RanQ


安定している仕事ってなんだろう?職業マニアが調べてみた

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 722View

一般的に「安定している仕事」とは、

・年収が高い

・リストラがない、少ない

・離職率が低い

・ワークライフバランスに優れる

・転職先がある

を満たす職業だと思います。

以上を踏まえて、今回は安定している仕事をご紹介します。

 

1 食品メーカー大手企業(総合職)

JT、味の素、キッコーマン、江崎グリコ、キリンビール、アサヒビール、サントリー、

明治グループなどの企業。これらの企業は安定感抜群です。

そして年収も仕事量の割に高いです。福利厚生も充実して、犯罪さえ犯さなければリストラもない。

生活になくてはならない食品を扱うため、もはやインフラ業界としたほうがいいかもしれません。

ただ難点なのが、国内外への転勤がつきものという点です。

地元にとどまりたい人は、地域総合職にした方が良いでしょう。

 

2 JR各社(総合職)

リストラもなければ年収も高い。福利厚生も充実しており、仕事もそれなりです。

ただ、こちらも難点は地域内での転勤がある事です。

一か所に留まりたい人は地域採用にしましょう。

ただ、高卒一般職で就職、転職するのはお勧めしません。

安定はしているものの変則勤務が基本なので、一般職にはイマイチな環境です。

 

3 石油元売メーカー大手(総合職・一般職)

JXエネルギー、出光興産、昭和シェル石油、東燃ゼネラル石油のことです。

ガソリンや軽油、灯油、基礎化学品を作るメーカーで業界大手の企業。

国内のガソリン需要は減り続けるもののゼロになる事はないため、

合弁によりプレイヤーの数を減らして業界再編が進むと、

その後の見通しは明るいです。もちろん、その過程でリストラも行われるでしょう。

ですが、これから就職を考える若い世代はリストラ対象者にはならないので安心してください。

こちらも難点は、転勤があることです。

ただし高卒一般職は転勤なしですが、その代わりにリストラの可能性があります。

 

4 最後に

いかがでしたか?

やはり大手は間違いないので、内定もらえるよう頑張ってください。

次回は実は安定していない仕事についてご紹介します。

第二新卒・若手に強い転職サイト