RanQ


2018年仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!国内コイン全種類も一覧で紹介

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 4067View



最近では 仮想通貨のニュースが大きく取り上げられて、仮想通貨を知っている人はもちろん、コインを保有する人も増えてきました。


仮想通貨投資で資産を増やしていくためには、早いうちに価値の上がる通貨を見つけて、複数に投資してことが重要です。

とはいえ、2018年現在、仮想通貨の数は1300種類以上まで増加しており、はっきり言って種類が多すぎます。「どのコインに投資すればいいかわからない・・・」と迷いますよね。


今回は、2018年これから価格が上がっていくであろう、アツい仮想通貨銘柄を5つ紹介します。
 

 

1 仮想通貨を選ぶときは将来性と安全性を見ること

これから仮想通貨投資を始めようとしている人は、どの仮想通貨を対象にすればいいのか迷うでしょう。

選び方の基準としては、「安全性」と「将来性」が大事です。

国内取引所で取り扱っているか仮想通貨であれば、時価総額や取引量が多く安全性は高い傾向にあります。ただ、どの仮想通貨もまだまだ通貨としては利用は進んでいません。決済手段として幅広く利用されてこそ、通貨として普及したと言えます。

 

将来性=決済手段としての見込み、大企業との提携

ある仮想通貨に関して決済手段として使える場ば増えれば、その仮想通貨を買う人が増えます。ほとんどの仮想通貨は発行枚数の上限が決まっているため、買う人が増えれば需要が供給を上回り、値が上がるでしょう。これから決済手段として使える場が増えると見込まれる仮想通貨なら、成長性があると言えます。

逆に、決済手段として使えない仮想通貨は、買う人が増えません。投資する仮想通貨を選ぶには、これから決済手段として普及するかどうかという点を重視するといいでしょう。需要が高まると新規で取り扱う取引所も増え、それをきっかけにさらに値が上がることが多いです。

 

現時点で決済手段としてもっとも普及している仮想通貨はビットコインです。仮想通貨投資を始めるなら、最初に買うのはビットコインが無難でしょう。1BTCの金額を見て高すぎて買えないと思ってしまう人もいるかも知れません。しかし、1通貨未満の単位でも売買可能です。数千円分だけでも買えます。ただ、ビットコインは既にある程度成長しているため、今後は値が落ち着いて成長が鈍化するかも知れません。

ビットコイン以外なら、大企業と提携している仮想通貨を選ぶといいでしょう。提携している企業が提供するサービスに関して仮想通貨での決済に対応する可能性が高いです。決済手段として使える場が増えるため、需要が高まり値が上がりやすくなるでしょう。

 

 

安全性=ハッキングに強いか、規制の対象になりにくいか

安全性に関しては、「ハッキングに強いかどうか」と「規制の対象になりにくいかどうか」が大事です。

ハッキングに対しては、国内で買えるほとんどの仮想通貨がほぼ安全と言えます。ハッキングが心配な人は通貨選びよりも取引所選びの方が大事です。

↓2018年おすすめの仮想通貨取引所はこちら

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2588/torihikijo.jpg

【2018年】仮想通貨(ビットコイン)取引所おすすめ比較ランキング5

 


また、取引履歴が記録される仮想通貨なら、ハッキングの被害に遭っても追跡可能な場合があります。しかし、匿名性の高い仮想通貨だと追跡が困難です。安全性を重視して投資したい場合には、匿名性の高いZcashやダッシュ、モネロなどは選ばない方が良いかも知れません。

 

 

 

 


匿名性の高い通貨は、一定の需要があるものの、マネーロンダリングなど不正な取引に使われやすいため、規制の対象になってしまう可能性も高いです。規制の対象になると売買可能な取引所が減り、決済手段として使える場も減るため、需要が下がり値も下がっていきます。

 

