RanQ


介護福祉士のデメリット

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 104View

前回紹介した介護福祉士のメリットはいかがでしたか。

今回はデメリットについて紹介していきます。

1 給料

介護の現場で働くことにおいては、介護福祉士の資格を取得することに

デメリットはほぼありません。

介護のプロとして働くことができるからです。

ただ、強いていうならば、他の国家資格の職業と比べると給料が低い傾向があります。

資格を取得することで、介護業界の中では給料がアップする傾向がありますが、

他の業界と比べると低い傾向があります。

 

2 正社員、事業所

また給料面のお話になってしまいますが、

資格を取得して正社員になったとしても、事業所によっては無資格の人と大して給料が変わらない点です。

男性看護師の場合は年収で200万くらいだったら結婚して妻や子供を育てることも現実的に考えて厳しいでしょう。

給料が少ないということに引け目感じている人もいますし、それがg原因で転職されていく人も多いです。

3 最後に

いかがでしたか?

メリットに比べてデメリットの数は少ないですが、

給料面を重視する方にとっては非常に大きいデメリットだと思います。

ですが、介護職とは人のために働く仕事なので、介護の方から感謝されたり充実感はとてもあると思います。

結局は自分に合っている仕事かどうかが重要です。