RanQ


2018年 モナコインが伸びるかもしれない

  • Thumb thumb illust 52
  • 3
  • 47934View

モナコインは2014年にスタートした「純国産」の仮想通貨です。

唯一の国産の仮想通貨なのです。

2017年はじめには10円程度だったものが、年末には、1,000円以上まで高騰しました。

しかし、その伸びしろはまだまだ計り知れず、「まだ安い」仮想通貨です。

 

そんな日本代表の仮想通貨モナコインが2018年延びるかもしれない理由を紹介します。

 

モナコインほしいいいいいい

 

コインチェックやZaifなどの取引所で様々な問題が発生しましたね。

そんな時だからこそ、安心して仮想通貨を保有したいですよね。

そんな方には、ビットポイントという取引所がおすすめです。

 

➤ビットコインを購入するならBITPOINT

 

 

 

1 モナコイン(Monacoin)って?

モナコイン(Monacoin)とは2014年にスタートした仮想通貨のことです。

スタートからしばらくは10円にも満たない価格で2ちゃんねるを中心に趣味的に利用されていました。

モナコインは、自分の好みの絵や音楽を作るクリエイターに少額投げる、「投げ銭」と呼ばれる寄付のような使われ方がされていました。

「この人おもしろいな~10モナ投げよう」こんな感じで気軽に使われていました。

 

当時10モナと言えばせいぜい100円程度。

しかし今、10モナはいくらになるでしょうか?ぜひ現在の価格にかけて計算してみてください(笑)

ビットコインは多くの人に名前が知られ価格も大幅に上昇しましたが、それでもまだまだ発展途上と言えます。

そんなビットコインよりもさらに発展途上なのが「モナコイン」です。

ビットコインをもっと早く知っていれば…そんな思いを持つ人はこのモナコインに注目してみるといいと思います。

ビットコインには決済までに10分ほど時間が掛かってしまいます。

しかし、モナコインは90秒しか掛かりません。

ビットコインの決済の長さは大きな弱点であり、それを克服したコインであるということは非常に重要です。

しかも純国産なので安心です。

 

2 発行上限量

基本仮想通貨には「発行上限量」が設定されています。

数に限りがあるものは需要に伴ってどんどん価値が上がっていくのが必然ですよね。

ビットコインの発行上限量は2100万枚であり、それ以上の発行は仕組み上不可能となっています。

モナコインの場合は約1億枚と、ビットコインの5倍ほど多く設定されています。

つまりビットコインとモナコインの需要が仮に同じになったとすると、ビットコインの1/5の価格が期待できるということです。

実際には1/1000程度の価格がついていますが、モナコインのポテンシャルを考えるとこれはあまりに低すぎるでしょう。ぜひ早くから手を付けて起きましょう(笑)

 

モナコインは現在世界でも注目され始めています。

発行上限量が決まっているため、人気になればなるほど、1枚あたりの価値が高くなっていきます。

 

3 大物トレーダーも1000万円分購入

 

 

超大物トレーダーは「ネタ」と言っていますが、ネタで1000万円分も購入するでしょうか??

この人は基本的に流れを読むトレーダーなので何か見えていて、今後に期待しているのだと思います。

 

その後のツイート

すっかりモナコインにハマっていますね(笑)

このトレーダーさんは、200億以上FXや仮想通貨で稼いでいるので参考にしてみるといいですよ。

他にもSNS等で参考になる方は沢山いるので、調べてみて下さい。

 

4 まとめ

結論から言うとモナコインは将来性に溢れています。

大手取引所「bitFlyer」が海外展開し、そちらでもモナコインを取扱いを予定。

モナコインと交換して得られるXMPというコインが複数取引所に上場する可能性。

それでいて時価総額がまだ低いというところ。

私は、今後急激にモナコインは伸びてくるんじゃないかなって密かに思っています。

 

最後に、モナコインはビットバンクで取引可能です。

モナコインを扱っている取引所はほとんどありません。

ビットバンクなら取引手数料も掛かりませんし、口座開設も無料なので、初心者の方でも安心して取引できます!

