RanQ


2018年 今後高騰する仮想通貨 トロン/TRX(TRON)買い方まで説明!

  • Thumb thumb illust 52
  • 4
  • 36947View

こんにちは、りっぷるん(@ripplen2)です

ビットコイン、リップルの次に来るであろう仮想通貨はトロン/TRX(TRON)です!!

 

仮想通貨の大手格付け機関のDPレーティングが200銘柄を評価し、トロンが最高得点の5点を獲得しました!

ちなみに、他に最高得点5点を獲得したのはETH、EOS、LOOM、Cardano(ADA)、LISK、PARTです

 

2018年最も期待されている仮想通貨のひとつのトロン

トロンの特徴、出資者などを紹介していきます!!

1 この記事のまとめ

・世界最大のマイニング関連会社BITMAINが出資している

・今後世界時価総額ランキング8位のアリババと提携の噂

・5/31にメインネットが公開

・6/25メインネットに移行、イーサリアムから完全独立

・ロードマップの計画が前倒しになっている

・日本上場間近

・イーサリアム保有者にトロンを配布することで認知度up

トロンの購入方法はこちらの記事またはこの記事の項目19で詳しく解説しています 

2 トロンとは

トロンはクリエイターの保護とコンテンツの質を上げることを目標として発足したプロジェクトです

トロンは他の仮想通貨とは異なり、何かを買うために使われるものではなくクリエイターのために作られたクリエイター特化型仮想通貨です
 

絵をかいたり動画を上げたりすることでクリエイターがトロンをもらえることができ、そのトロンでアップロードされた他の作品を買うことができます
 

BINANCE(バイナンス)でICOをおこなった際には
30秒で完売したと言う異例の人気を誇ります

ICOの時点でそこまでの注目をされていたのは
大手マイニンググループBitmain社を運営するジハン・ウー氏が
投資をしていたからといわれています

そして2017年12月には中国の3大取引所の一つOKEx(オーケーイーエックス)にも上場しました


 

 

3 トロンのチャート&現在の価格

まずはトロンの紹介の前にトロンが今どんな値動きをしているのか、みてみましょう!

現在のトロンの価格

 

2017年11月12日のチャート

若干上昇中で5円を超えている感じですね

 

マカフィー砲があったのが黒点のところです

約7倍も上昇しています(マカフィーすごすぎ...)

マカフィー砲は急上昇した後に元の値まで戻ることが多く、

トロンも例外ではなかったようです

(マカフィー砲はこの後この記事で紹介しています)

この後は仮想通貨暴落があり下落トレンドに....

2018年3月29日のチャート

2018年3月は3円付近を右往左往していましたが

テストネット公開のカウントダウンによって現在(2018/3/29)は

5円まで高騰しています

メインネットの公開が7月1日から5月31日に前倒しになったことで

トロンの計画が前倒しになっていることがわかり、期待値がチャートに現れているようです

 

 

2018年4月30日のチャート

値動きが激しくなってきました

2018年4月26日には1TRX=7.6円に

28日には1TRX=8.4円

30日はなんと1TRX=9.8円

 

これからも上がりそうな気配があるので

りっぷるんは買い増ししておきました!!!

もういつ投資しても儲かりそうですねw

 

 

※BINANCEの登録方法がわからない方はこちらの記事をチェック  

4 スポンサー(共同出資者)

世界最大のマイニング関連会社BITMAIN

CEOのジハンウー氏は

採掘王との異名を持つ仮想通貨をやっている人なら誰でも知っている人です

ジハンウー氏のツイッターはこちら

 

oBikeはシンガポール発の世界20ヵ国で利用されている

登録者が1000万人を突破してる自転車シェアリングサービスです

TRONでの支払いが可能になるんでしょうかね??

国際法律事務所

アメリカ・中国・ヨーロッパ・イスラエルに

拠点があります

音楽ストリーミングサービス『Peiwo』

2018年1月21日トロンは「Peiwoと最初の統合が完了した」と発表しました

 

グローバルライブアプリ

配信者はライブアッパーと呼ばれ上位ライブアッパーで結成された

「UpLive Girls」(アップライブガールズ)が世界デビューしました

今後はトロンが投げ銭で使われるのですかね??

仮想通貨

ファンがYouTubeなどのSNS上の配信者を支援するためにバーチャルギフトを送信することができるサービス

投げ銭みたいものですね

TRONとは技術面での情報交換などをしているのでしょうか

エンジニア

 b-moneyとCrypto ++ライブラリの開発者

技術面での支援でしょうか

 Crypto ++はブロックチェーンの開発に欠かせないプログラミング言語です

 

採掘王ジハンウー氏が期待して共同出資者になっているのは大きな好材料ですね

BITMAINが投資しているからトロンに投資しているという方も多いのではないでしょうか

 

5 創業者ジャスティン・ソン氏

リップルの中国区代表として資金調達などをおこなっていたJustin Sun(ジャスティン・ソン)氏が
創始者であるトロン

また、TRONの生み出した非営利団体トロン財団のCEOジャスティン・ソン氏は、
音楽ストリーミングサービス「PEIWO」のCEOでもあります

 

なんとPEIWOはすでにトロンでの支払いが可能になっているんです!

