RanQ


新入社員が仕事を辞めてしまう3つの理由とは

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 418View

平成24年度の大卒の新規卒業者を対象に厚生労働省が調査した

「新規学卒者の離職状況」によれば、入社後1年目の離職率は13.1%、

同じく入社後3年目の離職率は32.3%という数字が出ています。

 

せっかく入社しても、全体の約30%もの新卒者が4年未満で辞めてしまうという事実は決して少ないとは言えません。

そこで今回は新入社員が仕事を辞めてしまう理由で、特に多い理由を3つご紹介します。

 

1 仕事の内容

1つ目は「仕事の内容」です。

入社前に思い描いていたものと、実際に入社してから任される仕事が自分の理想とかけ離れていたり、

希望する部署に配属されなかったりという、

「現実とのギャップ」が退職に繋がりやすい傾向が見られます。

 

2 人間関係

2つ目は「人間関係」です。

同僚だけでなく上司に対して不満を感じている人は多く、

パワーハラスメントに代表されるような近年問題にもなっている、

様々なハラスメントも含まれています。

3 労働条件

3つ目は勤務時間などの「労働条件」です。

休日出勤や残業といった時間外労働時間が長いだけでなく、

そこに強制的な面が見られると精神面で大きくマイナスに働く可能性が高くなります。

 

4 最後に

いかがでしたか?

他にも給料の不満も退職理由に繋がるなど様々な理由があります。

2年目、3年目と経験を積んでも昇給が見込めないといったこと以外にも、

手当や福利厚生への不満なども含まれるようです。

就職する際は、求人票やサイトを見てしっかりと調べてから仕事先を決めれば、

すぐに辞めたくなるということが少なくなると思います。

【公式】第二新卒エージェントneo