2 1位 イーサリアム

イーサリアムは、ビットコインの次に時価総額が高い仮想通貨です。つまり、アルトコインの中では、時価総額が最も高いです。

イーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクト機能が備わっていることです。スマートコントラクトとは、取引の際の契約情報も記録できる機能です。ビットコインは主な役割は決済機能ですが、イーサリアムは決済だけでなく、取引内容・取引契約まで記録することできるんです。

イーサリアムはスマートコントラクトという性質から、多くの有名企業から注目されています。スマートコントラクト技術をビジネスに活用とする企業連合が設立され、マイクロソフトやトヨタ自動車などグローバル企業のみならず、日本の大手企業も参加しています。

2017年8月にはイーサリアムのシステムが国内の飲食店や小売店に導入されることが発表されるなど、実用的な価値も大きく期待されている通貨です。イーサリアムの普及に伴って価値はさらに上がっていくことでしょう


実際に、2017年1月の段階では約950円でしたが、2018年1月には16万円台まで伸びました。1年間で150倍以上成長していることがわかります。

イーサリアムはビットコインより優れた技術、企業による活用等から考えても、2018年も成長が臨める優良仮想通貨です。
 

 

おすすめの取引所

国内の取引所ではビットフライヤー、ビットバンク 、Zaifなどで購入することができます。
ただ、イーサリアムを購入するなら絶対にZaifが良いですね。

 

なぜなら、以下の3つの特徴を兼ね備えているのはZaifだけだからです。

・Zaifは販売所ではなく取引所(ビットフライヤーは販売所)
・Zaifは日本円で購入できる(ビットバンクでは日本円で購入できない)
・Zaifは指値注文ができる

販売所で購入して無駄に手数料が高くなるも嫌ですし、ビットコインで購入するのも面倒臭いので圧倒的にZaifですね。
 

 

 

 

 

⬇︎Zaifの登録方法については下記の記事で解説しています

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2920/image1.png

【画像あり】Zaif(ザイフ)の登録・口座開設の全手順を徹底解説

 

 

 

3 2位 リップル(XRP/Ripple)

2018年現在、リップルは第2位のイーサリアムに次いで、時価総額第3位の仮想通貨です。


リップルの一番の特徴は国際送金を「より簡単に、より早く、より安い手数料」で行えることです。従来の国際送金は高い手数料と長い送金時間を要するため、とても不便でした。
一方でリップルの送金時間はたったの4秒、手数料はたったの数円です。ビットコインが送金するのに10分かかることを考えると恐ろしいほど速いですね。

格安の手数料とスピーディな送金ができるリップルは、国際送金を大きく変える可能性を秘めているのです。
実際に、リップルは銀行など世界各国100組以上の金融機関と提携を結んでおり、リップルのシステムが普及した際のインパクトはかなり大きいと考えられます。

日本でも、メガバンクの三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行とも提携しています。三菱東京UFJ銀行では、2018年から海外送金サービスにリップルのシステムを採用することが発表されています。


2018年に海外送金サービスにリップルが採用されればされるほど、仮想通貨のリップルの価値はさらに高まっていくでしょう。

実際に、リップルは2017年初めは過小評価されており、時価総額は非常に低かったです。しかし、2017年5月に三菱東京UFJ銀行との提携が発表されるとそこから徐々に上昇してきました。

このように、リップルは多くの金融機関が採用するほど実用的な価値があるので、今後もリップルの普及につれて価格が上がる可能性は非常に高いでしょう。金融機関とリップルの動きについてしっかり情報を収集しておくのが重要ですね。

 

おすすめの取引所

リップルを購入するなら、取引所形式のビットバンク一択です。
GMOコインでもリップルは買えますが、取引所ではなく販売所なので余計に手数料がかかってしまいます。やはり仮想通貨を安く買うなら、取引所形式で買うのは鉄板ですね。

さらにビットバンクは、リップルの取引手数料が無料になるキャンペーン(2018年3月まで)を行なっているので早めの購入をオススメします。

 

 

 

 

4 3位 ネム(NEM/XEM)

