RanQ


【決定版】絶対に入社しない方がいい会社を簡単に見分ける方法とは!?

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 2907View

仕事探しで失敗したくない!  

辞めた方がいい会社を事前に知りたい! 

もう二度とブラック企業に入社したくない!

 

入社しない方がいい会社の特徴を知りたいと誰もが思っていると思います。

会社選びを失敗してしまうと病気になってしまったり、気を病んでしまったり、

最悪の場合、自殺を考えてしまう可能性もあります。。。

 

何とか仕事を探す段階で、入社しないほうがいい会社を見極めるためにも、

今回は入社しない方がいい会社の特徴をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!

 

1 ネットでブラック業界と言われている会社

基本的なところですが、これが基本です。

〇〇業界などのキーワードで検索してみてください。

検索候補に「ブラック」などと出てくる業界は、一般的にブラック業界と言われているものです。

 

ただ、あまり厳密にやりすぎると受けられる会社がなくなってきてしまいます。

なぜ「ブラック業界とよばれているのか」を見てみると良いでしょう。

ある程度の妥協は必要になってきますので、

「このぐらいなら耐えられそうだ」と思ったのであればチャレンジしてみるのもありです。

 

近年、「ブラック業界」と言われている業界でも、会社によってはホワイトの会社も増えてきています。

ホワイト企業に入社したいのなら、サイトに掲載されている求人を見るだけでなく、実際に面接しに行く必要があります。

 

面接することで、会社の雰囲気もわかりますし、社員の人柄が良ければ「この人達とならやっていけそうだな」とも思えるはずです。

しかし、気になった会社全てに面接しに行っていたら時間がいくらあっても足りません。

少しでもブラック企業を候補から外すためにもエージェントは欠かせない存在になるでしょう。

 

2 従業員が少なすぎる会社

従業員が数名とか、人数が少なすぎる会社は避けておくのが無難です。

まだ創業してあまり年数がたっていない、売り上げも少ない会社の場合が多いからです。

 

そういう会社ですと、本当に労働基準法を守っている余裕がなかったりします。

それに一人当たりの責任も重くなるので、怪我や風邪を引いた場合に休めないなんてこともあります。

一人休むだけで会社に運営に支障をきたしてしまうからですね。

 

しかし、従業員が少ないということは自分の担当する仕事が多いということですよね。

自分自身のスキルやキャリアアップを目指すのであれば、色々な仕事を任せてもらえるので良いかもしれません。

また、従業員が少ないため、すぐに役職に就けたり給料がたくさん上がるなんてこともあるでしょう。

 

3 清掃が行き届いていない

清掃が行き届いていない会社もあまりよくありません。

特にトイレなどの共有スペースはよく見ておきましょう。

社員みんなが使う場所を綺麗にできていないということは、事務所や会社の敷地を大切にしていないということですから。

 

その姿勢は社員への姿勢にもあらわれます。

つまりは、社員をぞんざいに扱っている会社の可能性もあるわけです。

誰でもできるような仕事を永遠とやらされたり、使い捨てにされる可能性もあるでしょう。

 

4 社員に覇気がない、他の人間の顔色を伺っている

これは明らかに見ればわかる部分ですね。

社員に覇気がない場合、

 

・長時間労働で消耗している

・経営陣が恐怖で社員を支配している

・人間関係が著しく悪い

 

など、そういったネガティブなことが伺うことができるのです。

こんなのがあった時点で、ろくな会社ではありません。

もしもすでにそんな会社にいるのなら早急に辞める事を勧めます。

 

5 口コミサイトに悪い評判がない

口コミサイトでは元社員や現社員の生な声を聞くことができます。

そのため、会社の良い部分と悪い部分を確認することができます。

自分の理想通りの完璧な会社に入社するのはかなり難しいことですのである程度の我慢は必要です。

 

会社の悪い部分を知っておくことで、このぐらいなら我慢できると判断することができます。

これがもし知らないで入社してしまうと、思っていたのと違った、なんてことになってしまいます。

 

しかし、注意してほしいのが、生の声が聞けると言ってもそれが真実ではない事もあります。

私が以前勤めていたブラック企業の口コミでは、良い事ばかりしか書いておらず、悪いことが書いてありませんでした。

一日20時間という長時間労働の会社だったのですが、「残業はほぼないです」という嘘の口コミが書かれている場合もあります。

 

しっかりと悪い部分の口コミがある会社は良い会社の可能性が高いので、

悪い口コミがない会社は避けておいた方が良いでしょう。

6 求人票からブラック企業か判断する

掲載されている求人表はしっかり見ると思いますが特に見ていただきたいのが以下の四つです。

 

1.「給料が低すぎる(ボーナスがちゃんと出るか)」

給料があまりに低いと、会社自体が儲かっていない可能性もあるので長時間労働を課せられることがあります。

労働時間が短くて給料も低い場合は、その限りではありません。

 

2.「採用人数が多すぎる」

採用人数が多すぎる会社はまず怪しんだ方が良いでしょう。

たくさん採用するということは、社員の入れ替わりが激しいということです。

仕事内容が厳しいがために、すぐに辞める人が多いから新しい人材をどんどん補充すればいいという考えなので、こき使われて使い捨てにする会社なのかもしれません。

 

3.「休日が少ない・残業時間が多い」

一般的な企業は年間に休日が120日前後はあるのものです。特に100日以下の会社とかは確実にクロです。

しかし、求人票にそんな事を書く会社はほぼないので、残業時間と照らし合わせて見てみると良いでしょう。

 

