RanQ


webは検索サービスと共に普及し共に廃れていく

  • Thumb new kigyoka
  • 1
  • 261View

 

 

このツイートと同じようなことを社内で喋った。検索エンジンをベースにして、ページ間を移動するというのがwebの体験の中心にはある。

また、私はそれを交通インフラと同様の構造を持っていると表現することにしている。 検索エンジンが鉄道にあたる存在、市内バスのようなものがアプリで、狭いエリアを移動するにはアプリは強いが、だいたいの場合ユーザーは鉄道で最寄り駅までいく。
あながち間違った例えではないように思う。

鉄道は輸送効率も高く、目的地までたどり着く(知りたいことを書いているページを表示する)一方、バスの場合は街中を走るのでそこで未知なるものと出会うチャンスが存在する。 そういう意味でアプリの方がセレンディピティを生みやすくてそこに大きなチャンスがあるのかなと。

鉄道(検索)は明確な目的地があるし、そこにだいたいの場合は一直線でいくものだ。
バス(アプリ)は様々なところを周回していく。そして、乗っている間に景色が見える。

 

Thumb new kigyoka

起業家.comの代表の人ツイッターはこちら