RanQ


30代フリーターの恐ろしすぎる末路 ~20代のうちに就職すべき理由~

  • Thumb thumb illust 52
  • 3
  • 4859View

30代になってもフリーターを続けていくことで、どのような未来を迎える事になるのでしょうか。

先が見えない現状に絶望を感じたり、常に不安を抱えていたりする人は、決して少なくないと思います。

 

しかし、ほとんどの人は、目の前の生活にいっぱいで、フリーターから抜け出そうと思っていないのが現実です。

今世の中には正社員ではなくアルバイトとして働いている人。いわゆる「フリーター」は何人くらいいると思いますか?

2016年労働力調査によると、およそ155万人もの人がフリーターである事が分かりました。

 

私もそうでしたが、世間では、フリーターの人は白い目で見られることが多々あります。

周りが就職していく中、自分はまだフリーターのまま。

 

久々の同窓会では、友人が役職について給料上がった話で盛り上がっている中、自分は肩身の狭い思いをする。

「早く就職しなきゃ」と、頭ではわかっていてもなかなか一歩を踏み出せない。

そんな悩みを抱えている人は多くいます。

 

辛い思いをしているのに、なぜフリーターのままでいるのでしょうか。

それは居心地がいいからです。

 

居心地がいいから、早く就職しなきゃと思ってもなかなか一歩が踏み出せないのです。

そのまま歳を重ねていくごとに、どんどん取り返しのつかない状態に陥ります。

20代のうちに就職しないと後々苦しむのはあなたです。

 

今回は、フリーターのままでいると将来どのようになっていくのかをご紹介します。

この記事を読んで少しでも危機感を覚えましたら、早急に何らかの行動を起こす事をオススメします。

 

1 20代がフリーターを続ける理由

20代のフリーターが、なぜフリーターを続けてしまうのでしょうか。

冒頭にも書きましたが、居心地がいいからです。

 

また、給料の面でも20代のうちは大して差がないのも大きな理由の一つです。

実際、大卒の正社員の給料は手取りで20万前後の人が多いです。

 

手取りだけを時給に換算すると、月に160時間働いたと仮定して1250円です。

そのくらいであればアルバイトでも十分稼げるし、それよりも多く給料をもらうことも可能です。

 

それを聞くとフリーターは、

「ブラックな会社に入るよりマシじゃん。」

「好きな時間に働けて、責任もないから自由で最高。」

「サラリーマンで辛くないの?」

とか思ったりします。

 

全て、自分がフリーターである事を正当化するための自己暗示です。

20代フリーターが焦らないのは、年収や生活レベルが目に見えるほど差が開いていないからです。

 

しかし、現実的に正社員とフリーターの差が開くのは30歳を超えてからなのです。

2 結婚できない(彼女ができない)

フリーターの人は結婚ができません。結婚願望がない人は別ですが。

もしもあなたが女性だとして、彼氏が30歳になっても年収が200万前後しか稼いでいない。

家も買えないし子供を育てていく稼ぎもない。

そんな人と結婚して幸せになれると思いますか?

辛い毎日になるのは目に見えていますよね。

 

彼女がいない場合もそうです。

女性の多くはフリーターという肩書きだけで恋愛対象として見てくれません。

友達になれても恋人には絶対になれないでしょう。

 

やがて40代、50代になると親は先に旅立ち、周りの友人は子供がいて、孫がいる人もいる。

一日中頑張って働いて家に帰っても誰もいない。

そんな状況はとても寂しいし辛いですよね。

 

そうならないためにも20代のうちに必ず就職をしましょう。

今、重い足を持ち上げることで将来は輝かしい未来が待っているのは確実です。

3 就職は28歳が限度

就職は基本的に28歳くらいで急激に採用率が落ちると言われています。

また、求人も28歳までと表記している会社が多いです。

企業はなにもスキルがなくても、やる気と若さがあればいいと考えています。

 

なぜなら、若いうちは物覚えもよく、すぐに仕事に必要なスキルも身に付きます。

30歳になるころには即戦力になっているのです。だから給料も高いです。

しかし、28歳を超えてくると、体力も年々落ちていき、

やる気も若い時ほどないし、頭も固くなっていく。

3年経っても、ミスばかりだし仕事も全然できない。

そんな人を会社側が雇いたいと思いますか?

私だったら雇いたいとは思いません。特別なスキルがあるのなら話は別ですが。

 

若さは20代の最大の武器です。

だらだらと毎日を過ごしていると、あっという間に30代になってしまいます。

まだフリーターならすぐに行動しましょう。

ですが、焦りすぎて自分に合っていない会社に就職しても、すぐに辞めてしまいます。

自分で仕事を探すのが苦手な人は、まずはエージェントに相談してから決めることをオススメします。

登録するだけなら無料ですので、焦らずじっくりと自分に合った仕事を探してください。

 

 

4 フリーターと正社員の平均年収

フリーターの平均年収はおよそ150万円と言われています。

フリーターとはいえ、働いている時間や時給は人によって大きく異なるため、個々の年収にはある程度の揺らぎがありますが、平均すると大体150万円くらいという事です。

これに対して正社員の平均年収は約416万円です。

 

全ての年代を平均した数字ですが、正社員とフリーターでは平均年収に270万円ほどの差があります。

一年でこれだけの差が出るということは、10年、20年も経てば更に差は開きます。

 

