RanQ


【保存版】Zaif(ザイフ)の評判やメリット・デメリットを完全解説!

  • Thumb thumb illust 52
  • 3
  • 510View

zaifは、国内の三大仮想通貨取引所の1つです。ビットフライヤーやコインチェックと比べると、利用ユーザーはまだまだ少ないですが、日本で初めて仮想通貨同士の取引を可能にしたとして、注目を浴びています。

さらには、コイン売買の手数料も安い取引所です。コイン積立という初心者にも取り組みやすいサービスも充実しており、日々ユーザーが増えています。

 

しかし、調べてみると「登録に時間がかかる」といった不満の声も見られます。また、先日のコインチェックによる流出事件もあり、セキュリティ面も気になりますよね。

 

今回は、zaifの概要、メリットとデメリット、実際の利用ユーザーの評判をご紹介します。

 

 

 

 

 

1 そもそも「Zaif」とは?

Zaifとは、仮想通貨の売買ができる取引所のひとつです。WEBでのCM放映などによって最近ユーザー数も増えている、注目の取引所です。

日本の仮想通貨取引所のひとつ

 

zaifは、コインチェックやビットフライヤーといった大手取引所と並ぶ、仮想通貨の取引所のひとつです。2014年に設立されたテックビュロー株式会社が運営しています。zaifの取引所自体は2015年にリリースされ、使用できるようになりました。

 

zaifは、「日本円と仮想通貨の売買」といった他の仮想通貨取引所と同じ部分だけでなく、仮想通貨同士のトレードという、日本初の試みを行っている取引所でもあります。今まで、他の取引所では、日本円と仮想通貨の取引しか行えませんでした。しかし、zaifが仮想通貨同士の売買も可能にし、取引の幅が広がりました。

 

 

 

WEB限定CMによって認知度も高まっている

zaifは、正直にいうとまだまだ利用ユーザーは少ない取引所です。しかし、最近WEBでのCM放映などによって、認知度は高まっています。WEBのCMでは、芸人であるかまいたちさんが出演しています。テレビでよく見かける芸人さんということで、親近感も湧きやすいようです。

 

また、仮想通貨ユーザーの増加とともに、利用者は増えています。取引所の利用者数でいえばまだまだ少ないですが、仮想通貨は複数の取引所を使用する方が安心です。リスク分散という意味でも複数の取引所を利用しようとする方が多く、ふたつめ、みっつめの取引所として、zaifがよく選ばれています。

 

 

 

登録無料で、スマホアプリで利用可能

 

zaif自体は、登録無料です。また、スマホアプリも利用でき、iPhoneとアンドロイドともに利用可能です。アプリからコインの売買も可能です。

 

登録自体は無料のため、操作に慣れるまで売買はしないという使い方でも問題ありません。また、スマホアプリが利用できることで、いつでもどこでもコインの動きを確認することができます。パソコンからだと場所が固定される、ブラウザからは見にくいといったことがあります。アプリだと気軽に確認でき、売買もいつでも可能です。

 

 

 

ただし、登録まで時間はかかりぎみ

 

人気が高まりつつあるzaifですが、登録完了までにはやや時間がかかるようです。

 

メールアドレスなどを登録後、コインの売買には本人確認が必要です。運転免許証やパスポートといった証明書をzaifのページからアップロードしますが、この確認作業に時間がかかっているようです。というのも、仮想通貨の盛り上がりや先日のコインチェックでの流出事件を受けて、zaifへの注目度が高まっています。また、zaifは少人数で運営している企業のため、どうしても各種作業に時間がかかりがちのようです。

 

登録完了まで、焦らずに気長に待ちましょう。

 

➡︎Zaifの登録方法はこちらで解説しています

 

2 Zaifのメリットとデメリットはコレだ!

zaifのメリットは、「手数料が安い」「セキュリティが高くて安心」「積立ができる」という3つの点にあります。

特に、手数料とセキュリティに関しては他のアプリと比べても、zaifには安心感があるようです。

 

一方で、zaifには、もちろんデメリットもあります。
特に、「アプリが見づらい」「利用ユーザーが少ない」「登録に時間がかかる可能性がある」という部分を改善してほしいと感じているユーザーは多いようです。

また、メリットであった手数料の安さですが、積立になると高くなってしまうようです。

 

 

