RanQ


そうなの!?実は安定していない4つの職業

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 813View

資格をとったり、就職したら安定する仕事あるというのは聞いたことがあると思います。

ただ、それらの仕事は本当に安定しているのか。

実際のところ、やってみないとわからないと思います。

「頑張って資格を取ったけど、思っていたのと違う」

ということになってしまわないように、今回は実は安定していない仕事についてご紹介していきます。

 

1 会計士・税理士・弁護士

これらの資格系職業は安定しているかと思いきや、そんなことはありません。

稼ぐ人とそうでない人で二極化してます。

サラリーマンとして勤めるなら激務だけど安定、それなりに高給。

個人事務所でやるなら、世襲か高学歴かコネのどれかが必須です。

そうでないと仕事が取れません。

理由は需給バランスが崩れていて二極化している業界だからです。

民間企業よりもひどい。稼げる人は年収1億超えるが、そうじゃない人は辛いです、、

 

2 弁理士

弁理士の資格自体は需要があり、安定した職業と言えます。ただ問題は激務すぎること。

多くの場合、民間企業がクライアントになるのですが、扱いがひどい。

大量の宿題を押し付けられ、仕事が山積みになります。

それなら人を増やせばいいだけなのですが、業界自体が慢性的に人手不足なので厳しいでしょう。

 

3 公務員

公務員の一般的なイメージは、

・仕事が安定(リストラなし)

・定時出社

・高給

・福利厚生も充実

というのがあります。

しかし実際のところは給料も安ければ、大した福利厚生もありません。

さらには公務員だからといって必ずしも定時退社できるわけではなく、

民間企業と同じく部署や上司によります。

 

4 医師

まず医師の職業自体は安定しています。

ただ、ワークバランスの悪さと、年収が低いです。

医師の年収は、平均年収だと1100万程度です。

これは一般的には高いと言えるでしょう。

ですが私は低いと考えます。なぜなら激務だからです。1日8時間労働、完全週休2日制で平均1100万円であれば、

納得できますが、医師の仕事並みに安定していて年収も高い民間企業はたくさんあります。

 

5 最後に

いかがでしたか?

仕事はたくさんあるので、しっかりと調べたり、見極めることが大事です。

この記事が今後に活きれば幸いです。