RanQ


UIとUXは全く別のレイヤーであることを理解しよう

  • Thumb new kigyoka
  • 1
  • 330View

UI/UXデザインみたいな言葉がある通り、UIとUXってある種同列に語られる部分があるように思うが、実際は全く次元の違う話であり、なんなら包含関係にすらあるのでもう少し違う言葉を使うか別ものの言葉として語るべきでじゃないかとは思っている。

ユーザーインターフェースはその名の通り、インターフェース入出力の部分、つまりユーザーがボタンを押したりする接触面を指すことがほとんどである。それに対してユーザーエクスペリエンスは対をなす存在であるようにUI/UXという表記は誤解を招く。

ユーザーエクスペリエンス、つまりユーザーの体験ってその指すものが広すぎてもはや『顧客に提供する価値』くらいあまり意味をなさない言葉になっている気がする。 そして、UX自体に狭義でのデザインでできることというのはわりと少ないんじゃないかなとは思うのでデザインと呼ぶべきなのかとも思う。

インターネット領域においてデザイナーの役割が広義になったように、既存のリアル領域(建築とか、不動産とか)においてもデザイナーってユーザーの導線とか体験とかも考慮に入れた上で、というよりむしろそちらが主軸になっているのだろうか。 そこらへんはかなりのスピードでIT界が先をいってそう。もしかしたらそれを後追いしてリアルのデザイナーの概念も変わるかもしれない。

 

 

 

Thumb new kigyoka

起業家.comの代表の人ツイッターはこちら