フリーターはどれだけ頑張っても、稼げる額に限界があるのです。

毎日汗水たらしながら働いても月に稼げる額は30万くらいでしょう。

 

フリーターの人が勘違いしがちなのが、バイトの方が楽して稼げると思っている事です。

責任もないし、テキトーにサボっていれば稼げると思うかもしれませんが、そうではありません。

正社員の方が楽して稼げます。

有給休暇もあればボーナスもある。保険も安い。アルバイトではそういったものがありません。

5 正社員でも楽な仕事はある

アルバイトは責任もなく、仕事内容も簡単ですので、精神的にも肉体的にも楽なことばかりです。

だから、フリーター生活を長く続けてしまう方は多いのです。

 

特に過去にブラック企業で働いていた方は、就職することに拒絶反応が起きて、正社員は厳しいものだとお考えだと思います。

確かに世の中にはブラック企業は多いと私も思います。私は転職を3回しましたが、全てブラック企業でした。

 

ですが、私がブラック企業に入ってしまった原因は自分自身にあると思っています。

しっかりと企業について調べなかったり、情報を集めるのをめんどくさがり、目先の給料で仕事を決めたりしていたからです。

 

しかし、実際に調べてみるとホワイトな会社は意外とあります。

結局、自分が本気で転職活動をしないと、良い会社に出会うことはできないのです。

 

いい会社に出会う確率を少しでもあげるためには、転職サイトに登録する事が一番の近道。

数ある転職サイトの中でも特に登録しておきたいのが、「リクナビNEXT」です。

 

リクナビNEXTに登録する最大のメリットは、「あなたの求める仕事を自動的に教えてくれる」ことです。

希望する内容を入れるだけで、リクナビNEXTにしかない最新の情報を手に入れる事ができるので、良い会社に出会いやすくなるのです。

 

 

 

 

楽な仕事を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

https://tenshokukamo.net/tenshoku/wp-content/uploads/2017/10/mentally-easy01.jpg

辛い社会人生活ともおさらば!楽な仕事ランキング9選

 

6 自分にぴったりの仕事を見つけるには?

あなたは自分に向いている仕事がどんな仕事なのか理解していますか?

ここまで読んでくれた方なら、少しは就職や転職の事が頭の片隅にあると思います。

 

しかし、いざ仕事を探そうとすると、ある程度どんな仕事をしたいか決めておかなければなりません。

そもそも自分がやりたい仕事がなんなのか分からない方もいます。

 

自分に一番合っている仕事を見つけるのは至難なことですよね。

実際、自分に100%合っている仕事をしている方は少ないです。

 

私も今の仕事ならやっていける、と思ったから続けているのですが、100%自分に合っているかと言うとそうではありません。

ただ、今までやってきた仕事の中では一番マシというだけです。

 

ですので、自分に100%合っている仕事を探すとなると見つけるのは大変な事です。

では、どうやって自分に合う仕事探せば良いのか。私が実際にやってみて有効だったおすすめの2つの方法をお教えします。

 

一つ目は「できる事とやりたくない事を紙に書き出す事」です。

 

やり方は非常にシンプルで、髪を半分に分割して思いつく事を書き出すだけです。

「単純作業が嫌だ」「人と話したくない」「立ち仕事は無理」などなんでも良いのでたくさん書き出してください。

 

単純作業が嫌なら一つの仕事だけでなく、いろんな作業ができる仕事。

人と話したくないならデスクワーク。

立ち仕事じゃない仕事もデスクワークが当てはまりますね。

 

このようにやりたくない事を出すだけで、逆のことを簡単に見つけ出す事ができます。

その中でもこれだったら許容範囲だな、という仕事を見つける事ができます。

 

二つ目は「自分の強みを知る事」です。

自分の強みを把握していると、どんな仕事に活かす事ができるのかを知る事ができます。

 

自分の強みを知る方法として、一番手っ取り早いのが「グッドポイント診断」を利用する事です。

転職サイトのリクナビNEXTが提供しているサービスの一つなのですが、これが非常に使えます。

簡単な設問に答えるだけ上記の中から自分の強みを5つ教えてくれます。

無料で利用できますので、気軽に試してみてください。

 

7 転職に成功した人達

少しでも仕事に対してモチベーションを上げるために、実際に転職をしてよかったという人達の体験をまとめました。

8 最後に

いかがでしたか?

フリーターでいる事で、自分自身が満足であったり、周りにも迷惑をかけていないし、

友人にも胸を張って会話できるという方はこのままフリーターのままでもいいと思います。

 

少しでも不安やこのままじゃいけないという気持ちがあるのなら、今すぐ行動に移すべきです

何もしないことが一番の後悔に繋がるからです。

 

就職すれば、フリーターの時よりも給料も上がるし、ボーナスも出ます。

休みたい日があれば、有給を使えば休みになるし給料も発生します。アルバイトでいるよりも断然良いですよね!

フリーターを抜け出すことで、給料も上がるし、今の悩みの種も消えます。

 

繰り返しになりますが、大事なことなのでもう一度言わせてもらいます。

現状に不安を感じているのなら、何かしらの行動を起こしてください。

 

辛い思いをしているのはあなただけではありません。

周りの人に相談しにくいこともあるでしょう。

その辛い思いを誰かに話すだけでも気持ちは楽になります。