状況でBTC建で取引を行おうとすると、両通貨の円での価格を参照しながら今現在の価格を分析しなければならず、日本円で購入するよりも難易度は高めになります。

ビットコインキャッシュとモナーコインに関しては、BTC建だけでなく、円建てで取引を行うことが出来ます。

 

5 ビットバンクの口コミ・評判

取引所の口コミや評価はSNSなどでも確認することができます。

ユーザー目線の取引所に対する意見が載っているので、客観的に測る目安になるので確認しておきましょう。

また、登録前の参考にもなるので調べておきましょう。

 

 

 


オルトコインで注目を浴びていたコインチェックからNEMの流出があって以来、ビットバンクでのオルトコイン取引が注目を浴びているようですね。ビットバンクではオルトコインの“取引”が可能なので市場価格で購入することが出来るというメリットで挙げさせて頂いた点は、世間的にも認知され始めているようですね。

 

 

 

 

ビットバンクに乗り換えてくるユーザーもいるようですね。

 

 

6 まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はビットバンクの取引所をご紹介させて頂きました。

コインチェックで顧客預かり資産の仮想通貨が流出したという事件が発生してしまった影響もあり、仮想通貨全体の価値が下降気味ではありますが、いずれは価格も元に戻ると予想されます。

しかし、やはりご自身の資産を預ける取引所はしっかりと見定めた方が良いかと思われます。

ビットバンクでは、二段階認証の設定や顧客預かり資産をコールドウォレットに保管する等事前に取るべき対策は全て取っておりますし、運営者の代表である廣末社長は金融からITまで精通している方です。

また、ビットコインだけでなく、リップル、モナーコイン、ライトコイン、イーサリアム等々の主要なオルトコインの取引所も開設しているため、ビットコイン以外の仮想通貨を取り扱う際にも利用することが出来ます。

仮想通貨はインターネットを介して価値を送金するため、ハッキングのリスクはありますが、取引所自身がしっかりとセキュリティ対策を取っていると、資産の全てが盗まれたというような事態は防ぐことが出来ます。前述のように、ビットバンクでは事前に取れる対策は全て取っておりますのでその点は安心して資産を預けられるかと思われます。

より安全に、より安心して仮想通貨取引を行うため、そしてオルトコインの取引をしたいのであれば是非ビットバンクの口座を開設することをお勧めします。

 

▶︎今すぐビットバンクを始めてみる