RanQ


何をしたらいいか分からない病

  • Thumb new kigyoka
  • 2
  • 370View

 

 

こんなツイートを先日したが、今の日本には『何をしたらいいか分からない病』が蔓延しているように思う。"起業したい"人はいる。でも、"起業した"人は少ない。みんなしたいだけだ。そして決まって、『何をしたらいいか分からない』と言う。

何か1つでも『これができます』と言えることがあればそれだけでチャンスがいくらでも広がる。だいたいみんなそれがないか、言うとしても実証できないようなふわっとしたものしかない。
『コミュニケーション能力が…』なんてどうやって証明するの?それが本当なのかどうか自分ですら認知できない。そういった数字に表れないような長所を言っていいのは、すぐ目の前でデモンストレーションでもして成果を出せる人間のみだ。『今からあそこにいる人に話しかけて2分で仲良くなってきます!』くらいの。

形にできるものがあるだけでも遥かに周りよりもリードできる。それだけであとは勝ち逃げするのは難しくない。

正直、ごく一部のトップ層はまだしも、多くの人のキャリアというのは新卒で入った枠組みの中でしか伸び代がないから、努力する余地のある道に進むだけであとは特別な努力や辛い思いをしなくても圧倒的に差がつき続ける。
実質的に努力することができる、その余地ある道というのはごく一部しかない。

何をしたらいいか分からなかったら形に残るものに時間を注ごう。

 

Thumb new kigyoka

起業家.comの代表の人ツイッターはこちら