RanQ


介護福祉士の資格を取得すると発生する4つのメリット

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 576View

介護福祉士を目指そうかなと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

近年では、介護業界の人員充実が叫ばれているので、身近な方が介護職として働いている方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、介護福祉士の資格を取得するとどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

1 国家資格

 

介護福祉士の資格を取得すると、4つのメリットがあります。

1つの目のメリットは国家資格であることです。

免許のように更新制ではないので、一度取得すると一生介護福祉士として働くことができるようになり、

日本全国どこに行っても介護福祉士として働く事ができます。

なので、家族の急な転勤などでも、引っ越し先でもすぐに働くことができます。

2 給料アップ

 

2つ目は給料がアップすることが多いということです。

事業所によって異なりますが、介護福祉士の資格を取得すると

給料がアップすることが多くあります。

資格を有しているということで手当てがついたりもしますがその分責任も重くなります。

ただ転職の際には正社員として雇ってもらうこともできます。

3 管理職

3つ目は管理職として働くことができるようになるということです。

多くの事業所は資格を有していないと、役職を与えることができなくなっています。

そのため資格を取得することにより、管理職になることができるようになります。

4 スキルアップ

4つ目は介護の現場での更なるスキルアップができるということです。

介護に関するほかの資格を取得しようと考えた時、試験の一部が免除になることもありますし、

今後新設される認定介護士へのキャリアアップもすることができます。

5 最後に

いかがでしたか?

介護職は、これからどんどん需要が増えてきます。そして人のために働く素晴らしい仕事です。

今の職場で不満がある方は転職も視野に入れましょう。