4.「離職率が高い」

離職率の高い会社はそれだけキツイ内容だから辞めていく人が多いということです。

人間関係が良くなかったり、連続勤務で休日がないなどの無茶な働きかたをさせられる可能性があります。

 

以上の四つは特にしっかりと確認しておきましょう。

7 同族経営で身内しかいない会社

基本的には身内だけで会社を経営しているところは避けた方が良いです。

同族経営の特徴として、

・役員の苗字が同じ

・会社名に社長の苗字が入っている

・従業員が50人以下

などが挙げられます。

 

同族経営の会社は身内びいきをする可能性が非常に高いです。

社長の身内は全然働いていないのに給料が高い。

他の社員は一生懸命働いても給料が上がらない、こき使われるなんてことにもなりかねません。

 

そういう会社は家族に気に入られてしまえば、簡単に出世できたり、楽をすることもできます。

しかし、そうなるとプライベートでも仕事の人と付き合わなければなりません。

必ず面倒くさい付き合いになるので、同族経営の会社は避けておくのが無難です。

8 ブラック企業に入社しないための対策①

入社しない方がいい会社を把握したところで、確実にホワイト企業を見つけるためにも対策を取る必要があります。

一つ目対策としては情報収集を多角的に行う必要があります。

 

会社の情報を調べる方法として、

・転職サイトに掲載されている会社情報

・企業のホームページ

・企業説明会で紹介された情報

・転職エージェントからの情報

・ネットの口コミ

などが挙げられます。

 

これらの情報を一つだけに絞って情報収集をすると、会社側に都合のいい情報に騙される危険性があります。

情報を多角的に集めていれば、転職サイトには好条件の内容が書いてあっても、ネットの口コミにはその真逆の事が書いてある。

他の求人サイトでは違う内容のことが書いてあった、なんてことにも気づく事もできます。

9 ブラック企業に入社しないための対策②

二つ目の対策として、実際に面接に行ってみる事です

残業代、有給休暇の取得率、離職率といった企業が答えにくい質問をすることでブラック企業か判断できます。

この質問だけすると、扱いにくい人物と思われてしまうので、他の質問と混ぜながら聞く必要がありますのでご注意を。

 

もし、この質問を曖昧にはぐらかされたりするのでしたら、ブラック企業の可能性はかなり高くなります。

有給休暇などをとらせない企業や、サービス残業が当たり前のような企業だった場合は、上記のような質問をすると落とされることもあります。

 

しかし、落とされたといってもブラック企業を回避できたので良いですよね。

ちゃんと、企業の良くない部分、時期によっては休みがなくなるなど、しっかりと答えてくれる会社はホワイトの可能性が高いです。

 

後は、面接回数が多い会社を選ぶようにしましょう。

書類選考がなく、面接が一回しかないような会社は、とにかく人数を集めることを重要視してる可能性があります。

そういう会社は、すぐに人が辞めるような会社だったり、誰でもできるような代わりのきく仕事の可能性が高いです。

 

面接を二回、三回としっかりとやる会社は、面接に時間や労力を使っている分、

企業からしたら簡単に辞めるような人材は欲しくないはずです。

 

ということは、会社もすぐに辞めてしまうような環境ではないという事です。

面接官が自分の上司になる可能性もあるので、この人とならやっていけるな、

と面接官の人間性を判断材料に使うのも良いかもしれません。

10 ブラック企業に入社しないため対策③

最後に三つ目の対策としては転職エージェントを利用することです。

転職エージェントはブラック企業を排除した求人を多く取り扱っています。

時期によって取り扱う求人も変化するので、まずは登録をしておきましょう。

登録するだけでもメールなどで最新の求人情報が送られてくるので常にチェックするようにしましょう。

⇒DYM転職に登録してみる!

 

しかし、エージェントはあなたにぴったりの会社を紹介してくれるとは限りません。

大切なのは、何もかもエージェント任せにしないこと。受け身の姿勢は禁物です。

 

ブラック企業を排除しているといっても、転職エージェントの情報が全てなわけではありませんので。

自分自身でも、転職先については可能な限り調べるべきですし、

集めた情報をもとに、エージェントからより深い情報引き出すような姿勢が必要です。

 

11 まとめ

【入社しない方がいい会社の特徴】

・ネットでブラック業界と言われている会社

・従業員が少なすぎる会社

・清掃が行き届いていない会社

・社員の覇気がない、顔色を窺っている会社

・求人票から判断する

・同族経営の会社

・口コミサイトに悪い評判が一切ない

 

【ブラック企業に入社しないための対策】

・情報を多角的に集める

・実際に面接しに行く

・転職エージェントを利用する

 

以上が入社しない方がいい会社の特徴になります。

ブラック企業に入りたい人なんて絶対にいないですよね。

ブラック企業に入社するかしないかはあなたの頑張り次第です。

 

調べるのに嫌気がさして「もうここでいっか」と妥協してしまうと、ブラック企業に一直線です。

諦めずに情報を集め続ける根気が必要ですが、結局のところは、実際に入社してみないとわかりません。

 

ある程度は見極められますが、どうしてもわからない部分もありますので、

最悪の場合、入社して即効で辞めるというのもありかもしれません。

 

すぐ辞めれば社会保険履歴もないし、職歴に書かなくても済みますので。

転職するなら、まずはエージェントに登録しておくと色々と便利です。

自分で仕事を探すのが苦手な方は、エージェントがあなたに合った仕事を紹介してくれます。

 

また面接に不安がある方も、適切なアドバイスや面接の練習をしてくれるのでおすすめです。

登録するのは無料なので、登録しておいて損はないはずです。

転職活動は大変ですが、ここで頑張っておけば将来の不安も少しは和らぐことでしょう。