仮想通貨は使い道がないと言われている中、

すでに活用できているのはいいことですね!

 

ツイッターでの発信情報

これは日本の金融庁に申請したよーー

もうすぐ日本に上場するからねーと言ってます

日本に上場するとほぼ確実に価値は爆上がりするでしょう

取引所はzaifかbitflyerではないかと言われています

 

 

毎週進捗状況を教えてくれる

こんな感じに毎週進捗状況をツイートしてくれたりもします

画像を見ていただけるとわかるんですが日本語での説明もあるんです!!

 

 

こんな感じに色々重要なことを喋ってくれます

投資家からしたらとてもありがたいですよね(Twitterの投稿が減り始めたら売りましょう(笑))

ツイッターのフォローは必須ですね

Justin Sun(ジャスティン・ソン)氏のツイッターアカウントはこちら

 

6 マカフィー砲

John McAfee(ジョンマカフィー)

この人の発言がマカフィー砲と言われて
注目されています

ウイルス対策ソフトで世界的に有名な
マカフィー社の創業者のジョン・マカフィー

2011年にはインテルの子会社となりました

そんなマカフィーさん

仮想通貨に注目し始め、2000種類以上の
仮想通貨のホワイトペーパー(構想や仕組みが書かれた文書)を読み漁ったそうです

↑ホワイトペーパー読んだけどほとんどがゴミや詐欺だったよ

さらに明日から面白いアルトコインを紹介するよというツイート

これがマカフィー砲の始まりです

おすすめの仮想通貨を紹介しはじめ、紹介された仮想通貨は次々と上昇しました

マカフィーが紹介=儲かる

これがマカフィー砲です

そしてついにマカフィー砲がトロンにも

マカフィー砲によって有名になったトロン

投資してみてはいかがでしょうか

 


 

 

7 アリババとの提携の噂

世界時価総額ランキングで8位に入っているアリババ

ちなみに日本のトップはトヨタ自動車で43位です

そう考えるととても大きな会社ですね

なんとなんとアリババとトロンが提携するんじゃないか

という噂が広まっているんです!

 

噂の検証① アリババの会長との関係

アリババの創設者、現会長のジャック・マーは日本でいう孫正義のような存在です

中国で一番の資産家(お金持ち)です

ジャスティン・ソンは

ジャック・マーが個人的に設立した大学にジャック・マーから直接招待されたたった一人の生徒なんです

年間約40人の学生のみが受けられる講義コースにも合格しています

ジャック・マーからの期待値もかなり高いのでアリババと提携する可能性がありそうです

 

噂の検証② アリババの業務参加

トロンCEOジャスティン・サンのツイートです

 翻訳「アリババの上級開発者がTRON/TRX(トロン)に参加しました。

私たちは12月29日のオープンソースに努力しています。」

 

アリババがトロンに上級開発者を派遣したのです!

密接な関係がなければこのようなことはありえませんよね

 

噂の検証③ すでに計画が実行されつつある

写真の左がジャックマー(アリババ)、右がジャスティン・サン(トロン)です

翻訳「トロン硬貨を介して Aliexpress のショッピングについて取り組んでいます。」

アリババ社のサービスの1つのオンラインショッピング「Aliexpress」で

トロンによる支払いを可能にする開発を行っていると発表しました

Aliexpressは日本でいう楽天のようなオンラインショッピングです

 

 

8 oBikeと提携

oBikeはシンガポール発の世界20ヵ国で利用されている

登録者が1000万人を突破してる自転車シェアリングサービスです
oBikeの自転車にはサイクルステーションを必要とせず、道路沿いなどにある駐輪場へ返却が可能で、

アジアを中心に急速に普及しています

このObikeとの連携によってTRONがさらに普及するでしょう

9 ビットトレンドを買収

2018年6月12日、ジャスティン・サン氏がブロックチェーン関連企業のビットトレンドを買収しました

詳細はまだ不明なのでおって追記します

10 ロックアップ

トロンの発行上限枚数は1000億枚です

トロンは2020年1月1日まで、342億TRXを自分たちで所有し続ける(ロックアップ)ことを発表しました

ではロックアップするとどうなるかみてみましょう

 

①投資家は安心して取引できる

34.2%(342億TRX)が売却されると大暴落してしまいますよね

この発表があったことで暴落の不安なく投資家は安心して取引できるのです

 

