RanQ


人間関係でストレスを抱えているあなたへ。

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 229View

 

人間関係は誰もが必ず悩んだことがあると思います。

現在も人間関係の悩みを抱える人はたくさんいますし、それによってストレスを抱えている人もたくさんいます。

さらに人間関係の悩みは人によって場所も様々です。

会社、学校、近所付き合いなどとても幅が広いです。

そこで今回は人間関係で悩んでいる方にストレスを激減させる方法を紹介したいと思います!

1 受け止め方を変える

 

いきなりですが、こんな人と出会ったことありませんか?

陰口や悪口を言う

そんなに責める?ってぐらい責められる

嫌味を言う人

 

会社などにはこんな人がいてもおかしくはないでしょう。

正直言うと性格悪いですね…

しかし、じゃあ相手の性格を変えればいいんだとはならないですよね。

性格を変えるなんてそう簡単にできることではありません。

ましてや自分ではなく相手の性格を変えるなんてどれだけのことをすればよいのか…

気が遠くなりますよね笑

なので受け止め方を変えようということなんです!

会社や近所付き合いなどで、嫌いな人に会った時こういった感情を持ったことあると思います。

なんだあいつ最低だな

いまの言い方むかつく

 

この受け止め方をこのように変えてみましょう。

ああいうやつはどこいっても敵を作るんだろ。気の毒だな~

名探偵コナンの逆バージョンみたい。見た目は大人、頭脳は子供。笑われるなこりゃ。

 

どうですか?

なんかストレスを抱えるどころかかなり余裕な精神状態に感じます!

相手を憐れむ

この受け止め方が大事です!

このように余裕をもって受け止めましょう。

2 他人の目を意識しない

 

人間関係でストレスを抱えやすい人は他人の目を意識しやすいという傾向があります。

嫌われたくない

いい人に思われたい

 

こんな風に他人の目を意識していつの間にか猫を被ってまったく違う自分を自分で演じているのです。

それに演じているときは、自分の行動範囲も制限されてくると思います。

なので疲れるし、ストレスにもなってしまいます。

他人の目は意識しなくても大丈夫です。意識ばかりしていると苦しいのは自分です。

上記の画像にも掲載した通り自分になれるのは世界でたった一人自分です。

自分を大切にしましょう。

3 人に話す

 

最後はこれ!

友人や家族に話を聞いてもらうのはとても大事なことです。

ストレスは溜まると言います。

溜まったものは吐き出さないと溜まっていく一方です。

ストレスが溜まるのは自分を壊してしまう原因になるので、話せる人に話して吐き出していきましょう。

それに人に話すことによって、自分に起きた物事に対して色々な意見を聞くことができ、客観的に捉えることができます!

自分では考え付かなかったようなことが聞けて解決への一歩へとなる可能性もあります。

ストレスは溜めないこと!

こまめに吐き出していきましょう!

4 さいごに伝えたいこと

 

2:6:2

いきなりですが、この数字を知っていますか?

 

上記の数字は色々なことにあてはめられる法則なんです。

例えば、学校のクラス替え。

勉強できる子を一クラスにまとめたり、運動できる子を一クラスにまとめたりしませんよね?

勉強できる子が2割、普通ぐらいの子が6割、運動できる子が2割といった具合にクラス分けします。

これが2:6:2の法則です。

これは人間関係にも当てはめることができます。

自分がなにしても好きでいてくれる人が2割。自分の行動次第で好きにも嫌いにも転がる人が6割。自分がなにしても嫌いな人が2割。

自分がなにしても自分のことを好きでいてくれる人が2割もいるんです。

2割もいれば充分に幸せだと思いませんか?

捉え方によってストレスは激減するので、少しずつストレスを減らしていきましょう。