RanQ


初心者から上級者まで レベル別動画編集のススメ

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 4855View

近年はYouTube市場の活性化に伴って動画編集に興味を持っている人が多いのではないでしょうか??

「でも、動画編集ってどうやってやるの?」

「難しそう・・・」

「ソフトは?パソコンは??」

という声が初心者の方なら思ってしまうのではないでしょうか??

動画編集は使用者の技術力、そしてどんな動画を作りたいのか??これによって使うソフトは変わってきます。

「とにかく性能が良いもん買ったほうがいいだろ!」とAdobe Premiere Pro CCなどを使うと使い方がまったく分からなくてソフトの1/10も使いこなせないでしょう。

例えるならば、最上級の性能を持ったレーシングカーに乗ったペーパードライバーといったところでしょうか笑

「どのような編集をしたいか?」ということも動画編集をする上で大切なことです。

適切なソフトを使うことでお金を無駄に使うこともなく、挫折することなく、楽しく動画編集をすることができます!

1 MacとWindowsどっちがいいの?

初めて編集をするとなると使うソフトはおそらくWindowsならムービーメーカーなど、MacならiMovieと言うことになります。

こちらはどちらも無料で利用できます。

どのレベルで使うかにもよりますがぶっちゃけ動画編集ソフトにだけ焦点を当てるとimovieをおすすめします!

つまりMacですね。

iMovieはMacのビデオ編集ソフトで、画像ファイル、映像ファイル、オーディオファイルを用い作った映像を、様々なファイル形式で動画作成する事が出来ます。USB経由で接続されたデジタルビデオカメラから映像を取り込む事も出来ます。iMovie 8.0の動作環境はMac OS X v10.5.6以降です。

ほぼ両者ともできることは

・動画の素材を取り込む

・カット

・タイトルやキャプションを入れる

・BGMを入れる

・スライドショーを作る

・アニメーションを入れる

・エフェクトを入れる

なのですが、iMovieがなぜ優れているかというと

「タイムラインが見やすく直感的な操作性だから」です

という点です。

アニメーションの数やエフェクトの数はさほど差異はないかなと個人的には感じました。

上がムビーメーカーのタイムラインで、下がiMovieのタイムラインです

iMovieの方がスッキリしていて「どこまでテキストが出るか」、「どこをカットしていてどこにアニメーションが加わっているか」、「どの映像がどの映像と重なっているか」、「BGMの範囲」などが見やすいです。

操作性もドラッグあんどドロップなどでそうさが簡単にできるので私的にはiMovieが使いやすいと思います。

動画編集においてMacとWindowsどちらが優れているか?という論争をよく耳にしますが、ソフトウェアが様々あるのがWindows、個人的な感想ですが操作性でいうとMacに軍配があがるのではないでしょうか。

YouTuberの人も基本的にMacを買っている人が多いですね。

最近ではMacProという動画編集に特化したPCが販売されており、トップYouTuberの方御用達となっています。

しかしながらMacは高いという難点があります。

同じスペックでもMacのPCはWindowsのPCに比べて値段がはるかに高いです。

高性能のPCを求めるならばWindowsの方がいいのかもしれませんが、それは本当にお仕事などで映像を編集・制作する人だけです

結局のところMacとWindowsどちらが優れているか?という課題に結論は下せませんでした。。。

日本1のYouTuberはじめしゃちょーはMacとWindows両方のハイスペックPCを使っているそうです。

それはなぜなら「Windowsの方が優れているところもあるし、Macの方が優れているところもあるから」だそうです。

私的には愛用しているMacを押していところですがコスパ、目的、ソフトの観点からよく吟味して判断してください。

 

2 中級者から上級者まで 優秀な「Final Cut Pro X」

Mac専用のソフトで非常に優秀な「Final Cut Pro X」というソフトがあります。

トップYouTuber  (ヒカキンさんなど)も御用達のこのソフトはタイムラインの管理を圧倒的に簡単にする「マグネティックタイムライン」や「複合クリップ」、「オーディション」の機能がついています。

Macの動画編集ツールはタイムラインを見やすく扱いやすくするという点において非常に優れています。

簡単にいうとFCPXはiMovieの超パワーアップverです。

iMovieに様々な機能を足したのがFCPXとなります。

とりあえずはエフェクトやテロップ、アニメーションの数が多く高度なキーイングを簡単にできます・・⓵

※⓵キーフレームとは、アニメーションであったりを動かす上で動き方の変化を定義するポイントです。例えば、1秒目から、3秒目までに2秒間かけて、すごいスピードでズームをして、3秒目から4秒目にかけて1秒間かけて、ゆっくりズームするなど。そういった緻密なコントロールは、iMovieでは簡単に行うことができません。

あとは合成などの技術も簡単にFCPXならできてしまいます!

私も愛用しているのですがFCPXには今の所文句はありません!

