RanQ


進学や就職して新しい環境でなじめるか不安なあなたへ。

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 148View

「進学や就職の際に新しい環境に馴染めるか不安です」

という悩みをよく受けます。

1 友達や楽しく話せる仲間がほしい人必見!!

 

 

今年も終わりに近づいてきましたね。

就活をされていた方。大変お疲れ様でした!

来年度から新しい環境での生活をスタートされる方が多くいらっしゃる思います。

中学や高校、大学へ進学予定の方。これから受験本番シーズンかと思います。

緊張や不安が募る毎日かと思います。

自分がこれまでやってきたことを信じて、自信をもって望んでください!

こうして来年度から、それぞれ新たな道を進んでいくかと思います。

しかし、タイトルにもあるようにこのシーズンになると少しずつ、こういった悩みや不安を抱える方が多くなります。

「高校であまり友達ができなかったらどうしよう…」

「就職先で人間関係失敗したらどうしよう…」

私自身も依然勤めていた会社に入る前こういった不安を抱いていました。

なんせ、学校へ行って授業や休み時間を過ごすにも、仕事をするにも、人間関係はトップ3に入るぐらい大事だと思っていたからです。

今でももちろん、人間関係はとても大切にしなければいけないことだと思っています。

 

授業はめんどくさいけど、友達と会えるから学校に行きませんか?

仕事やバイト、業務内容はきついけど周りの仲間と楽しくやれるからその場所で頑張ったりしませんか?

上記は私自身も思っていたことです。

皆様も一度、学校に行ける理由や仕事やバイトが耐えられる理由を頭に少し思い浮かべてみてください。

 

そこで今回は新しい場所で、皆様が楽しく学校や仕事に行けるようにコミュニケーション上手な人の特徴を書いていこうかと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

コミュニケーション上手な人の特徴

コミュニケーション上手な人の特徴は基本、2つの要素で成り立っています。

それは…

 

観察上手+聴き上手

このように成り立っています。

しかし、いきなりそんな人には誰もなれません。

それぞれにポイントがあるので、詳しく見ていきましょう。

 

 

・観察のポイント

1.相手の声の大きさや言い方、話すスピード、声のトーンなどを聴きながら捉えること

例えば…

とても大きい声で話していたのに、急に声が小さくなったり変わったりした。

→これは聞かれたくない話をしている時や、聞きたくない話をしているとき、話の内容で自身がなくなったとき多く見られます。

 

ゆっくり話していたのに、いきなりスピードが速くなった。

→嘘をついていたり、焦っているときに多く見られます。

 

2.相手の表情や視線、身振り手振りなどを見る

例えば…

最初は手を握り締めていたのに、ある時から身振り手振りが活発になった。

→緊張をしていたが、緊張がほどけて積極的な気持ちになったときにみられます。

 

身を乗り出してやり取りしていたのに、椅子にもたれかかるようになった。

→話に乗り気だったが、退屈し始めたときにみられる

いかがですか?

このように人は心に思っていることが、そのまま行動に出ることがけっこうあります。

次から会話する際に少し気にかけてみてると面白いかもしれませんよ?

 

 

・話を聴くときのポイント

観察のポイントより多くポイントがありますが、あまり難しいことではないので、安心してください。

それでは見ていきましょう。

1.相手よりきちんとした姿勢や態度で聴く

→これは話を聴く以上は当たり前かと思います。まず相手に「この人はしっかり聴いてくれている」と一目で分かるようにしてあげましょう。しかし、あまりにかしこまった姿勢や態度だと逆に相手を緊張させてしまったりするので、適切な対応を心掛けましょう。

 

2.話し手の話題にあった表情をし、適切にあいづちを打つ

→楽しい話なら楽しそうに、悲しい話なら悲しそうに表情を合わせてあげましょう。

自分が楽しい話をしているのに、相手が悲しい表情をしていたらいい気はしませんよね?

また、適切に「なるほど」や「それで」など適切にあいづちを打つのも大事です。

適切にあいづちを打つことによって相手の話を引き出しやすくなります。

 

3.相手の話を引き出す質問する

→「それはいつのこと?」や「それはどうなったんですか?」など相手が自然に話をしてくれるような質問をしましょう。

そうすると話し相手は「気にかけてくれている」と思います。

 

4.話の要点を相手に確認しよう

→「○○なのですか?」や「それは○○ということですか?」など相手が何を言いたかったのか、伝えたかったのかを相手に確認するようにしましょう。

相手がなにを言いたかったのか分かっていないと、「話聞いてたの?」となってしまい、自分の信用を失ってしまう可能性があります。

 

こういったコミュニケーション上手な人の周りにはいつの間にか人がいます。

また、一度話を聴き、とても聴き上手だった場合、聴いてもらった人は

「またこの人に聴いてもらおう」、「なにかあったらこの人に相談してみよう」と思う可能性が高くなります。

じゃあいきなり全部を実践!なんて難しい話です…

少しずつで大丈夫なので実践していきましょう!

皆様が新しい環境で楽しい毎日を過ごせるよう、ささやかながら祈っています。