ネムは、時価総額は第10位と高めで、アルトコインの中でも日本の投資家に人気のある仮想通貨です。

ネムは、ビットコインと同じようにブロックチェーン技術が使われていますが、ビットコインやイーサリアムの欠点を改善する形で作られました。実際に、ネムは機能が充実しており、決済スピードが速く、高いセキュリティ性を兼ね備えています。イーサリアムの機能であるスマートコントラクトも実装することもできます。


そして、ネムは2018年に「カタパルト」というアップデートを控えており、されに機能が充実する予定です。このカタパルトがネムに実装されれば、処理速度が圧倒的に速くなります。具体的には、1秒あたりのトランザクションが4000件ほどまで向上するそうです。処理速度が速いと言われるリップルでさえ1000件〜1500件/秒ほどですから、かなり速いことがわかります。

処理速度が速くないビットコインやイーサリアムは、取引量が増えるにつれて、莫大な送金をさばききれずに大きな問題となっていました。この送金詰まりを解決できるのがネムなんです。

 

おすすめの取引所

ネムを買うなら取引手数料が一番安いZaifがオススメです。
ちなみに、Zaifは運営会社のテックビューロ社の代表がNEM財団の日本理事というのもあり、世界中のネムの取引高の45%以上を占めています。
つまり、他の取引所と比較して、より安い価格で、より簡単にネムを購入できるということですね。
 

 

 

 

 

5 4位 リスク(LISK)

リスクは2016年5月に作られたばかりの新しい仮想通貨です。

リスクはイーサリアムと同じように契約を自動化するスマートコントラクトが実装されています。

ただ、リスクにはイーサリアムにはない機能があります。それはサイドチェーンと呼ばれる技術です。

サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは分岐した新たな記録を作れる仕組みです。重大な問題が起きた時に、分岐したチェーンを作っておけば元の状態に戻すことがでkます。つまり、イーサリアムやビットコインよりもリスクを低減した運用ができるということなんです。

このようなセキリティが高いリスクの長所を買われて、リスクはマイクロソフトと提携を結んでいます。リップルがGoogleから出資を受けているように、リスクはマイクロソフトから出資を受けています。

 

 

おすすめの取引所

リスクを購入できるのはビットフライヤーとコインチェックです。(2018年1月31日からビットフライヤーでリスクが取り扱いが始まりました。)

 

ただ、2018年2月現在、コインチェックは仮想通貨流出の影響により取引機能を停止しています。で

すから、国内取引所の中でリスクを購入できるのはビットフライヤーのみとなります。

 

 

 

 

6 5位 ライトコイン(Litecoin)

ライトコインは2011年10月に発行されたかなり歴史のある仮想通貨です。中国出身の元Googleのエンジニアがビットコインの次に開発した暗号通貨です。

ライトコインはビットコインのプログラムコードを元に作られていますが、ビットコインの欠点を補うように作られています。

たとえば、ライトコインは取引の承認時間が短いです。取引の認証時間が10分かかるビットコインと比べて、ライトコインは約2.5分と4分の1程度の時間しかかかりません。取引処理のスピードが速いので、入金や送金を手早く行えるだけでなく、送金手数料も安く済みます。

ライトコインは2017年初期は400円台でしたが、2017年12月には最高で4万円付近まで上昇しました。1年間で約100倍ですね。

実は、2017円12月にはライトコインがゲーム配信サービス「Steam」の決済手段として対応することが決まったんです。Steamでは、決済手段として値動きの激しいビットコインを取りやめて、ライトコインを採用したんです。
このように、ライトコインが決済手段として導入するサービスが増えれば、価格はさらに上昇するでしょう。

 

 

おすすめの取引所

国内でライトコインを取り扱っているのは、ビットフライヤー、ビットバンク 、GMOコインなどがあります。

 

ビットフライヤーやGMOコインは手数料がかかりますが、ビットバンクなら取引手数料無料キャンペーンを行なっているのでかなりオススメです。

 

 

 

 

7 6位 バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコインとは、中国初の取引所「バイナンス」が独自に発行しているトークンです。これは仮想通貨というよりトークンなので、企業の株式に近いですね。

