RanQ


会社に勤めながら副業をするには?稼げる副業って何?

  • Thumb pak75 dashsuru220140823111434 tp v
  • 2
  • 1536View

大手企業の「副業を解禁」に関することがニュースとして取り上げられたり、会社員として働きながら副業を考える人も増えてきています。

そこで、会社員をしながら副業するには何がいいのでしょうか?

今回は、会社員にオススメの副業を説明していきます。

1 まず会社員が副業をする上で注意すること

会社員が副業をする上で注意する点は2つあります。

 

1つ目は就業規則で禁止されていないかどうかです。

世の中的に認められ出した副業ですが、未だに会社によっては就業規則によって副業が禁止されています。

副業が就業規則などで禁止されている場合は、勝手に行えば処分の対象となることもあります。

では、副業が会社にバレることはあるのでしょうか?

結論から言うと、あり得ます。副業が成功すればするほどバレるリスクは高まります。

副業がバレる原因としては会社の同期や先輩・後輩の密告、住民税が見るからに高い場合などで発覚するというのが主にバレる原因です。

 

2つ目は何のために副業をするのかです。

会社員が副業をする意味はちゃんと考えましょう。副業をすることで副収入を得るメリットがあります。

しかし、それだけではありません。副業をすることにより本業ではできない経験を積むことができます。

新たなスキルを獲得したり、人脈を構築したりする機会になり得ます。その取り組みが本業にも活かせるかもしれません。

ただし、重要なのは副業が本業に支障をきたしてしまうのでは本末転倒です。無理をしない程度で1日2〜3時間程度を目安に副業をするのがオススメです。

 

今は、色んなサービスが立ち上がり各業界が急速に成長しているので、誰でも、どこにいても、手軽に簡単にお金を稼ぐことができる時代になりました。

そこで、私がオススメする副業を紹介していきます。

2 会社員にオススメの副業①:投資(投機)

副業をするといえば必ず思い浮かぶのが投資、というよりかは投機です。

投機で有名なのはFXですね。一定時間後の価格が今より上か下かを予想するだけなので素人でも簡単に参加できます。

為替であれば、動きに規則性のある場合がありますので、着実に資産を増やす人も中にはいます。

しかし、お金の掛け方を間違えると破産する可能性もあります。

投機はハイリスクハイリターンなのでつい熱くなる人には向いてません。

投機で稼ぐコツは「勝つ」のではなく「負けない」心理です。

 

投機が向いている人

◯熱くならない人(感情的にならない人)

◯お金にそれなりに余裕のある人

◯分析が好きな人

◯世界情勢を調べるのが好きな人

 

3 会社員にオススメの副業②:クラウド・ソーシングによる在宅ワーク

インターネットの発達でクラウド・ソーシングを利用すれば、誰でも在宅でのワークが可能な時代になりました。

また、ネットがあればどこでもできるので、外出中や勤務中にも副業ができます。

クラウド・ソーシングとは、仕事の依頼者(クライアント)がネットを通じて広く仕事を募集し、ネットを見た人が自分のスキルや余裕時間にできそうな仕事を見つけて応募するシステムのことです。

仕事の種類はウェブやロゴの作成など専門的なものから、簡単なデータ入力やブログの作成など多岐にわたり、報酬も多種多様です。

自分のスキルを活かしたい方、自分の好きなことを仕事にしたい方にはオススメです。

未経験者でもできるので、新しくスキルを身に付けたい方も気軽に行えます!

クラウドソーシングが気になる方は業界最大手の「クラウドワークス 」を一度見てください。

クラウドソーシングについて詳しく説明されています。

 

クラウド・シーシングが向いている人

◯自分なりのスキルがある人

◯期日をしっかりと守れる人

◯仕事を妥協しない人

◯向上心の高い人

 

