RanQ


バナナダイエットは正しい食べ方をしないと逆に太る!

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 34View

バナナダイエットという言葉を一度は聞いたことがあると思います。

一時期人気のあまり、スーパーからバナナが消えるという現象も起きました。

バナナダイエットで、ある女優さんは3か月で12キロ、歌手は45日間で6,9キロのダイエットに成功したことで話題になりました。

バナナダイエットは効果的なダイエット法ですが、正しいやり方でないと効果が出ずに、

逆に太ってしまうというケースもあります。

今回は正しい朝バナナダイエットのやり方をご紹介していきます。

 

1 朝食はバナナ1~2本と常温の水を飲む

「朝バナナダイエット」は朝、バナナを食べればいいというものではありません。

実はバナナと一緒に常温の水を飲むことが大事です。

なぜなら、朝バナナダイエットはカロリーを抑えるためだけでなく、胃腸を休めるという意味もあります。

そのため、胃腸に負担のない常温の水が最適ということです。

また、バナナも胃腸の負担を軽減させるためによく噛んで食べるにがポイントです。

 

2 昼と夜はバランスの良い食事と普通に食べる

ダイエットに多いのが、とにかく食事量を減らすという方法です。食事量を減らすと痩せますが、

ストレスが溜まってしまいドカ食いに繋がる恐れがあります。

朝バナナダイエットの場合、昼と夜は普通に食事をして問題ありません。

ただ、インスタント食品だけやサラダだけといった偏ったものを食べるのは避けるようにしましょう。

 

好きなものをしっかりと食べても大丈夫ですが、ダイエットの結果を確実に出したい場合は、バランスの良い食事をするのが良いです。

 

3 どうしてもやめられない間食は1日1回1種類

どうしても間食をやめられないという場合は1日1回1種類であれば問題ありません。

しかし、ここで気にしたいのが食べるおやつの種類です。

アイスや乳製品、ケーキといったものは食べても問題ないのですが、

毎日ではなく、週に1~2回といったように回数を決めるようにしましょう。

スナック菓子もカロリーが高いので、なるべく避けるようにしましょう。

ダイエットによく出てくるおやつが、ドライフルーツやナッツ類です。

咀嚼回数も増えるので、少量で満腹感が出るとダイエットに最適です。

 

4 夜食は20時までに食べ終わるようにする

夜食が遅くなると、胃で消化が続いている間に眠らなくてはいけません。

また、胃が活発に動いていると質の良い睡眠をとることができません。

仕事などで帰りが遅くなり、20時までに夜食が取れない場合は、

就寝4時間前までに夜食を済ませるようにしましょう。

 

5 深夜0時までには眠るようにする

ダイエットに欠かせない成長ホルモンが活発に分泌されるのが、22時~2時と言われています。

この時間帯は、美容でも「美のゴールデンタイム」と言われるほどで。体や肌を修復してくれる時間になります。

この時間帯に睡眠をとると、翌日に疲れが残ることもありません。

身体が常に疲れた状態だと、朝バナナダイエットをしても効果があまり発揮されないと言われています。

しっかりと眠ることもダイエットの1つなので、0時までに布団に入り、睡眠をとるようにしましょう。

6 最後に

いかがでしたか?

バナナダイエットは効果的なダイエット法なので、ぜひ試してみてください!