3 メリット① 手数料が安い

zaifのメリットは、「売買の手数料が安い」ことです。多くの仮想通貨ユーザーが口を揃えて言う、zaif最大のメリットです。

 

zaifは、各取引所の中でも特に手数料が安いと言われています。例えば、ビットコインの取引を例に考えてみましょう。zaifでは、-0.05から-0.01%という安さで取引が可能で、手数料がかからないどころか増えることもあります。対して、人気取引所であるビットフライヤーは手数料が0.15%、コインチェックに至っては、手数料だけで0.5%かかってしまいます。

 

手数料は、「たった0.1%のちがいでしょ?」と思う方も多いかもしれません。しかし、仮想通貨ではたった0.1%のちがいでも見落とせません。例えば、10万円分のコインを購入した場合、手数料がビットフライヤーでは1500円、コインチェックでは5000円です。対して、zaifであれば手数料がかかるどころか、最大で1000円返ってくることもあるのです。

 

たった1000円でも、取引を続ければ積み重なって大きな額となります。そのため、zaifは「手数料が安い」と言われることが多いのです。

4 メリット② セキュリティが高くて安心

zaifは、セキュリティが高くて安心して取引ができます。二段階認証はもちろん、毎回のログイン作業で、不正アクセスの可能性を下げることができます。

 

先日、コインチェックで発生した仮想通貨の流出事件を受けて、「セキュリティが気になる」という方も多いのではないでしょうか?特に、今回の事件はコインチェックのセキュリティの甘さが原因とも言われているため、よけいに気になりますよね。

 

zaifでは、二段階認証の設定が可能です。それだけでなく、アプリやパソコンのブラウザ使用で取引をする場合でも、毎回のログイン作業が必要になります。仮想通貨の取引はアプリでできて便利な反面、スマホを盗まれてしまったらとても危険です。そのため、面倒に感じるかもしれませんが、毎回のログイン作業を必須にすることで、アカウントを乗っ取られる可能性を防ぐことができます。

 

さらには、ログインの度にメール通知が送られるように設定することも可能です。万が一、自分以外の誰かがログインしても、メールが送信されればすぐに気がつくことができます。このように、セキュリティ対策がしっかりとしているため安心感があります。

 

5 メリット③ Zaifコイン積立という定期積立ができる


Zaifでは、「Zaifコイン積立」という、仮想通貨の積立が可能です。積立は、毎月自動でコツコツとコインの積立(購入)を行なってくれるサービスのことを指します。わざわざ毎回、自分で悩みながらコインを購入する手間を省くことができます。

 

仮想通貨を初めて購入するとき、どうやって購入すればいいのか、どのくらいの金額を購入すればいいのか、分からないことが多いと感じませんか?お金に関することのため、どうしても慎重にならざるを得ません。そんな初心者の方でも、積立での購入は安心で、とても簡単です。

 

積立は、簡単にいうと、毎月決まった金額分のコインを、Zaifが自動で購入してくれます。積立といっても難しくはなく、毎月1000円という少額からスタートすることができます。積立の費用は、毎月銀行口座からの引き落としになるため、わざわざ期日に振り込みをする手間もかかりません。そのため、いままで仮想通貨だけでなく、積立の経験がなかった方でも、安心して取引をはじめることができます。

 

Zaif積立ができるコインは、ビットコイン、ネム、イーサリアム、モナコインの4種類になります。Zaifコイン積立利用者は、いくつかのコインを少しずつ購入している方が多いようです。

 

 

 

 

6 デメリット① アプリが見づらい


zaifは、よく「アプリが見づらい」「操作を簡単にしてほしい」ということが言われています。特に、コインチェックといった他のアプリが見やすく作られているために、比較したときに「見にくい」と感じる方が多いようです。

 

Zaifは、毎回ログイン作業が必要です。そのため、アプリを開いたときに、まずは「zaif」という項目からログインし、画像承認をします。その後、取引が可能ですが、各コインの価格は数字で表示されます。コインチェックなどはグラフで表示されるため、zaifの表示を「見にくい」と感じる方が多いようです。

 

また、毎回のログイン作業も面倒くさく感じる方も多いようです。確かに面倒で手間はかかりますが、毎回ログインを行うことで、不正送金などを防ぐこともできます。万が一を防ぐためにも、多少の我慢は必要でしょう。

 

7 デメリット② 利用ユーザーが少ない

zaifは、利用ユーザーが少ないと言われています。仮想通貨ユーザーでも「使っていない」という方も多く、アプリが見にくいことや登録まで時間がかかることも原因にあるようです。