4 会社員にオススメの副業③:アフィリエイト

ネットを利用した副業は、とても手軽に行えます。

その中で最も代表的なのがブログやwebサイトによる広告収入(アフィリエイト)です。

基本無料で始められるので一度はやってみて損はないかと思います。

しかし、本気で稼ごうと思うといろんな技術を駆使する必要があります。

どうアクセスを増やすか、どうしたら最後まで読んでもらえるか、どうしたら商品を魅力的アピールできるか。

文章を書く能力が試されます。

すきま時間を利用して行えるために、時間に縛られるこたがない利点があります。

サイトを立ち上げてから半年はほとんど稼げないので、根気よく続けることが重要です。

続けるコツは自分の好きなこと、興味のあることを書くことです。

書き続ければ自分の考えと共感してくれる読者が増えて、大人気ブログに成長するかもしれません。

そうなれば会社を辞められるくらいの収入になります。

広告収入(アフィリエイト)に興味のある方は業界最大手の「A8.net 」を一度見てください。

アフィリエイトでの稼ぎ方やサイトの立ち上げ方などすべて教えてもらえます。

 

アフィリエイトが向いている人

◯コツコツ積み重ねができる人

◯文字を書くのが好きな人

◯デザインを考えるのが好きな人

◯調べ物が好きな人

5 会社員にオススメの副業④:せどり

短期間で即金を生み出したいという方にはせどりがオススメです。

せどりとはいわゆる転売です。

せどりは「安く仕入れて高く売る」というビジネスの基本が学べるためとても勉強になります。

しかし、せどりは日本ではイメージが悪いため、せどりをやっていることを言いふらすはあまり好ましくありません。

せどりをする際は仕入れが必要なので最低でも10万円は用意しておきましょう。

せどりにとって一番重要なのはリサーチです。

いかにニーズのある商品を見つけ出し安く購入するかがキモになります。

またせどりをするときは何がどれだけ売れているか分析する必要があります。

そこで分析をする上でツールを用いると簡単に分析できます。

Storoid(ストロイド) という解析ツールがオススメです。

ストロイド使えば商品の種類ごとに市場分析ができるため、一個一個ちまちまと探す必要がなくリサーチがすごく楽になります。

マニュアルがついており2カ月に1回のリアルタイムセミナーで直接質問ができるので使えない心配もありません。

月額9,800円と少し割高ですが市場調査の手間が省けるなら安いものです。

 

 

せどりが向いている人

◯短期間でお金を稼ぎたい人

◯ビジネスの基本が学びたい人

◯ネットサーフィンが好きな人

6 会社員にオススメできない副業①:MLM(ネットワークビジネス)

副業の中で最もオススメできないのがMLM(ネットワークビジネス)です。

ネットワークビジネスはビジネスモデルとしては優れているのですが、普及当時に強引な勧誘があったため日本ではネズミ講やマルチといった悪いイメージが付いています。

もちろん稼いでいる人もいるので、努力次第では稼げないことはないですが、多くの人は偏見の影響でビジネス自体を挫折してしまいます。

悪評の中でもやり続けることのできる心の強い人なら成功する可能性があります。

ネットワークビジネスで稼げている人

◯友人(紹介する人)が多い人

◯悪評にも耐えられる人

◯ダウンのフォローがしっかりできる人

圧倒的カリスマ性がないとMLMでは成功できないですね。

 

後、ネットワークビジネスは自分でも製品を買わないといけないため、ランニングコストが発生するのもオススメできない理由の一つです。

ネットワークビジネスで成功したいなら新規で立ち上がったネットワークビジネスに属するのが最速で成功する方法ですね。(しかし、新規で立ち上がったものは詐欺案件のものも非常に多いので気をつけましょう。)

 

7 会社員にオススメできない副業②:不動産投資

不動産投資も稼げるビジネスですが、金銭的リスクが大きすぎるため会社員にはオススメできません。

不動産による家賃収入はかなり魅力的ですが、住宅ローンを組んで何千万もの借金を背負うのは非常にリスキーです。

ローンの支払いによって生活が圧迫されてしまっては元も子もありません。

今の時代ではアフィリエイトやコンテンツ販売といった自動で収益が上がる仕組みを持ったネットビジネスに取り組むことで、ほとんどリスクを持つことなく、ネット上に不動産を構築することができるわけですから。

手始めにネットビジネスをして、お金を稼げるようになってから税金対策として不動産を購入しましょう!

 

 

いかがでしたか?

会社員は空いた時間を使って副業することになるので、使える時間も多くはありません。

なので、短い時間で稼げる副業をするのがオススメです。

自分が何を副業に求めるのかを考えた上で副業ライフを行なってください!

Thumb pak75 dashsuru220140823111434 tp v

副業をするサラリーマン