RanQ


英会話力が一番向上する方法はシャドーイングな訳。

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 1870View

 

英語は読めても話せない。

英語は書けても話せない。

英語は聞けても話せない。

英会話力は日本人にとって一番の課題......

 

私自身高校での得意科目は英語であったし、きちんと勉強していました。

 

しかし、最初の頃は外国人と面と向かって話すとなると文法は間違えていないか、この発音はあっているのかなど英語を話すたびに不安に駆られていました。

 

結局、ワンフレーズ、”Nice to meet you!",  "Thank you!", ....などのことを言うと一安心しきり、会話が続かないことも。

 

ある時、私はあるアメリカ人女性に会いました。彼女の名前はメアリー(仮名)。英語を話すときにいつも緊張してしまったりしてまともに会話ができないという話をすると、彼女はある方法を教えてくれました。

 

それが<シャドーイング>。

 

それからと言うもの、シャドーイングを続けていくうちにリスニング力も向上し、流暢に喋れるようになっていきました。

 

ここでは、独自のシャドーイングの仕方とその具体例を上げていきたいと思います。

1 シャドーイングとは。

シャドーイングとは音声を聞き取りながら、その音声の後に繰り返して正しく発音し話すことです。

ここでは、リスニング力と英会話の時の発音が主に養われます。

 

2 まずは教材を選ぶ。

教材を選ぶときのポイントは、

 

・英語のネイティブが喋っている音声を用いること。

・原稿(スクリプト)が用意できるものを選ぶこと。

 

であります。

 

英語のネイティブが喋っている音声を選ぶ理由は、まずネイティブがどのように喋るのかを知り、その発音や表現に慣れるためです。

また原稿(スクリプト)が用意できるものを選ぶ理由はあとで自分の聞き取ったことがあっているかどうかを確認するためです。

 

参考までに私が用いているのは、YouTubeです。TEDもいいですが、みんなプレゼン用に話をしているので聞き取りが非常に簡単で効果が薄いかもしれません。

 

またアメリカ英語を学びたい人、イギリス英語を学びたい人、様々いると思いますが、それは動画を選ぶときに決められます。

 

3 次に鉛筆と紙を用意する。

ここが、おそらくこのシャドーイングの肝だと思われます。

 

鉛筆と紙を用意し、自分が聞き取った音声をシャドーイングしながら、紙に書き取ります。この際、音声は一文ずつ止めてやっていっても構いません。これをひたすら繰り返し、だんだん音声を区切る際の文章を長くしていきましょう。

 

このときに完全に聞き取れるようになるまで同じ教材を用いたほうが効果は高くなります。

4 実際にやってみよう。

では実際にやってみましょう。

 

鉛筆と紙を準備してください。このときまだ下のスクリプトを見ないようにしましょう。

<URL: https://www.youtube.com/watch?v=Iv-1W4LSf9o >

 

<スクリプト>

From this distant *vantage point, the Earth might not seem of any particular interest. But for us, it's different. 

 

Consider again that dot. That's here. That's home. That's us. On it, everyone you love, everyone you know, everyone you ever heard of, every human being who ever was, lived out their lives.

 

The *aggregate of our joy and suffering, thousands of confident religeons, ideologies, and economic doctrines, every hunter and *forager, every hero and *coward, every creator and destroyer of civilization, every king and *peasant, every young couple in love, every mother and father, hopeful child, inventor and explorer, every teacher of morals, every *corrupt politician, every superstar, every supreme leader, every saint and *sinner in the history of our species lived there, *on a mote of dust suspended in a sunbeam.

 

The Earth is a very small stage in a vast cosmic arena.

 

Think of the rivers of blood spilled by all those generals and emperors so that, in glory and triumph, they could become the momentary masters of a fraction of a dot. 

 

Think of the endless cruelties visited by the inhabitants of one corner of this pixel on the scarcely distinguishable inhabitants of some other corner, how *frequent their misunderstandings, how *eager they are to kill one another, how *fervent their hatreds. 

 

Our *posturings, our imagined self-importance, the *delusion that we have some privileged position in the Universe, are challenged by this point of pale light. Our planet is a lonely *speck in the great enveloping cosmic dark. 

 

In our *obscurity, in all this vastness, there is no hint that help will come from elsewhere to save us from ourselves.

 

The Earth is the only world known so far to *harbor life.

 

There is nowhere else, at least in the near future, to which our species could migrate.   Visit?    Yes.    Settle?   Not yet.  Like it or not, for the moment the earth is where we make our stand. 

 

It has been said that astronomy is a *humbling and *character-buiding experience.

 

There is perhaps no better demonstration of the folly of human conceits than this distant image of our tiny world.

 

To me, it *underscores our responsibility to deal more kindly with one another, and cherish the Pale Blue Dot, the only home we've ever known.

 

<単語の意味>

*vantage 有利な位置のこと 

*aggregate 集合、集団のこと  

*forager 食料をあさる人、採食者 

*coward 臆病者、卑怯者

*peasant 百姓

*sinner 罪人

*mote  ほこり

*inhabitant 住民、生息動物

*frequent 頻繁な、よく起こる

*be eager to do しきりに物事をしたがる

*fervent 熱心な

*posturing 姿勢、態度

*delusion 惑わすこと、惑わされること、思い違い

*speck 小さな点、斑点

*obscurity 人知れぬ状態、理解できない箇所

*humbling 屈辱的な

*folly 愚かさ

*conceit 虚栄心、うぬぼれ

*underscore を強調する、に下線を引く

 

 

5 最後に。

どうでしたか?

 

これをしてみて、何か充実感のようなものが得られた人は良い傾向です。

 

なぜなら、この方法では、

 

・ネイティブレベルのリスニング力

・ネイティブの英語の発音力・イントネーション

・ネイティブの使っている英語の表現の仕方

 

を同時に学べているのですから。

私もこれを続けていくうちにだんだんと英語が聞き取れるようになれ、だんだんと英会話をするときの自信がついていきました。

 

まだまだ、これに関連するおすすめコンテンツも上げていくのでぜひ参考にしてください。

Thumb thumb illust 52

エイゴでイロイロなコトやろう。 何か記事への質問・意見・感想などがあればここまで。 ツイッターで@eigorou_source