たまに多少機能をもう少し追加してくれたらな〜と思うこともありますが、、、笑

3 人気トップの上級者向けソフト「Adobe PremiereProCC」

Adobe PremiereProCC

あのIllustratorやPhotoshopなどの充実したソフトを出しているクリエイター御用達のAdobe。

そんなAdobeの動画編集ソフトAdobe PremiereProCCはもかなり優秀です。

おそらく動画編集ソフトの中では最もできることが多いのではないでしょうか?

優れていいる点をあげると

  • 映像・音声エフェクト・トランジションの数がめちゃくちゃ多く、それでいてクオリティも高い
  • プレビュー再生(レンダリング)を「GPU処理」出来る(らしい)
  • 他の有料動画編集ソフトに比べて割りと動作が軽い(超多機能のくせに)
  • エンコード速度が早く(らしい)、対応フォーマット・コーデックも多い
  • 画面のレイアウトがすごい分かりやすい(めちゃくちゃ多機能なくせに)
  • カラコレ・カラグレ(コントラストとか色調とかを変更して映像の最終仕上げをする事)をワンボタンで簡単に行える(それっぽい映像になる)
  • ・・・・etc

ときりがありません。

Adobeが出しているソフトウェアなのでWindowsでもMacでもどちらのOSでも使うことができます。

できることがありすぎるのですがそれゆえの難点もあります。

「操作が難しい」

※↑で簡単いできる等言ってますがそれは動画編集に慣れている人ならではです。

「初心者には扱えない」

「しばらくいじらないとどれがどのボタンかなど理解ができない」

などです。

まさにF1カーのようにハイスペックだけど難しいものです。。。

後多機能すぎる故なのか動作がFCPXよりも遅いですね。

そして操作性が堅いというか、直感的にスムーズな操作はできないです。

扱いこなせればこれほど素晴らしいソフトはないのですが、扱いこなすまでがいかんせん難しい、、、

テロップやエフェクトの質も段違いなのですがね。

しかし、ぶっちゃけ動画編集を極めたい!という人はPremierePro一択でしょう!!

4 エフェクトが思ってたんとちゃう!自分で作りたい「Adobe After Effects CC」

こちらもAdobeのソフトAdobe After Effects CC

こちらは動画編集ソフトではありません

これは動画の「エフェクトやアニメーション、テロップなどを自分で思う通りに作れる」という夢のようなソフトです。

内蔵されたエフェクトだけでは物足りなくなり、「こんな感じにしたい!!」というイメージをそのまんま実現できるのがAE。

アドビのサイトの文を引用すると

「After Effects は、映像を加工したり、白紙の状態から映像を作り出すことができるソフトウェアです。短いカットや複雑で細かい設定が必要なムービーを作成する場合に使用します。Premiere Pro は、素材となるムービーのパーツを時間軸に並べて編集するためのソフトウェアです。いくつものカットをつないだり、簡単なテロップを入れたり、比較的長めであまり複雑ではないムービーを作成する場合に使用します。」

です。

自分のイメージがはっきりしていてそれを実現させたい方にはぴったりではないでしょうか??

ただこちらもAdobeのソフトなので非常に操作が難しいです。。

Adobeのソフトは基本的に機能が充実しすぎているが故にそれを理解するまでが時間がかかります笑

扱いこなせれば優秀なソフトばかりなのですがね・・

私もAEにはお世話になって編集の幅がこれにより止まることを知らなくなりました笑

 

5 最強の組み合わせ「AE+FCPX」

私がお勧めするのは最上級者には「Adobe After Effects CC」と「Final Cut Pro X」が最強のソフトだと思います。

美しくさらに操作しやすいFCPXで基本的な編集を行い、足りないエフェクトやFCPXでは再現できない部分をAEで作る。

このスタイルで私はいつも動画編集をしています。

このコンビネーションを使うと

こんな素晴らしいMAD動画も作れちゃいます!

というかこの2つにできない動画はないです!

ただAfter Effectsとかも趣味で動画を作成する方には正直いりません。

iMovieで十分です笑

6 動画編集を上達するためには??

動画編集を上達させるための最も簡単なことは

編集された様々なタイプの動画を見ること

です。

これはある程度自分の使っている編集ソフトを使いこなすことができたら、の話です。

「ここをいじればればこうなる」というのを理解すれば、あとは他の人の動画を見まくりましょう。

「この編集どうやってやってるんだ??」という点が見れば見るほど出てくるはずです。

そのような点を自分で調べて実際に自分で軽く作って見る。

この方法でぐんぐん編集の幅が広がっていきます。

オススメはアニメのMADやトップYouTuberの方々の動画、あとはバラエティ番組とかも参考になります。

編集という点を意識して動画を見るようになると今まで非常に動画を見ることがより楽しくなります。

ちなみに登録者数が多いYouTuberさんは基本的に編集が上手いです!

はじめしゃちょーさんなど編集を毎日しているだけあります。。

動画編集上達はまず人の動画を見て学ぶ!

そして自分で作って見る!その繰り返しです!