RanQ


【保存版】ビットフライヤー(bitflyer)のメリット・デメリットと評判

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 552View

仮想通貨が世界的に話題になっていますが、ビットコインといわれればきっと聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
今はインターネットがないと暮らせない時代。こんな時代のなかで話題になっている仮想通貨は新時代の通貨革命ともいわれています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の種類は1000種類以上もあるといわれていますが、国境のないこの通貨のやり取りには専用の取引所を利用して入手が可能です。

そこで早速ですが、人気の取引所のひとつ、ビットフライヤーについて初心者向けにわかりやすくメリットとデメリットをご説明したいと思います。

 

 

 

1 仮想通貨とはどんなものなの?

仮想通貨で大儲けした、投資している、なんて人の話を最近よく聞くようになりましたが、そもそも仮想通貨とはいったい何かまだ詳しく知らない人もいるでしょう。

私たちが今使っているお金は硬貨や紙幣として実際に手にすることができます。仮想通貨は別名暗号通貨といわれるように、実際にお財布に入れて持ち歩くようなお金でなくインターネット上で取引できる電子マネー的な存在です。仮想通貨にはそれぞれの国の通貨という観念がないため、例えば日本円をドルに両替しないと海外で使えない、ということがありません。

仮想通貨がとても話題になっているのは市場が急成長しているためで、仮想通貨の価値が上昇し投資で始める人が増えていることも理由のひとつ。いろいろな種類の仮想通貨がありますが、お馴染みのビットコインは2017年の1年間で20倍に価値が上がった時期もありますし、そのほかにも50倍、100倍になる通貨もたくさんあるのです。

人気のビットコインに関しては、アメリカの投資家によると10年後には1ビットコインが1億ドルになる、なんて見方をしている人もいるほど。主な仮想通貨にはBitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)、Ripple(リップル)、NEM(ネム)などがあります。

 

2 仮想通貨取引所とはなに?

仮想通貨の魅力はきっと多くの人が感じているでしょうね。しかし、早速入手してみたいと思っても、何から手を付けていいのかわからない人が多いと思います。

仮想通貨を入手する方法としては、「ビットコインのサービスを提供する業者から購入する」、「誰かから送ってもらう」、「ゲームサイトなどで獲得したポイントと交換する」といった方法があります。

色々な入手方法がある中、今一番注目されて利用者が増えているのが「仮想通貨取引所」と呼ばれるところを利用して売買する方法です。

取引所といっても銀行のようにどこかに店舗があるわけでなく、インターネット上に設けられているものです。取引所は利用者の登録が最初に必要で、メールアドレスやパスワード、免許証などの写真付きの本人確認書類などが必要。後日取引所からハガキを受けとり手順に従い仮想通貨の売買がスタートするとっいたところもあります。

一番の魅力は取引所の手続きはすべてネットでできるためどこでも簡単にできる点。業者を利用すると取引所よりも値段が多少割高になったり必要な量が入手できないこともあります。その点、仮想通貨取引所はビギナーでもわかりやすく売買ができるシステムやサポートがあり、いつでも取引できるなど色々なメリットがたくさん。取引所の種類はたくさんありますのでどこを利用するかにより、サービスの満足度も変わってくるでしょう。

 

 

3 仮想通貨の魅力な点って?

なぜ、皆ビットコインの話で盛り上がっているのでしょうか。まだピンとこない人もいると思いますが、仮想通貨の魅力を知るとその理由がきっとわかるでしょう。

まず、仮想通貨は世界共通なので両替する手間がなく世界どこでも利用ができます。また、決済が簡単でスピーディであるため、いつでもどこからでも世界に瞬時に送金が可能。送金手数料もほぼ無料であることも魅力。そして、経済の変動によりハイパーインフレや預金封鎖などが起きても仮想通貨は影響を受けません。

