RanQ


英語力の養い方〜体験談から学ぶ〜①

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 60View

<定型文>

一朝一夕の努力では、英語力は身につきません。

そんなことはみんな知っています。 

では

英語力

をつけるには、どうすればいいのでしょうか。

 

まあ、「毎日適切な方法で、継続して英語を勉強すること。」と言ってしまえば、それまでなのですが......

ここでは、いろんな人たちがどこでどのように英語を学んだのかを書いていき、そこからみなさんが何らかのヒントを得られればいいなあと思っています。

</定型文>

 

そんな今回は、あるグアテマラ人のお話をしてみたいと思います。

彼がどのように英語を学んだのかを紹介していきます。

彼は特に勉強もせずに初めて受けたTOEICで満点を叩き出した強者ですが、

簡単に彼のプロフィールをいうと、グアテマラ人(よくメキシコ人と言われる)、今は日本の国立大学でロボット工学を学ぶ大学院生。元々はサーバーサイドのプログラムを書くプログラマーでした。TOEICを受けたのはたしか、現地の大学を卒業した年。母語はスペイン語。ラティーナですね。

1 彼がどのように英語力をつけたのか。

答えは

 

”GAME” (ゲーム)!!!!!

 

です。

 

俺/私、ゲームやらないしなぁ、と思っている方はこれから出す他の人の体験談の記事を読んで欲しいのですが、

もしあなたがゲーム好きな人であれば、参考になるかもしれません。

 

彼はゲームが大好きで、スーパーマリオから凝ったRPGまで幅広くゲームをしていたそうです。(今は、研究が忙しくてあまりしていないが。)そしていろんなゲームをしていた彼に聞いていく中で気づいたことがあります。

次に言うことが、結構この記事の肝となるのですが、

彼は「RPGなどのストーリーとして進めていくゲームでより多くの英語を学んだ」、と言っていました。

ここから言えるのは、①全てのゲームを英語でプレイし、②英語をゲームのストーリーが進んでいく中で学んでいった、ということが言えると思います。

 

このようにして、英語力がついていくメカニズムを簡単に分析すると

①ゲームは楽しいので、やり続ける。←結構この要素は重要

②したがって、わからない単語がある時は進められない。

③よって、単語を調べる。

④いろんな英語の表現方法を習っていく。

 

またゲームを英語ですると、ゲームの音声、字幕を一度に経験することができるので、ゲームを進めていくうちにいろんな英語力がついていくのです。また、オンラインRPGなどでは世界のゲーマーたちとチャットや会話をしながら進めていくようなものもあるので、ある程度の英語力がつくのは間違いなしです。また、ゲームでは相手と面と向かって話す必要もなく、まずは英会話自体を楽しめるのではないかと思います。

具体的なゲーム名を言うと、「Secret of Mana」「Tales of」「Chrono Trigger」などが挙げられます。どれもストーリーが豊富で、長時間楽しめるゲームです。また、ゲームをしながらも、英語を勉強しているのだと自分に言い聞かせればそんなに罪悪感を感じなくて済むのではないでしょうか。みなさんも実際にやってみるのはいかがでしょうか?

2 まとめてみると。

 

・英語を学んでいくには継続が必要

・継続するには楽しめたりするやり続けられるものが好ましい(この点でストーリー系のゲームが良い)

 

なので、実際には音楽が好きなら、歌詞を調べてみて、歌詞の意味まで理解し、それが完全に英語で歌えるようになることも立派な英語力向上につながるものであります。映画が好きなら英語も音声も字幕も英語にして(音声なしでもいいけどレベルが高い)、映画を見ることに挑戦してもいいと思います。

いろんな英語力のつけ方があり、その英語学習法はあなたに合うものもあれば、合わないものもあります。しかし、言えることは自分が楽しみながら続けられて、楽しみながら英語と触れ合い、英語力をつけていくことは素晴らしいと言うことであります。

 

***誤解しないで欲しいのは、ゲームや音楽、映画を見るということだけではもちろん、英語力はつきません。これはあくまで英語を勉強する動機になるものであり、根本的にあなたの英語力を上げるものではありません。しっかりと勉強したことをゲームや音楽など自分の趣味に反映しながら楽しく学んでいくという動機に過ぎないのです。それを忘れないようにしてください。***

 

3 最後に、グアテマラってどんな国?

 

日本でこの国旗を見たことがある人がいるとすれば、おそらくファミリーマートの中ではないでしょうか。

ファミリーマートのコーヒーメーカーの上の看板(?)みたいなところに描かれています。

そう、グアテマラはコーヒーがすごく有名なのです。

グアテマラは中米に位置する小さな国。

ここら辺は国が密集していて覚えるのが大変そうな地域です。メキシコ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルと国境で接しています。グアテマラのことあんまり知らないよ〜って言う人がいると思うのでちょっとだけ紹介したいと思います。

 

公用語はスペイン語で、主要な宗教はカトリック。人種はマヤ系先住民が一番多くの割合を占めており、それからメスチソ・ヨーロッパ系が来る。ここに出て来るグアテマラ人はメスチソ(?)です。また、上からも分かる通り、主要な輸出品はコーヒー、そのほかは砂糖とバナナ。

 

コーヒーに興味がある方は是非、見ていただきたいです。グアテマラのコーヒーは甘い香りと力強いコクで高いことで知られているそうです。このサイトは結構コーヒーに詳しく描かれているので、見てみてください。coffeemecca

Thumb thumb illust 52

英語郎

エイゴでイロイロなコトやろう。 何か記事への質問・意見・感想などがあればここまで。 ツイッターで@eigorou_source