RanQ


会社の飲み会の上手な断り方とダメな断り方!

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 115View

 

会社に勤めているからには必ずある飲み会。

「よっしゃ飲み会だ!」という人もいると思いますが、当然「うわー。まじかー。行きたくないなー。」と思う人もいます。

嫌いな上司がいる。そんなに仲良くない人と飲んでも面白くない。お金払うのもったいない。なんて思っている人がいると思います。

そこで今回は飲み会の上手な断り方とダメな断り方を教えていきたいと思います。

1 ダメな断り方

 

最初にダメな断り方です。

それは相手に「それくらいだったら大丈夫!」と思わせてしまうことです。

例を出すとこんな感じです↓

お金がない

お酒が飲めない

次の日早い

 

上記のようなことを言われてもいくらでも誘ってっ来た相手は言い返せます。

お金がないと言ったら、「私が出してあげるよ!」や「○○さんが出してくれるよ!」

お酒が飲めないと言えば「じゃあ、お酒は飲まなくていいよ」や「ご飯だけ食べていきな!」

次の日早いと言えば「じゃあ途中で抜けていいよ!」や「帰りたくなった言ってくれれば帰すよ!」

 

みなさん上記のようなこと言われたことありませんか?

このように相手が言い返せてしまう理由じゃだめです。

じゃあ上手に断るにはどうしたらいいのか?

次を見ていきましょう!

2 上手な断り方

 

さあ、上手な断り方です!

これは相手に「それなら仕方ないか」と思わせることです。

例を出すとこんな感じです↓

めったに会えない友人と会う約束をしている

仕事でトラブルが起こった

異性と会う約束をしている

 

上記のような理由であれば言い返せないですし、「それは仕方ないか…」と思わせることができます。

めったに会えない友人との約束を蹴らせるのは申し訳ないと誘った方は思います。

飲み会より仕事のほうが優先順位は高いので当然そっちを優先させます。

同性の友達ならまだしも、異性と会うとなると「それは仕方ないか…」と思います。

 

それに上記のような理由であれば、飲み会を断っても理由が理由なので相手に悪い印象を与えずに済みます。

誘ってくれた方ともわけ隔てなくその後も話せるでしょう。

理由の後に次の機会があればなど付け加えるとなおいいかもしれません!

 

 

いかがでしたか?

会社で飲み会の機会があったときは是非試してみてください!