さらに、日本も将来的にはビットコインなどのメジャーな仮想通貨を使って決済ができるお店の数が増える傾向がありますので、普通に買い物の支払い方法としての機能も期待されています。東京オリンピックの開催に向けてビットコイン決済が可能がお店が数万店に増えるだろうとも言われていますよ。

 

4 ビットフライヤーは人気の取引所

仮想通貨取引所のひとつである「ビットフライヤー」はTVCMや新聞広告などで目にしたことがあると思います。メディアにもよく登場していますので知名度がありますよね。初心者が始めるにもとても安心できる取引所のひとつ。

ビットフライヤーは「世界でもっとも法を順守する仮想通貨取引所」でると先日表明したように、EU免許取得やユーロ建てでビットコインの提供など、世界でも存在感のある取引所として知られています。

多くの取引所がベンチャー企業で不安を感じる人も多いと思います。しかし、ビットフライヤーは第一生命、三菱UFJキャピタル、電通、SMBCベンチャーキャピタル、GMOなどの大手金融系企業をはじめ日本を代表する有名企業が株主で、国内3大取引所のひとつにもなっています。

 

5 メリット① 損失補償サービスがある 

ビットコインのビギナーの多くが最初に利用するともいわれるビットフライヤーのメリットは、ユーザー数、資本金、取引量ともに日本一の大手。さらに安心して利用者が売買できるように安全性向上のため、2種類の損害保険を大手損保会社と契約しています。

仮想通貨は世界的に注目され保持している人の数も増えていますが、まだ不安で手が出せないという人がほとんど。いろいろな整備が進んではいますが、銀行預金のようなペイオフ制度がないため、不正なログインで自分の通貨が盗難されたら補償に関しては取引所任せになっているのが現状です。

ビットフライヤーはその点、安全性を確保するためにもほかの取引所よりも一足早く補償制度を実施。ビットフライヤーは「二段階認証」を設定しているユーザーに対しては、損害補てんの制度を設けていますので、預けている資産額が日本円で100万円以上の場合、年間最大500万円、それ以下は年間最大10万円までの補償がされます。取引所によってはユーザーの情報が盗まれて通貨の盗難にあうことも。その点ビットフライヤーは万が一の対応が充実していますね。

 

6 メリット② 初心者でも操作がラクラク 

仮想通貨の購入はなんだか難しそうですよね。手続きや操作を間違えて失敗したら大変。

でも、ビットフライヤーにはデモ画面がありますので、どうやって購入するのかビギナーのためのサポート体制が充実しています。

アカウントの開設はメールアドレスだけで、購入は簡単2クリックだけ。Facebookアカウントでログインもできます。もちろんビットフライヤーの利用は無料なので、初めて仮想通貨というものを買ってみたい人には大変気軽に利用できるサイトですね。

セキュリティーは最高強度といわれるDigiCert次世代暗号で、入出金は人が確認を行っています。コインの保管はコールドウォレットで大切に取り扱っていますので、不安だらけの人も安心です。

 

7 メリット③ ビットフライヤー経由で支払いができる

ビットコインは株のようにただ値動きを待つだけのものではありません。決済として使える通貨ですから、買い物の際にビットコインで支払うという人も増えていますよね。

ビットフライヤーはビットコイン決済に積極的に取り組み、普段の生活でも機能的になるようビットフライヤー経由で支払いができるお店を展開中です。H.I.Sやビッグカメラでのお買い物決済サービス提携、またはビットコイン専用の「ビットコインをつかう」というネットショップのリリースなど。

ビットコインの価格変動をうまく活用して、通常価格の商品をタイミングよく安く購入するなんてこともできるのです。

 

 

8 メリット④ クレジットカードで購入できる 

お金がないけど今が買いのタイミング!なんてことがありますよね。

そんな方に安心なのがビットフライヤーではビットコインとイーサリアムをクレジットカード決済で購入できる点です。ビットコインは価格の変動が激しい点が特徴なので、その瞬間に売買できる体制を整えておかないと損してしまうことも。

