RanQ


山中所長、給与全額を当面寄付 iPS論文不正問題で

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 104View

京都大iPS細胞研究所(CiRA〈サイラ〉)の特定拠点助教の論文に捏造(ねつぞう)や改ざんの不正があった問題で、山中伸弥所長が自らの給与の全額を今月から当面の間、研究所の基金に寄付する意向であることが、25日分かった。

山中所長が自身の給与を寄付するのは、iPS細胞の医療応用に向けた研究に役立てるために広く寄付を募る「iPS細胞研究基金」ぇあり、論文の捏造や改ざんが認定された研究に使われた研究費310万円のうち約230万円がこの基金から支出された経緯がある。山中所長はマラソン大会に出場した際などに研究への支援の呼びかけと、寄付集めに取り組んでいる。

あなたにおすすめの記事