②トロンの価値が上がる

さらに市場に出回るTRONが減ると

1trx(trxはトロンの単位 )の価値が上がりますよね

 

③運営の本気度

値段が上がってきたTronを運営側が2020年まで売れなくなったということです

つまり運営側が儲かるためにはトロンの相場をあげなければいけません

どんなに暴落しても2020年まで売れなくすることで

自分たちを追い込んで本気度を投資家に見せていますね

11 ロードマップ

トロンのロードマップ

かなり大雑把ですね(笑)

 

Exudos(旅立ち)

2017年8月〜2018年12月

Odyssey(冒険)

2019年1月〜2020年6月

Great Voyage(大航海)

2020年7月〜2021年7月

Apollo(アポロ)

2021年8月〜2023年3月

Star Trek(スタートレック)

2023年4月〜2025年9月

Eternity(永遠)

2025年9月〜2027年9月

12 ホワイトペーパー事件

プロジェクトの概要を説明するホワイトペーパー

トロンの英語版ホワイトペーパーの一部が盗用しているのではないかという疑惑が浮上したのです(2017/1/7)

IPFSとFilecoinのホワイトペーパーの9ページ分のコピーが盗用の疑いです

ジャスティン・ソン氏はこれに対して、

「ホワイトペーパーのオリジナル版は中国語であり、最新バージョンには詳細な参考文献があります。英語、韓国語、日本語、そしてスペイン語版は志願者によって翻訳されています。そのため、参考文献だけでなく重要な詳細が数カ所紛失しています」

と反論しましたがチャートにはその反応がしっかり出てしまいました

 

もうめちゃくちゃ下がってますね

最近になってようやく信用を取りもどせて、上昇に転換しました

13 テストネット・メインネット

2018年3月31日にテストネットが公開されました

フルノードの実行、カスタマイズされたデジタル資産の配置、トランザクションの送受信、投票およびデータのチェック等がテストネットにより公開されました

そして5月31日にはメインネットの公開がありました

トロンはイーサリアムのプラットフォームを使った仮想通貨でしたが、今回のメインネット公開により独自のプラットフォームに移行します

 

14 イーサリアム保有者にトロンを配布

TRON(トロン)はこれまで、Ethereum(イーサリアム)のERC20(イーサリアムネットワーク)上で開発がなされていましたが、5月31日のメインネットローンチに合わせて、トロン独自のネットワークでの開発を行うことになりました

イーサリアムへの感謝から3,000万枚のTRX(約1億5,000万円相当)をエアドロップ(配布)することを決定しました

1ETH以上保有しているユーザーに10~100TRXがランダムで配布されるとのことです

これによってイーサリアム保有者にトロンが認知され、トロンの価格が高騰する可能性があります

15 メインネットに完全移行

6/25、イーサリアムから独立し完全に独自のプラットフォームに移行することになりま

これに伴い5,000万ドル(約55億円)相当の10億TRXをバーン(破棄)することを発表しました

TRXの総量は990億TRXに減少

トロンの総量が減ったことでトロンの価値が上がります

 

ちなみにTron Foundationが所有している約33億TRXは、供給過多を防ぐために2020年1月まで凍結されます

16 韓国の取引所に上場

2018年4月5日、 韓国最大手のbithumb、アメリカの大手取引所であるBittrexと独占的パートナーシップ契約を締結しているUPbitに上場しました

これにより高騰しました

日本上場じにも同じように高騰することが見込まれます

 

仮想通貨市場が沈黙している中、トロンはムーンや韓国上場ととてもいいニュースが多いですね

 

17 トロンにだけ使える裏技

ジャスティン・ソン氏がライブ配信をすると(今のところ)必ず

相場が下落するんです

2018年3月31日にライブ配信があった時のチャートがこちらです

ライブ配信直後に10%も下落しています

りっぷるんはジャスティンのライブ配信があった時は必ずトロンを買っています

ライブ配信はジャスティンのツイッターで行われます

ジャスティンのツイッターはこちら

18 いつ買えばいいの??

先ほども言いましたが、日本に上場する前のいまがベストです

トロンを買いたい人はバイナンスですぐに取引するのがおすすめですが

海外の取引所はなんか怖いなって人も多いと思います

そういう人は日本上場直後に買いましょう

ただ、どこの取引所で上場するかはわかりません

ジャスティン・ソン氏もどこでトロンを取り扱うか言ってしまうと

市場が荒れるのでおそらく言わないでしょう

取引所は登録してから取引可能になるまで1週間ほどかかります

トロンが上場する前に登録しておきましょう!

 

なぜ日本上場直後に買うの??

これはモナコインのチャートです

丸がついてるところ

モナコインがビットフライヤーに上場した時です

55円から630円ほど上昇しました

なんと約11.5倍も上昇したのです!!