 

 

 

 

このように、コインチェックからビットバンクに移動した方が多いそうですね!

これは、ビットバンクのセキュリティーの高さを物語っていますね!

 

あの仮想通貨億万長者の矢沢翼さんも

ビットバンクを推しています。

 

私もビットバンク愛用者なのですが、手数料無料が地味に助かります(笑)

5 仮想通貨取引所はもはや一択

仮想通貨取引所おすすめはビットポイントです。

ビットポイントは2017年9月29日金融庁に正式に仮想通貨交換事業者として登録されました!

 

プロの投資家は

ビットバンクはモナコイン用

ビットポイントはリップル用

などと使い分けています。

 

なんと今なら

3000円相当のビットコインが貰えます!

しかも取引所で唯一電話サポートもしてくれます。

些細な質問も直接聞くことが出来ます。(優しい・・・)

 

新規口座開設でもらえる3000円分のビットコインで

仮想通貨取引に慣れてみるのもいいですね!

 

 

BITPointは現在5種類の通貨を扱っています。

取り扱い通貨

BIPPoint

今後に超期待の出来るイーサリアムも取引可能なので、

今のうちにビットポイントでイーサリアムを所持しておくといいでしょう。

 

 

BITPointメリット

・全ての手数料が無料(現物やレバレッジ、FXなども)

・レバレッジ最大25倍まで可能

・スマホアプリが初心者でもとても使いやすい

・セキュリティーが異常なほど強い

・いつでも電話対応してくれる

・新規口座開設で3000円相当のビットコイン

 

ビットポイントのメリット最大のメリットは、

セキュリティーの高さです!

金融商品取引業者水準のセキュリティ体制と、安定したサーバーを持っています。

セキュリティーが高いからこそ

多くの大口投資家が愛用しているのです。

 

コイ〇チェックのように

仮想通貨が流出してしまうようなことがあったら

大損ですからね!

 

▶︎ビットポイントってぶっちゃけどうなの?www

 

 

BITPointデリット

・クレジットカード入金が出来ない

日本のCoincheckやBitflyer、Zaifなど日本の大手取引所はどこもクレジットカード入金に対応しています。

クレジットカードで入金すると通常8%ほどの手数料を取られるので私は使った事は無いのですが、不便と感じる人はいるかもしれません

 

 

 

 ビットフライヤーやコインチェックから

Bitpointに乗り換える人か多いみたいです!

 

あなたもBITPointが人気になりすぎて

口座開設が有料になる前に口座作ってみてはどうですか?

 

 

口座開設方法

ビットポイントにアクセスする。 

②基本情報・口座情報を登録する。

③運転免許証などの本人確認書類をアップロードする。

④住所確認のために郵送されるハガキを受け取る

⑤銀行振り込みでBITPointに入金し、取引を開始する。

 

口座開設はこちら⇩⇩⇩

➤BITPoint口座開設(無料)はこちら

 

非常にオススメな仮想通貨取引所です!

 

 

関連記事:BITPointってぶっちゃけどうなの?www 

 

6 モナコイン取引は何歳からOKなの??

株式の場合、
現物取引であれば未成年でも可能ということになっています。

 

手放しにOKというわけではなく、

親の承認を得て、
さらに親の責任の上で取引を行うということで
それが可能になっています。

 

また、FXに関しても
取引の方法によって年齢制限が設けられていることがあります。

18歳から可能なものも存在するようです。

どちらかというと、
多くの人が取引をするということに寛容な感じですよね。

 

では、モナコイン取引はどうなっているのか?
ということですね。

 

モナコイン取引に関しましては、
実は年齢制限が存在します。

成人になっていない人は
モナコイン(仮想通貨)の取引ができないのです。

 

仮想通貨の取引所の登録には、

マイナンバーカードや免許証の提示が絶対なので、

偽装は不可能です。

 

もしあなたが20歳未満なら

成人するまで、モナコイン取引は、我慢しましょう!