RanQ


転職に有利!女性にオススメの資格BEST3

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 600View

どんな仕事をやりたいかにもよりますが、資格は持っていると就職や転職で有利になります。

資格はスキルがある事の証明になります。

「パソコンのスキルがあります」と面接で言ったとしても、履歴書の資格の欄に何も書いてなければ信用はされません。

企業によっては資格の欄に何も書いてないことでマイナスになる場合もあります。

また、資格を持っていると転職した時に、スタートの給料が高かったりもします。

今の職場から転職したいと思っている方や、産後に育児が落ち着いたから働き始めたいと思っている方など、

新しく仕事を始めようとしている女性は多いと思います。

そこで今回は、女性におすすめの転職で有利になる資格をご紹介します。

受験料や勉強時間、難易度なども気になると思いますので、そちらも併せてご紹介していきます。

 

1 秘書検定

秘書に必要とされる幅広い知識やビジネスマナー、技能を持っていることが証明出来る検定です。

「秘書」と名前がついていますが、ビジネスシーン全般で使える、幅広いビジネススキルを網羅した検定内容なので、

業種を問わず、事務系全般で使える資格と言えます。

秘書検定は女性の資格というイメージがありますが、ビジネススキルを証明するという意味では、

男性も取っておきたい資格と言えます。

履歴書に書きたいのなら、2級は取っておきたいです。

秘書を目指すのであれば、更に準1級、1級を取っておくと安心です。

 

・勉強時間:4か月程度の通信教育、あるいは独学

・合格率:2・3級 50~60%程度、準1級 30%程度

・受験料:3級 2600円、2級 3800円、準1級 4900円

 

2 簿記

簿記とは、簡単に説明すると「会社のお金の出入りを記録・管理するための方法」が簿記です。

この資格を持っていれば、経理以外の総務部門などでも、基礎的な能力がある事をアピールできます。

将来プチ起業をしたい人や、旦那さんが自営業やフリーランスで仕事をしているという人は、

持っていると役立つ資格です。

簿記検定について調べると、日商簿記と全商簿記などが出てきますので、

社会人の場合は日商簿記検定を選びましょう。

就職、転職に有利になるのは3級が最低ラインです。

4級、3級だと企業によっては持っていないと同じと判断するところもありますので、

目指すなら2級を目指しましょう。

1級は非常に難易度も高く、税理士などを目指す場合でないならと取らなくても良いかもしれません。

 

・勉強時間:3級 通信教育で3か月程度、2級 通信教育で4か月程度、1級 通信教育で1年以上

・合格率:3級 35%、2級 30%、1級 8%前後

・受験料:3級 2800円、2級 4630円、1級 7710円

 

将来、経理職に就くために簿記3・2級の合格を目指すなら【Accountant's library】

3 医療事務

レセプト業務や医療従事者のサポート、カルテの管理など、

医療機関の事務員として働くために必要な知識を有していることを証明できる資格です。

「医療事務」には、歯科や調剤など、いくつか種類があります。

まずは以下3つを抑えておくと良いでしょう。

・メディカルクラーク

・医療事務管理技能検定試験

・診療報酬請求事務能力検定試験

病院だけでなく、検診センターや損害保険会社、健康保険組合など、

幅広い職場で活用できます。病院を始めとした医療機関は、

どの地域にもありますから、パートナーが転勤族の人などにもおすすめしたい資格です。

 

・勉強時間:6か月程度の通信教育、あるいは10日~3か月程度の通学講座

・合格率:50~60%

・受験料:3000~8700円

 

4 資格は有効に活用しましょう

いかがでしたか?

今回は転勤の際に有利になる資格をご紹介しました。

資格は必ずしも転職に有利になるとは限らないので、

自分の働きたい仕事に関係のある資格を取得するようにしましょう。