やばいですね...

10万円なら100万円に

1000万円なら1億円.....

夢がありますね!!

初心者の方は高騰後すぐに売りましょう!!

高騰直後はある程度の値まで下がって落ち着きます

利確(利益が確定)後はきっと仮想通貨の世界にハマるはずです!!

 

 

ガチホしよう

 

翻訳「トロンは長期 Hodl(専門用語 長期ホールドのこと) です。それをひっくり返している人は、負けています。」

マカフィーさんがこんなことを言っていました

少し気になりますね...

 

 

トロンの高騰の波に乗ってたくさん利益を得るために先に登録しておきましょう!!

bitflyerの登録はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaifの登録はこちら

19 トロンの購入方法

トロンはバイナンスで購入することができます

実はバイナンスは日本円に対応していないのです

そのためにはめんどくさいですが以下の手順を踏む必要があります

 

 

①バイナンスに登録

ビットフライヤーZaifなどの日本の取引所で日本円を仮想通貨に変える

③仮想通貨をバイナンスの口座に送金する

④送金した仮想通貨でトロンを購入

 

詳しくは

この記事の項目をご覧ください

20バイナンスの登録方法

21日本の取引所からバイナンスに送金

22バイナンスでトロンを買う

 

 

 

20 バイナンスの登録方法

バイナンスは登録者数が多すぎることから、1日の登録者人数に制限があります

登録できない場合は翌日にもう一度アクセスしてみましょう

バイナンスは日本の取引所とは違い、登録したその日に取引を始めることができます

 

1. バイナンス←こちらをクリックしてバイナンスのホームページへ

2. 画像の①をクリックし、日本語に設定します

 ②をクリックして登録作業に移ります

3. 登録する

④は規約の同意です

Terms of Useをクリックすると利用規約のページに移動します

最後にRegisterをクリックします

 

4. Registerをクリックすると登録したメールアドレスにバイナンスから

メールが届きます

クリックしたら登録完了です

 

5. 二段階認証を設定

右上のアイコンをクリックし、出てきた項目のmy accountをクリックすると

以下の画面になります

二段階認証はSMS認証、Google認証の2つありどちらを選んでも構いません

(SMS認証は中国国内のみという記事もありましたが現在は日本でもできます)

 

本人確認などはありませんが24時間以内に2BTC以上取引したい場合

パスポートでの本人確認が必要になります

 

 

これでバイナンスの登録は終了になります!

 

 

 

21 日本の取引所からバイナンスに送金

今回はビットフライヤーからビットコインの送金方法を紹介します

ビットフライヤーの登録がまだの方はこちらの記事をご覧ください

https://object-storage.tyo2.conoha.io/v1/nc_771af95e34cd4f14b29d6a265f7639b7/pro/uploads/ckeditor/pictures/3301/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2018-02-23_02.45.22.png

世界一安全なbitFlyer 登録方法まで説明します!

イーサリアムの送金方法はマイイーサウォレット経由でなければいけないので

 

今回は割愛します

 

 

バイナンスでアドレスを取得

まずバイナンスから送金するためのアドレスを取得する必要があります

ファンドをクリックし、残高をクリックします

 

以下の画面に移るのでビットコインを選択してください

 

入金をクリックすると以下の画面になります

アドレスをコピーしたらバイナンスでの作業は終了です

 

 

ビットフライヤーからバイナンスに送金

ログイン後、入出金をクリックし、BTCご送付をクリックします

先ほどコピーしたビットコインのアドレスを貼り付け、追加ボタンを押します

ラベルは何も入力しなくて大丈夫です

二段階認証コードを入力するとアドレスが登録されます

上記の手順で送金が完了すると

トークン購入完了になります!

22 バイナンスでトロンを買う

ログイン後最初の画面、または左上のBINANCEをクリックすると以下の画面になります

 

BTC市場をクリックして

TRX/BTCをクリックすると取引画面に移行します

 

いよいよ取引開始です

①指値注文はリミット、成行注文は市場を選択してください

②量を指定すると合計にビットコインの量が自動提示されます

③最後に購入TRXをクリックして取引完了です

 

※投資は自己責任です

よく考えた上で余剰金で投資することをおすすめします

 

わからないことがあったらツイッターで質問お待ちしています!!

▼こちらの記事もどうぞ▼

https://object-storage.tyo2.conoha.io/v1/nc_771af95e34cd4f14b29d6a265f7639b7/pro/uploads/ckeditor/pictures/4643/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2018-05-02_13.07.28.png

日本のコンビニで決済が可能に OmiseGO/OMG/オミセゴー 買い方まで説明

 

 

 

Thumb thumb illust 52

2107年5月にXRPを購入してから仮想通貨にどハマりしています ツイッターはこちら