RanQ


仮想通貨やるなら持っておきたいアイテムLedger nanoSメリット・口コミ

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 1266View

皆さんは購入した仮想通貨をどのように管理しているでしょうか?

恐らくそのまま取引所に保管しているという方が大半だと思われます。

株式投資やFXをしたことがある人はもちろんですが、自分たちの資金を管理する証券会社は金融庁の監督の元つねに厳しい監視の目にさらされており、仮に証券会社が倒産したとしても私たちが預けていた資金は全額帰ってきます。

しかし、仮想通貨法がようやく施行されたのは、2017年9月です。

法整備がこれから進むでしょうが、まだ100%信頼のおけるものではありません。

2014年のMt.Gox事件のようにもし取引所になにかあった場合預けていた仮想通貨資産が引き出せなくなったする可能性がまだ0ではないのです。

 

では、どうすれば自分の保有している仮想通貨資産を安心安全に保管できるのかというと、それはハードウェアウォレットで保管することしか今のところありません。

なので取引所で仮想通貨を購入しハードウェアウォレットで管理するというのが、現状の最適解だと思われます。

そしてこのハードウェアウォレットの中で一番重宝しているのがLedger NanoS (レジャー・ナノS) なのです!

 

1 レジャー・ナノって?

レジャーナノSとは、フランスのLedger社によるUSB型仮想通貨ハードウェアウォレットです。

このハードウェアウォレットで仮想通貨を保管すると、仮想通貨の送金を物理的に機器と承認作業を経て行うため、Ledger nanoSを使うとビットコインを始めとするイーサリアム・ライトコイン・リップルなどの主要仮想通貨を安全に保管・使用することが可能となります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の送金に必要なのは「秘密鍵」ではなくて、「秘密鍵」での「署名」なのでLedger nanoSで署名をしてしまえばLedger nanoSから「秘密鍵」を出さなくても送金ができます。

ハードウェアウォレットはPCと物理的に隔離されており、電源もUSBでPCと繋いだ時のみ起動するので外部からハッキングなどで不正操作される可能性がありません。

 そして、ハードウェアウォレットはパソコンからの「署名してください」という命令をうけ、端末にあるボタンで本当にしてもいいのかを確認し、許可されれば署名したものをパソコンに返します。

なので、たとえばPCがウイルスに感染してしまったとしても、「秘密鍵」は盗めないのでウォレット内の仮想通貨を安全に保管できるというわけです。

そのため、ハードウェアウォレットであるLedger nanoSは仮想通貨で大金を保有するのであれば絶対持っておきたい逸品だといえるのです。

 

 

2 Ledger nanoS(レジャー・ナノS)の口コミは?

 

 

 

 

このように仮想通貨取引を行っている方は、 Ledger nanoS(レジャー・ナノS) を使うことでやっと安心できるみたいですね!

設定から送金まで1時間ほどかかると書いてありますが、それは安全と安心を獲得するためには、仕方がないのです。

逆に言えば1時間我慢ずれば、勝ち組です。

 

 

 

最後に、仮想通貨取引をするならQUOINEX がおすすめです。

QUOINEX なら手数料も掛かりませんし、口座開設も無料なので、初心者の方でも安心して取引できます。

更に、通貨ペア数が業界最大の22種類もあります。他の仮想通貨取引所は3種類とかです。

何よりセキュリティーが尋常じゃないです(笑)

コインチェックで色々あったので、QUOINEXの人気が右肩上がりです。

 

 

 

新規の取引所を探している方、取引所の併用を考えている方、仮想通貨取引をしてみたいと考えている方は、【QUOINEX】 での口座開設を考えてみてはいかがですか。  口座開設に掛かる料金は0円です!

 

【QUOINEX】アジア圏最大級のビットコイン取引所! 口座開設無料!