RanQ

51pdab3b2gl

先行き不透明なこれからの時代を予測するための必読書4選

  • Thumb img 0691
  • 8
  • 1834View

時代の変化のスピードは年々早まっています。IT革命、バイオテクノロジー革命をはじめ、新しいもの・企業が生まれては消え生まれては消えを繰り返しています。

5年後10年後の未来を正確に予測することはなかなか難しいですが、コツを掴めばある程度予測できるようになります。

今回はその力を身につけるためにオススメの本を4冊紹介しましょう。

1 未来に先回りする思考法

メタップスの佐藤航陽さんの著書。世の中の仕組みを解明するための手段としてビジネスを選んだという佐藤航陽さん。思考の精度の高さに脱帽します。

そして何より平易な文章でとっても読みやすいです。

2 マッキンゼーが予測する未来

​​​​​​

政治、経済、社会、技術などの様々な切り口から現状分析と、近未来予測を展開している本。

緻密なデータを元にした分析が続くため、読み応えがありますが、人によっては退屈かもしれません。

3 マーケット感覚を身につけよう

社会派おちゃらけブロガーちきりんさんの本。中でもこの本は随一です。

姉妹本の「自分のアタマで考えよう」「自分の時間を取り戻そう」もオススメです!

4 WORK SHIFT

リンダ・グラットンのワーク・シフト。

2025年に向けて書かれた本ですが、緻密なデータを元にこの社会がどう変化していくのか予測し、それを元にどう働くべきかを説いています。

こちらもLIFE SHIFT<100歳時代の人生戦略>という姉妹本があります。