RanQ


仕事を辞めるタイミングで悩んでいるあなたへ。

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 383View

 

仕事を辞めるには当然のことながら、直属の上司や社長に辞めるという意思を伝えなければいけません。

しかし、何て言えばいいのか、どのタイミングで言えばいいのか、そもそも言い出しづらいといったことを考えることありませんか?

そういった悩みを少しでも減らすために今回は記事を書いていきたいと思います。

1 どのように伝えればいいか

 

まずどういった形で伝えるかです。

基本的には自身の都合で伝えるのがベストです。

例えば

「やりたい仕事がありまして、それが実現できる会社が見つかりました。退職は○月頃を考えております。」

このような形で伝えるといいでしょう。

退職は○月でお願いしますなど自分で時期を勝手に決定してしまうと、話が長くなる可能性があるので

○月頃といった形で伝えると上司の方もその時期を目安として考えてくれるので決めるより少し濁すくらいがいいです。

 

そして一番やってはいけないのが、会社への不満などで伝えてしまうこと。

例えば

・人間関係が辛い

・職場に馴染めない

・あの人と合わない

場合によってはこういったことを伝えることもあると思いますが、基本的にはあまりよろしくないです。

それはなぜかというと、引き留められてしまうからです。

会社は基本的に社員に辞めてほしくないと思っています。

やりたいことがあって転職するのであれば、会社としても仕方ないと思いますが、社内の内情が辞める理由となれば、改善や異動などの提案をしなんとか引き留めようとします。

そうすると話がややこしくなり話が先延ばしになったり何回にもわたって話し合いということになったりします。

辞める話は自分にとっても負担でストレスにもなると思うので、会社への不満を伝えたい気持ちも分かりますが辞めるという目標があるのでそこは我慢しましょう。

2 言い出すタイミング

 

続いてタイミングです。

その前にやっておくことがあります。

言う前にはしっかり事前に上司に伝えておきましょう。

「今度お話があります」や「○日の何時頃にお話があります」などこんな感じで大丈夫です。

いきなり辞めるという話をされても困惑する可能性がありますので、事前に伝えておけば上司の方もある程度覚悟はできるのでしっかりとした話し合いにできると思います。

 

そしてタイミングです。

おすすめしない時期というのが繁忙期です。

繁忙期というのは、当然忙しいのでお店全体が普段よりピリピリしていると思います。

なので、繁忙期に辞めることを伝えたとしてもいい話し合いにならない、あるいは忙しいから後にしてという可能性が高いです。

逆に閑散期やなんでもない時期は伝えやすい時期です。

特にピリピリしていることもなく平常な状態を保っているためしっかりと辞める意思を明確に伝えましょう。

3 そもそも言い出せない

 

最後に言い出せないときです。

そもそもなぜ言い出せないのか。理由は色々あるかと思いますが基本的にはこういったことが例に挙げられるのではないでしょうか。

・言うのが気まずい

・言ったら何を言われるか怖い

・会社に申し訳ない

 

上記で言い出せないという方もいると思います。

なぜ言い出せないのか。

言えない理由ばかり考えているから言い出せなくなってしまうのです。

勝手に自分のハードルを上げているから言い出しにくいのです。

対策としてまず、辞める理由はなんでもいいのであげていきましょう。

辞めるということは必ず理由があるはずです。それを考えてください。

そうすると辞めたいという気持ちが強くなり言い出す気持ちもどんどん強くなっていきます。

そしてなによりお伝えしたいことが、緊張するのは言う瞬間だけです。

言ってしまえば後に引けないので自分でなんとかしようと自然に考えます。

ほんの一瞬だけで緊張から解放されるので、勇気を振り絞って一歩を踏み出しましょう!

 

 

 

どうでしたか?

会社を辞めて後悔する人はほとんどいません。

次のステップへ進むためにもしっかりと自分の意思を会社に伝えましょう。