RanQ


仮想通貨 リスク『Lisk』

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 340View

2018年1月31日、仮想通貨取引所の『BitFlyer』が仮想通貨リスク『Lisk』の取り扱いが開始され、価格が高騰しています。

注目されている、リスクがどんな仮想通貨なのか知らないひとは多いと思います。

なのでどんな通貨なのかまとめてみました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

1 Liskとは?

仮想通貨リスク(Lisk )とは、イーサリアムと同じスマートコントラスト技術を使っています。
※スマートコントラストとは、取引で行われた全ての契約内容が、ブロックチェーンに書き込まれまれる技術です。

スマートコントラストのシェアは、イーサリアムが圧倒的ですが、イーサリアムにはない特徴が、リスクにはあります。


それは、サイドチェーンと呼ばれるモノです。


アプリケーション上にもうひつとのブロックチェーンが用意してあります。
問題が発生してした時に、開発者がコントロール出来るのが利点です。


イーサリアムはハッキングされて、分裂してしまいました。
そのような問題に対処しやすい特徴があります。リスク通貨はビットコイン2.0と呼ばれる通貨のひとつです。


イーサリアムより取引の価格が安いということ、またこれからまだバージョンアップしていく予定があり期待があります。
リスクは、分散型アプリケーションプラットホームです。


プラットフォーム内で利用出来る通貨名を「LISK(LSK)」といいます。
*総発行枚数は無限(インフレ通貨)に設定されています。
ここがビットコイン等の仮想通貨と違うところです。

2 3つの特徴

①スマートコントラスト(契約情報)の記述言語に、メジャーな「Javascript」を使用している。

②アプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用している。

③DAppsで立ち上げたブロックチェーンの認証システムを開発者が自由にカスタマイズできる。

*世界的に有名なjavascriptを採用しているため、開発者が使いやすいというメリットがあります。 
他の暗号通貨と違いプログラミングを簡単に書きかえることができます。

そこが、リスクのメリットでもあり、デメリットでもあります。
リスクは、イーサリアムと同じ分散型アプリケーションと言われるプラットフォームになります。


このプラットフォームで様々なサービスを行うことができるのが特徴です。
リスクは、ビットコインのブロックチェーンの応用でビットコイン2.0とよばれています

3 サイドチェーンとは?

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーンの間で仮想通貨のやりとりを行い、様々な機能を実装しようとする技術です。

サイドチェーンのメリットは、性能性の向上と送金時の処理能力の向上です。


また、複数のブロックチェーンを使用しているため、ハッキングなどのセキュリティ面で従来のものより向上しているというメリットがあります。
この、サイドチェーンと言われる仕組みが、イーサリアムと違っています。

4 ビットコイン⒉0系とは?

ビットコイン2.0は暗号通貨の進化形として考えている人がいますが実際は違います。
(ビットコインがバージョンアップしたモノではない)


ビットコインで利用されているブロックチェーンを応用することで、本来の通貨としての目的とは別の機能を持たせようという考え方です。
リップルやイーサリアム、そして、リスク通貨などがビットコイン2.0と呼ばれています。
企業間取引や銀行、株取引が将来的には暗号通貨の仕組みを使い変わってくる可能性があります。