RanQ

Zozotsuke

ZOZOTOWNのツケ払いで予想通り後悔している中高生が続出

  • Thumb 003 4
  • 9
  • 3807View

ZOZOTOWNの「ツケ払い」という仕組みが物議を醸しています。
果たしてなぜでしょうか…?

そして、メルカリの現金出品など、ネット上での商取引では、常識ではありえないような出来事が起こりつつあります。

1 ツケ払いがやばい!?

 

ZOZOTOWNのツケ払いはこんな仕組みです。
サービスとしては、支払いを2ヶ月後まで待ってもらえる、みたいな感じ。

「それならいいことじゃん!」
そう思うかもしれません。しかし、ツケ払いには、324円(税込み)の手数料が取られます。たったの324円ですが、ZOZOTOWNでの買い物は数千円〜1万円ちょっとが多いことを考えると、数%ほどの手数料となります。

そして、支払いをコンビニや銀行でする際に、振込手数料としておおよそ200円〜300円くらい取られることになります。(ここはZOZOTOWNが徴収するわけではなく、一般的な決済にかかる手数料です。)
それらを合わせると、2ヶ月後に支払いが済むとはいえ、10%近い手数料がかかったりかからなかったり。

2 ツケ払いを支払えなかったらどうなるの?

では、このツケ払いを支払いできなかったら、2ヶ月後に払えなかったらどうするのという話になります。

ちなみに、代金の回収を行うのはZOZOTOWNでもスタートトゥデイ(ZOZOTOWNの運営会社)でもありません。GMOという会社が回収を行います。GMOはすでに後払いという仕組みを提供しており、そういう意味ではすでに回収のノウハウを持っており、最適なのでしょう。

ただ、このGMO、インターネット界隈の中ではオラオラな営業をする会社としても知られており、あまりよろしくない噂もあったりします。代金の回収は穏やかには行われないことでしょう。(とはいえ、債権回収を行う企業が穏やかなことなんてありません、おそらく笑)

3 ツケ払いの利用者は中学高校生?

さて、3月頃からCMを開始し、本格的に広がっているツケ払いですが、利用者は中学・高校生が多いようです。

Twitterで、「ツケ払い」と検索してみると、利用者の生態を知ることができます。

 

 

しっかりと分かりやすくフラグを立てている人もいます。

 

 

普通にクレジットカードを持っている大人にしてみれば、支払いは1ヶ月〜2ヶ月後になるため、ツケ払いの旨味はありませんが、クレジットカードを持てない中学生、高校生にしてみれば、今欲しいものを買う手段はツケ払いしかないのでしょう。

 

 

 

4 早速後悔している人を発見!

Twitter上では、話題になっている今になってすでにツケ払いを後悔している人もいます。

 

 

すでに後悔しているようで、今後は中学生、高校生の消費意識も変わるでしょうか。

 

5 ツケ払いは問題なの?

では、騒動になっているツケ払いですが、この方法自体は問題なのでしょうか。
(ちなみに、ZOZOTOWNの決算から推測する限り、このツケ払いによって200億円ほどの売り上げがすでに上がっているようです。年間取扱高が1600億円ほどであることを考えると非常に大きな額です。)

確かに、こうした制度が借金漬けの消費者を生むことに繋がることはあるでしょう。ただ、法律的には問題はありません。商品の代金の支払いスパンが遅いだけで、通常の商取引と変わらないからです。問題になるとすれば、これが実質の借金扱いとしてカウントされる場合でしょうか。その場合、中学生や高校生が借金をすることになっているのはアウトです。
また、購入時に中学生や高校生は親の承諾が必要になっており、そういう意味でもZOZOTOWNに非があるようには思えません。

問題とされているのは、倫理的な部分で、消費者のアホさにつけ込んだ情弱ビジネスという声も多いようです。確かに、

 

 

 

 

 

 

 

情弱がすごく多いです。

ただ、こうした人たちはいずれクレジットカードで同じことになるので、5万円程度というのはむしろ良心的なのではないかとも思います。
大人になって200万円、300万円の無意味な借金をするより、ずっといいようにも思えます。

 

 

6 メルカリでも同様に事件が

メルカリでも現金化を目的とした現金の出品など不安になるような事件が多々ありました。
ZOZOTOWNのみならずネット商取引が誰でもできるという現代の便利さは1つ怖さを孕んでいるように感じます。

7 犯罪に発展する可能性も?

ZOZOTOWNのツケ払いはともかく、メルカリの現金の販売に関しては、そもそも現金を送るのはアウトです。指定された送り方をしなければいけないわけです。

メルカリでは、手数料が10%取られており、その中で現金の販売で利益を出そうとしたら、送料も安くしなければいけません。
なかなかに大変なことが分かります。

このまま様々なことが続くと、犯罪に発展する可能性もあるのではないでしょうか。

Thumb 003 4

buzzneet

バズを狙い続ける