日本円を入金する手間がなく、クレジットカードが使えるのは、あらゆる意味でお得でスムーズといえるでしょう。クレジットカードの場合は10%ほどの手数料がかかりますのでご注意くださいね。

 

9 メリット⑤ ビットコインがもらえる 

自宅にいながらお小遣い稼ぎ、こんなサイトは色々ありますがビットコインをもらえるのはビットフライヤーのメリットのひとつ。

「ビットコインをもらう」というサービスを利用すると、ネットショッピング、アンケート、無料キャンペーンの応募でビットコインがお小遣いとしてゲットできます。

しかも、貯まったビットコインは現金に交換したり、FXの取引でも使用が可能。ポイントポータルサイトでひたすら頑張るよりも楽しいかもしれませんね。サービス提携しているお店のなかには、じゃらんの宿泊予約、ファミマTカードの発券、auの回線開通ではなんと21000円相当もビットコインがゲット。このサービスを利用するにはビットフライヤーのアカウント登録が必要になります。

 

 

 

 

10 メリット⑥ 本格的なトレーダーにもオススメ 

ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)は信用取引ができる取引ツールで、ビットコインの現物、先物取引、FX、アルトコイン現物の取引に対応。

最大15倍のレバレッジが可能で相場が下落した際には売りから入る取引も可能です。資金効率が良い投資が実現しプロユーザーに大変評価されています。

11 デメリット① 取引所としての売買はビットコインのみ 

仮想通貨の販売所と取引所の違いがなんとなくまだ理解できない方もいるでしょう。ビットフライヤーは取引所と販売所の機能をどちらも兼ねている点が特徴。

しかし、取引所として扱うのはビットコインしかない点がデメリットのひとつです。
詳しくご説明しますと、ビットフライヤーが販売所として取り扱う仮想通貨にはビットコイン、イーサリアムなど数種類あり、これらの通貨はビットフライヤーが提示した価格で売買しているため、仲介手数料がプラスされ売却価格が高くなる傾向があります。ビットコインユーザー同士が直接やり取りできる取引所ではビットコインが時価で売買できるので販売所よりも割安。ビットフライヤーでは取引所として扱う仮想通貨がビットコインしかないので、ほかの通貨の購入の際には手数料が割高になる可能性があるのです。

ビットフライヤーはアカウント作成と維持費用は無料。人気のビットコインに関しては販売所か取引所を選択するかにより若干手数料が異なります。信用取引のビットフライヤーライトニングはスワップポイントが必要になります。

 

12 デメリット② スプレッドが高い

販売所で取引されるビットコインは購入価格と売却価格の差、「スプレッド」と呼ばれる価格差が生じます。この差はユーザーの負担になりますので、少しでも差額が少ないほうがお得になるということ。

ビットフライヤーはスプレッドが高めなので少しでもお得に売買したい人には向いていないかもしれませんね。販売所の販売価格にはすでに手数料が含まれているような印象がありますが、この隠れた手数料のスプレッドも取引の際には頭に入れておきましょう。

13 ビットフライヤーの評判をチェックしよう

世間の皆さんはビットフライヤーにどんな評価をしているのか早速見ていきましょう。

 

 

 

 

 

14 まとめ

ビットフライヤーは仮想通貨の大手取引所として人気がありますが、もちろんメリットもデメリットもあります。手数料が高い点はクイック入金や銀行振り込み、もしくは提携先の三井住友銀行を利用して出金するなどサービスの活用方法を意識するとよいでしょう。

仮想通貨は投資目的で始める学生さんや主婦の方も大変増えています。簡単に取引ができる反面、セキュリティ面などの安全性を確保した取引をしないといけません。ビットフライヤーはビットコインのビギナーが安心して簡単、お得に利用できる仮想通貨取引所といえるでしょう。スマホのアプリもありますので、常に価格の変動チェックができるのもうれしいですね。人気の仮想通貨は、まずは評判の良い取引所を選んで早速スタートしてみましょう。