RanQ


大阪地下鉄の新名称が「Osaka Metro(オオサカメトロ)」に決定

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 141View

2018年4月から民営化されることが決定している、大阪市営地下鉄(民営化後の新会社は「大阪市高速電気軌道」)の愛称が、「Osaka Metro(読み:オオサカメトロ)」に決まった。

Twitterでは早速「略して大トロか」「東京メトロの二番煎じ感」など、さまざまな感想があがっています。

命名の理由としては、地下鉄を表す言葉として世界的に使用されている「Metro」を愛称に取り入れることで、「名立たる世界の大都市の『Metro』と肩を並べつつ、大阪らしい『Metro』になる」という決意を込めたと説明。ロゴマークは「Metro」の頭文字である「M」をベースに、らせん状のデザインにすることで「Osaka」の「O」も同時に内包したものとなっています。

Osaka Metroへの移管は2018年4月1日から。大阪市では今回の民営化によって、よりスピーディーなサービス改善や、多用な事業展開、経営体質の強化などが見込めるとしています。