RanQ


【2018年】仮想通貨(ビットコイン)取引所おすすめ比較ランキング5

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 1489View


そろそろ仮想通貨を買ってみたいけれど、どの取引所選んだらいいのかわからないという人も多いと思います。

そこで今回は、初心者におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。

 

 

1 取引所の選び方!失敗しない4つのポイント

取引所を選ぶ際は、

・セキュリティーが安全かどうか
・取扱コインの種類
・アプリやツールの使いやすさ
・取引き手数料の安さ

という4つのポイントでチェックすることが大切です。

 

・セキュリティーが安全かどうか


まず重要なのが「セキリティー体制が万全かどうか」という点です。

 

仮想通貨の取引所は。常に外部からハッキングされるリスクに晒されています。世界中の優秀なハッカーが取引所から何十億、何百億に値する仮想通貨を盗もうとしているわけです。

取引所を通して仮想通貨を取引するということは、取引所にお金を預けるということです。預けた資産がなくなってしまっては話になりません。取引所がユーザーの資産を安全に管理しているかをきちんとチェックしておきましょう。

また、セキュリティ体制だけでなく、取引所の運営企業の経営状態が健全かどうかも確認しておきましょう。仮にセキリティ体制がしっかりしていても、取引所が潰れてしまったらお金は戻ってきません。ですから、しっかりした経営状態かどうかを確認することも大事です。

 

 

・取扱コインの種類


自分が売買したいコインが取り扱われているのかは重要です。
ビットコインやイーサリアムなど主要なコインについてはほとんどの取引所で購入できます。しかし、ビットコイン以外のアルトコインを売買する場合は取引所も限られています。


今後将来価値が高くなるアルトコインが出てくる可能性もありますし、ビットコイン以外の仮想通貨がどれくらい扱われているかも大事なポイントです。

 

 

・アプリやツールの使いやすさ


頻繁に取引を行うのであれば、取引所の使いやすさも大事です。
特に、時間が限られてる人は隙間時間にスマホアプリでサクっと簡単に売買したいですよね。ほとんどの取引所ではウェブサイトのみならずスマホアプリでも取引ができますが、「操作がしやすいか」、「画面が見やすいか」などは取引所によって全然違います。
ストレスなく取引するためには、自分のが使いやすい取引所を選ぶと良いでしょう。

 

 

・取引き手数料の安さ


仮想通貨を取引する時に発生する手数料が安いかどうかをチェックしておくのは大事です。
特に、頻繁にトレードを行うつもりなら、回数の分だけ取引手数料がかかるので手数料が安い取引所を選ぶ必要があります。

 

たとえば、取引手数料「1%」と聞くと、たいしたことないやと思うかもしれません。
しかし、コインの価格が高騰したり、取引回数が多くなれば、手数料が積み重なって数万、数十万と膨れ上がる可能性もあります。取引所を選ぶ最初の段階でしっかり手数料をチェックしておきましょう。

 

 

2 1位 ビットフライヤー(bitflyer)


ビットフライヤーは、日本で初めて設立された国内最大手の仮想通貨取引所。ビットコインの取引量、ユーザー数ともに3年連続で国内ナンバーワンです。

 

・セキュリティレベルが高くて安心


ビットフライヤーの強みは、セキュリティーレベルが高く安心して使える点です。
ビットフライヤーはリクルート、みずほ銀行、SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けており、資金が充実しています。お金があるということは、それだけ他の取引所よりもセキュリティ面に力を入れることができるんです。

さらに、三井住友海上火災保険と保険契約を締結しており、もしものことがあっても500万円までは保証されています。Zaifやコインチェックなどの他の主要な取引所も補償はしていませんから、やはり補償精度にりからを入れているビットフライヤーはかなり安心できます。

 

・「見やすい画面」と「簡単な操作」で使いやすい


また、他の取引所と比べても操作が簡単で圧倒的に使いやすいです。専用のスマホアプリもあるため、スマホでチャートを確認したり、取引を行うことができます。

 

・お得にビットコインをもらえるサービスも充実


また、ビットフライヤー経由でネットショッピングをすれば、ビットコインを貯められるサービスも行っています。飛行機に乗るともらえるマイルと同じですね。
たとえば、じゃらん、楽天トラベル、ZOZOTOWNなどサービスをビットフライヤー経由で利用するだけで、無料でビットコインが貯められるんです。

