RanQ


子供がたった35日で英語を話せるようになった方法がすごすぎると話題に

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 300View

まず、最初に言っておくことがあります。

それによってこのページを閉じるか決めてください。

 

この子供でもたった35日で英語を話せるようになる方法は29,800円(税込)掛かります。

これを聞いて

「子供が英語を話せるようにするためにその金額はきついな~」

「生活きついしな~」

って思った方は、今すぐに右上のXボタンを押すか、ホームボタンを押してください。

この記事を最後まで読んでしまうと、その方法を子供にやらせたくなってしまう可能性がありますので、その金額を払うことが厳しい方は、ここで閉じることをおすすめします。

 

確かに約3万円は高いです。

私も無茶して払いました(笑)

「英会話とかに通わせたり、塾に通わせたりするより安く子供が英語を話せるようになるならいい」と自分に言い聞かせて支払いました(笑)

 

それほど、スゴイ方法なのです。

39万人もの子供が実際に35日で英語を話せるようになった方法です。

※対処年齢は0歳~12歳までです。

 

1 まずは、保護者様の口コミをご覧ください。

6歳と3歳の子供の保護者様の口コミ

子供たちが得意げに英語を話すようになりました。

私自身、英語がとても好きだったので、子供にも是非英語が好きになってほしいと思っていました。教材が届くと、まずはカラフルなBOXに子供たちはどんな楽しいものが入っているのだろうとウキウキしていました。
なかなか、腰を落ち着けてCDを聞くことが難しいため、食事の時に毎回聴くことにしました。 すると、時々私がCDをつけるのを忘れていると、「お母さん、英語のCDをかけてよ」と言ってくるように。
私が英文をリピートして言っていると、子供達も聞こえてきた部分のみですが、得意気に英語を話すようになりました。
これからの成長がとても楽しみです。

 

8歳と3歳の子供の保護者様の口コミ

毎日聞くうちにきれいな発音になりました。

少しでも小さいうちから耳を英語に慣れさせたいと思い、始めました。
教材が届いたその日から、テキストのイラスト(キャラクター)や塗り絵に興味を持ってくれたので、早速聞いてみました。 初めのうちは「知らない言葉」と思っていたみたいですが、 毎日聞くうちに発音を真似して口にするようになりました(その発音のきれいなこと…!!!)
今はまだ単語だけですが、これから先がとても楽しみです。

 

2歳の子供の保護者様の口コミ

英語に慣れさせること。

単語を言うのはなんとなくわかります。英語の歌など聞かせていると口ずさむようになってきました。
「○○は英語でなんて言うの?」って興味を持ってくれることが一番かと思います。
英語自体は聞かせて覚えるが一番かと思います。
教科書を読むとかその前にコレは最適かと思います。
2歳の子ですら、なんとなく発音し始めているのには驚きました

 

5歳の子供の保護者の口コミ

思った以上です!

英語教材は一般的に高く、結果の保証はないので探すのが難しいものです。
しかし、この値段でこの内容なら絶対に買うべきです!!特に、普段英語に触れる機会がなかなか取れないご家庭に向いています。
私自身かなり遠回りして社会人になっても英語をスクールで勉強し続けましたし、子供たちにも教えてきました。
だからこそお勧めします。三倍速のリスニングも貴重です。商品が壊れてしまった時のフォローも嬉しいものです。
面談で5歳児の息子の英語の発音が(たった一カ月足らずで)良くなったのに驚いたと先生に言われ
やって良かったと思いました。たくさんやらせたわけではなく、幼稚園の帰りの車で聴かせていただけです。

 

                                                      口コミをもっと見る

2 子供が35日で英語を話せるようにする方法とは

上記の口コミを見てさらに興味が出てきた方もいるんじゃないでししょうか。

もったいぶらずに言います。

子供がたった35日で英語を話せるようになる方法とは、

バイリンガル育成法』です。

3 バイリンガル育成法とは

バイリンガル育成法とは、全世界で認められている「七田式」幼児教育のメゾットを詰め込んだ幼児英語学習法です。

 

これまで七田式で学んだ子供たちの数は、60年間で延べ50万人以上(2018年1月)にのぼり、現在世界16の国と地域で七田式教室を展開し生徒数52,000人を抱えている世界的な幼児教育研究所となっています。

そこの最高責任者(七田 厚)が考えた幼児英語学習法が子供が35日で英語を話せるようになる「バイリンガル育成法」なのです。

 

七田さんはこのように言っています。

英語が話せる子供を育てるのに、あなたが英語を話せるかどうかは全く関係ないのです。
なぜなら、子供はあなたから英語を学ぶのではなく、英語を学ぶ環境に置いてやれば、その環境から勝手に英語を吸収していくからです。
あなたがすべきなのは、「あなたが英語を教える」 ことではなく、「子供が英語を学べる環境」 を作ってあげることなのです。

全ての子供、特に6歳以下の幼児に関しては

「語学の天才」だと言われています。

大人のように難しい文法の勉強をしたり、英単語を苦労して覚えたり、複雑な英語をわざわざ日本語に訳して理解したりする必要はないのです。
全ての子供達が持っている「語学の才能」を引き出してあげるだけで、子供は驚くほどの短期間で、自然と英語を話し始めてしまうのです。

 

確かに、環境づくりって大切ですよね!

そして「語学の才能」を引き出すための方法がバイリンガル育成法なのですね。

 

英語が話せない人は、「辞書=dictionary」のように頭の中で、意味の変換作業を行ってしまいます。

でも、英語をペラペラに話せる人からしたら、言葉の意味を調べられるのは「辞書」でもあるし同時に「dictionary」でもあるのです。

例えば、前から外人さんが歩いてきて「hallo」と声をかけてきたとしましょう。

その時、あなたは頭の中でわざわざ「hallo=こんにちは」と意味の変換作業は行うでしょうか。

ほとんどの方は、その意味の変換作業は行わないと思います。それは、無意識のうちに「こんにちは」と「hallo」と使い分けているからです。

簡単な単語なら誰でも意味の変換作業を行わないためペラペラと話せると思います。

通訳さんなどは、「辞書」と「dictionary」すら意味の変換作業を行わないからペラペラ話せるのです。

しかし、私達が今からこの力を手に入れようとしてもなかなか身に付きません。

それは、無意識のうちに意味の変換作業をしてしまう癖がついているからです。

 

子供はまだ、その癖がついていません。

その厄介な癖が付く前に、変換作業を行わない癖をつけさせるのです!

 

私が説明するより公式ホームページの方が100倍くらい内容が濃いです(笑)

すいません・・・

 

公式ホームページなら、超超超超詳しく説明してあるので、そちらをご覧ください。

                                          

                       公式ホームページはこちら