RanQ


手相を見るときは左手と右手で意味が全然違うという衝撃の真実!

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 439View

手相を見るとき、右手か左手かどちらで鑑定すればよいのか迷いますよね。

右と左でそれぞれ意味があるので、鑑定したい内容によって決めましょう。

1 左手の意味

 

左手は生まれ持った運命を表します。

本来の自分、先天的な才能、本質、内面などを表しています。

左手に良いせんがあるほど、生まれ持った才能に恵まれており、性格も良いという意味です。

能力が高い人なので、少し努力すれば大きな実りを得られるでしょう。

もし左手の手相が悪くても、後天的な才能によって運勢を変えられます。

そのため左手が悪くてもあまり心配しなくても大丈夫です。

後天的な努力は右手にあらわれます。

 

2 右手の意味

右手は現在の姿や、努力で得た結果を表します。

後天的な自分や、成長して得た能力、表面的な姿をあらわします。

右手に良い線があるほど、かなりの努力家となります。

新しい自分を開拓し、成長している証です。

もし右手の手相が悪い場合は努力が足りないという見方もありますが、

運命に翻弄されて悪い道を選んでしまったという意味にも読み取れます。

手相の良し悪しは、左手よりも右手を重視したほうが良いかもしれません。

3 最後に

いかがでしたか?

ちなみに手相は最短で3日で変わるそうです。

運命線などのはっきりした線は変わりませんが、細かいしわはすぐに変わります。

特に学生から社会人になって生活環境がガラッと変わると手相が変化しています。

1か月後にまた手相をチェックしてみると何か新しい線が増えているかもしれません。

次回は簡単な手相を紹介しますので楽しみにしていてください。