 

国内ナンバーワンの実績、高いセキュリティレベル、使いやすいアプリ。どれをとってもオススメできる、仮想通貨を始めるなら一番最初に登録すべき取引所です。(僕も一番最初はビットフライヤー から登録しました)


 

 

 

 

 

【ビットフライヤーの基本情報】
取り扱いコイン 7種類(BTC・BCH・ETH・ETC・LTC・MONA・LSK)
取り扱い手数料 0.01%〜0.15%
出金手数料 216円~756円
レバレッジ 最大15倍
入金方法 銀行入金、コンビニ入金、ペイジー入金、クレジットカード

 

 

3 2位 Zaif(ザイフ)

Zaifは、テックビューロ社が運営する仮想通貨取引所。安い取引手数料とコイン積立が特徴的です。

 

・取引手数料がマイナス?

Zaifの最大のメリットは、取引手数料が圧倒的に安いことです。ビットコインの取引手数料が無料どころかマイナスなんです。
「どういうこと?」と思う人もいるかもしれませんが、つまり取引をすればするほど、Zaifから手数料がたくさんもらえちゃうんです。すごいですよね。
また、ビットコインだけでなく、他の仮想通貨の手数料も全体的に安い傾向にあります。できるだけ、手数料を抑えたいという人にはZaifがオススメです。

 

 

・仮想通貨の自動積み立て

そして、他の取引所にはない特徴として、毎月自動で仮想通貨の積み立てができることが挙げられます。一度、コイン積み立てを設定してしまえば毎月一定額が引き落としされ、自動的に投資を行ってくれます。

 

仮想通貨は価格の変動が激しいので、少しずつ売買することでリスクヘッジができるんです。「仮想通貨ってな知らない間に値段が動いて自分で投資するの大変だなぁ」と思う初心者には心強いですね。


 

・アプリの使いにくさがデメリット

デメリットとしては、スマホアプリが使いにくいという問題点があります。ものすごく使いにくいというわけではないですが、サクサク使いやすい他の取引所と比べると少々難点です。

 

 

 

 

 

【Zaifの基本情報】
取り扱いコイン 5種類(BTC・BCH・ETH・XEM・MONA + 独自トークン11種)
取り扱い手数料 ー0.01%
出金手数料 350円~756円
レバレッジ 最大10倍
入金方法 銀行入金、コンビニ入金、ペイジー入金、クレジットカード

 

 

4 3位 バイナンス(Binance)

バイナンスは、2017年7月に設立された中国初の取引所です。最近設立されたばかりの取引所ですが、仮想通貨の取引量は世界でもトップ5に入る人気急上昇中の取引所です。

 

・取引手数料があらゆる取引所の中で一番安い


バイナンスの最大の魅力は、とにかく取引手数料が安いことです。全ての通貨の取引にかかる手数料はなんとたったの0.1%です。他の取引所と比較しても圧倒的に手数料安いです。
しかも、バイナンスが発行しているBNBトークンという独自通貨を保有していると、0.1%の手数料が半額の0.05%まで安くなります。はっきり言って破格の安さですね。

 

 

・取り扱い銘柄数は100種類以上


バイナンスに登録されているコインの数は100種類以上に及びます。日本国内では買うことができないコインも多数上場しています。今後価値が大きく上がる可能性のあるマイナーコインに投資したい人にオススメです。

 

・海外取引所なのに日本語対応されている


海外取引所だと英語表記で使いにくいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、バイナンスは海外取引所の中でも数少ない日本語に対応している取引所なので心配いりません。

海外取引所となると、ちょっと不安という人もいるかもしれませんが、バイナンスは取引手数料が圧倒的に安く、日本語対応していて、銘柄数も多い一番おすすめできる海外取引所です。
 

 

 

 

 

【バイナンスの基本情報】
取り扱いコイン 100種類以上
取り扱い手数料 0.1%
出金手数料 0.001 BTC
レバレッジ なし
入金方法 仮想通貨のみ

 

 

5 4位 bitbank.cc(ビットバンク)

