RanQ


「はれのひ」篠崎社長、自己破産を検討

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 191View

突然、営業を中止した横浜市の振り袖レンタル会社『はれのひ』の篠崎洋一郎社長が、自己破産を検討していることが分かった。
法人としての「はれのひ」は10億円を超える負債を抱えているとみられており、26日に破産手続きの開始が決定した。

篠崎洋一郎社長は「正直、私の資産はございません。現預金は数十万ありますが、それ以外はこの事態だったので、ほとんど会社の方に入れてしまって」と語っている。
今後、篠崎社長自身も法人とともに自己破産の申請を検討しており、実際に手続きが始まれば、破産管財人の弁護士が篠崎社長個人の資産についても確認を行う。
一方、『はれのひ』が保管していた晴れ着は購入者への返却が始まっているが、会社には前撮りの写真のデータも残っていたという。破産管財人の弁護士は、利用客にデータを送るなどの対応も考えているという。