バイナンスは、1日のユーザー登録数が20万人を突破したり、取引高が世界一を記録するなど今大注目の取引所です。

バイナンスコインの特徴は、取引手数料がかなり安くなることです。
バイナンスでの取引手数料は0.1%とかなり安めですが、バイナンスコインで取引手数料を支払うとなんと半額の0.05%になるんです。

手数料を安くするためにバイナンスコインを買う人はたくさんいるんです。

つまり、バイナンスのユーザ数が増えれば増えるほど、取引量が増えて、バイナンスコインの価値が上がるということです。
バイナンスでは、ユーザー数が増えすぎて、新規登録を制限しているほどですから、これからもますます価格が上がるでしょう。

 

 

 

 

 

⬇︎バイナンスの登録方法については下記の記事で解説しています

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/3988/binance.png

BINANCE(バイナンス)の登録〜入金・送金〜使い方までを徹底解説


 

 

8 国内で買える仮想通貨一覧(全14種類)

・ビットコイン

最初に開発された仮想通貨でほとんどの仮想通貨取引所で売買可能です。ネットサービスや実店舗などで決済手段として利用できるところが増えています。時価総額も全仮想通貨中もっとも多いです。

 

 

・イーサリアム

ビットコインの次と位置づけられることの多い仮装通貨です。歴史は浅く、2015年にリリースされました。マイクロソフトが提携しており、国内企業ではトヨタ自動車や三菱東京UFJ銀行も参入を表明しています。

 

 

・リップル

アメリカのリップル社が発行している仮想通貨で、中央集権的である点が大きな特徴です。グーグルやアメックス、三菱東京UFJ銀行などが提携を発表しています。主に送金システムでの利用が検討されています。

 

 

・ビットコインキャッシュ

ビットコインをハードフォークしようとした際に利害関係者等の間で意見が割れ、ビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。国内で決済手段として利用できる店舗も僅かながらあります。

 

 

・ライトコイン

ライトコインは2011年にビットコインをハードフォークして誕生しました。送金が速く、消費電力が小さいのが特徴で、発行枚数はビットコインの4倍です。

 

 

・ダッシュ

2014年にダークコインという名称でリリースされた仮想通貨です。翌年ダッシュに名称変更されました。取引での匿名性の高い野が特徴です。仮想通貨用のATMを提供しているLamassu社と提携しています。

 

 

・ネム

コインチェックから大量に盗まれたことで一気に有名になった仮想通貨です。取引速度が速く、仮装通貨としての性能は優秀です。渋谷にネム決済に対応しているネムバーもあります。

 

 

・モネロ

モネロは2014年にリリースされた仮想通貨で、高い匿名性が特徴です。国内ではコインチェックで取り扱っていましたが、現在では取引を停止しています。

 

 

・リスク

マイクロソフト社と提携している仮想通貨です。今年1月にビットフライヤーに新規上場しました。リスクは発行枚数に上限が設定されていないのが特徴です。

 

 

・イーサリアムクラシック

イーサリアムのハードフォークで2016年にイーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨です。セキュリティの面ではイーサリアムに勝ります。国内取引所ではビットフライヤーで取り扱っています。

 

 

・モナコイン

2ちゃんねるから発祥した仮想通貨で、日本国内での取引量が多いのが特徴です。投げ銭に対応しており、決済手段としてモナコインを使用できる店舗も僅かながら存在します。

 

 

Zcash

Zcashは2016年にリリースされた仮想通貨で、ダッシュやモネロよりも高い匿名性を持つ仮想通貨です。国内では取り扱っている取引所が少なく、あまり普及していないのが現状です。

 

 

・ファクトム

ファクトム社が発行している仮想通貨です。リップルのように中央集権的な特徴を持ちます。マイクロソフト社と提携しています。

 

 

・オーガー

未来予想市場で使用することを想定して作られた仮想通貨です。胴元のいないギャンブルや保険ビジネスなどでの普及が期待できます。