最近、取引所の中でも人気が急上昇中のbitbankです。大手取引所と比べると知名度は低いですが、今後間違いなく有名になっていく取引所です。

ビットバンクでは、ビットコインの他、イーサリアム・リップル・ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュの全部で6種類の銘柄を扱っています。

 

・アルトコインの手数料が安い


ビットバンクの大きなメリットとして、アルトコインを他の取引所よりも安く購入できる点があります。

もちろん、他の取引所でもアルトコインの取引は可能ですが、アルトコインの販売所のため、高額な手数料がかかります。たとえば、コインチェックでリップルを購入するなら、5%〜10%はかかります。

ところが、ビットバンクはアルトコインの販売所ではなく、取引所なので手数料が安く済むんです。
特に、リップルに関してはコインチェックかビットバンクでしか購入できません。そして、リップルを一番安く購入するのであれば、コインチェックよりビットバンクです。リップルを買いたい人はビットバンクを登録しておいて間違いありません。

 

・今なら取引手数料がタダになるキャンペーン中!

さらに、ビットバンク では、全ペアの取引手数料がタダになるキャンペーンが2018年3月31日まで行われています。できるだけ安く取引したい、余計な手数料を払いたくないという人は早めの登録をオススメします。
 

 

 

 

 

 

【ビットバンクの基本情報】
取り扱いコイン 6種類(BTC・BCH・ETH・LTC・MONA・XRP)
取り扱い手数料 0%〜0.1%
出金手数料 324円~756円
レバレッジ なし
入金方法 銀行入金、クレジットカード

 

 

6 5位 DMM bitcoin(DMMビットコイン)

 

DMMビットコインは、大手企業DMMが2018年1月に設立した取引所です。

取り扱いコインは、ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュ など全部で7種類の通貨を取引できます。

 

・アルトコインのレバレッジ取引が可能


大きな特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができるという点です。実は、イーサリアムやリップルなどアルトコインのレバレッジ取引ができるのは、DMMビットコインだけなんです。

レバレッジ取引とは、小額のお金でも大きな取引ができる、ハイリスクハイリターンな投資です。DMMビットコインではレバレッジは5倍までですから、たとえば、10万円のお金を入金したら、50万円の取引ができるということです。

 

 

・取引手数料がほとんどタダ


DMMビットコインは取引の際にかかる手数料がほとんど無料です。発生するのはレバレッジ取引の手数料のみとなります。現物の取引手数料、入金手数料、出金手数料、全て無料です。

 

 

・使いやすいスマホアプリ


スマホアプリがシンプルでかなり使いやすいです。まだスマホでも取引に慣れていない人でも感覚的に操作できます。

 

・現物で取引できる通貨が少ないのが難点


レバレッジ取引は7種類全ての通貨で行えますが、現物取引についてはビットコインとイーサリアムしか行えません。

 

 

 

 

【DMMビットコインの基本情報】
取り扱いコイン 7種類(BTC・ETH + レバレッジ取引のみ(BCH・ETC・LTC・XEM・XRP))
取り扱い手数料 無料(レバレッジ取引のみ0.04%)
出金手数料 無料
レバレッジ 最大5倍
入金方法 銀行入金、コンビニ入金、クレジットカード

 

 

7 複数の取引所に登録しておくのが無難

ここまで5つの取引所を紹介してきましたが、仮想通貨の取引を始める上で重要なのは複数の取引所に登録しておくことです。

 

投資の世界では、リスクを分散させて資産を守っていくことは基本です。
どんなにセキュリティが万全な取引所だと思っていても、緊急時にサーバーダウンするリスクもあります。何事も100%安全ということはありえないので、複数の取引所に資産を分散させてあらかじめ対策を取っておくことが重要です。


また、複数の取引所に登録しておくことのメリットとして、アービトラージで稼げる点があります。アービトラージとは取引所間の価格差を利用して利ざやを稼ぐ方法です。より安い取引所で仮想通貨を買って、より高い売れる取引所で売るということです。


そして何よりも、最終的にその取引所を継続的に使っていくかどうかは実際に使ってみないと判断できません。
「迷ってどこに登録すればいいのかわからない」という人は、どこの取引所も登録するのは無料なので、複数の取引所に登録してみて、比べてみるのがおすすめです。