 

ただし、最近の仮想通貨の盛り上がりや、先日のコインチェックでの流出事件を受けて、zaifの利用ユーザーは以前よりは少しずつ増え続けているようです。ユーザー数に関しては、これから仮想通貨の盛り上がりとともに、まだまだ増える可能性が十分にあります。

 

8 デメリット③ 登録完了に時間がかかるかも

zaifは、登録完了にやや時間がかかりぎみと言われています。登録申請をしても、完了まで「2~3週間かかった」というユーザーも多いようです。

 

仮想通貨は、登録完了しなければコインの売買ができません。そのため、なるべく早く登録できる取引所の方が人気になります。しかし、時間がかかる理由は、最近の仮想通貨の盛り上がりと、先日のコイン流出事件にあります。

 

というのも、先日のコインチェックでの流出事件で、コインチェックはビットコイン以外の取引が停止されました。また、セキュリティの面で心配する方もまだまだ多く、使用をやめる方も増えています。そうして、コインチェックの使用をやめた方がzaifに登録申請をしているため、利用者数も増加しています。

 

また、仮想通貨のユーザーは日々増え続けています。そのため、登録処理が追いつかず、完了までに時間がかかっているようです。

 

9 デメリット④ Zaifコイン積立は手数料が高い

zaifは、手数料が安いことがメリットだとご説明しました。しかし、通常のコイン売買ならば安い手数料も、zaifコイン積立になると、途端に高くなってしまうようです。

 

手数料が取られるどころか、お金が返ってくるzaifでのコイン購入でしたが、積立では一気に手数料が高くなります。おおよそ、約1~10%かかると言われており、他の取引所よりもかなり高くなります。また、自動での積立のために、コインが高い時期に購入してしまうこともあるようです。

 

10 Zaifの口コミ・評判

zaifに関する良い評判と悪い評判をご紹介します。

 

良い評判

 

 

 

 

良い評判では、積立に関する声が多かったです。小額の積立から可能ということで、仮想通貨初心者でも、取り組みやすいようです。自動で売買を行なってくれるため、自分で考える手間も省けて、とても楽ですよね。

 

手数料に関しても、積み立てになると高くなりますが、基本的な売買では安いことも、人気の理由です。手数料は長い目で見ると大きな額になりかねないため、多くのユーザーが注目しています。

 

 

 

悪い評判

 

 

 

 

悪い評判では、やはり登録に時間がかかるという声が多かったです。始めたくてもなかなか始められないため、もどかしく感じるユーザーも多いようです。基本的に2~3週間は登録完了まで時間がかかってしまうため、余裕を持って登録の申請を行っておきましょう。

 

また、サーバーが重く、売買したくてもつながりにくいことが多々あるようです。サーバーの重さもユーザーの増加に対応しきれていないことが原因のようなため、今後改善の余地はありそうです。そのため、zaifは、長い目で見て使用すると良いでしょう。

 

 

11 まとめ 

仮想通貨の利用者増加により、さまざまな取引所が注目されています。zaifもそのひとつであり、最近人気が高まりつつある取引所のひとつです。

 

zaifは、2015年にリリースされ、少しずつ利用者数を伸ばしています。特に、仮想通貨と日本円の取引だけでなく、仮想通貨同士の取引を、日本で初めて可能にしたことで有名です。登録自体は無料で、スマホアプリも利用できます。芸人のかまいたちさんがWEBでのCMに出演されており、日々認識は高まっています。

 

zaifには、「手数料が安い」「セキュリティが高くて安心」「積立ができる」という3つのメリットを感じている方が多いです。特に、手数料は各種取引所の中でも「いちばん安いのでは?」と言われており、手数料がかかるどころか増えることもあるようです。小額でも積み重なれば大きい額になるため、見逃せないポイントです。

 

ただし、zaifは登録にやや時間がかかりがちです。というのも、仮想通貨のユーザーが日々増えていること、先日コインチェックの流出事件を受けて他の仮想通貨取引所の利用を考え始めた方が増えたことによって、登録申請が相次いでいるようです。そのため、登録する際は余裕を持って申請しましょう。

 

zaifには、セキュリティも高く安心で、初心者でも取り組みやすい制度が整っています。気になった方は、ぜひ登録だけでもしてみてくださいね。