RanQ

20160916062448

洗脳から身を守るためにできる3つのこと

  • Thumb img 0691
  • 13
  • 1548View

洗脳というと魔法のような聞こえがしますが、実はもう日常生活のあらゆるところに存在します。

AV撮影の強要では、若い女性の説得のために、何人もの大人が何日もかけて説得のために囲い込んだりしますよね。「AV女優という仕事を差別しているのは君だ!」なんて言って申し訳なさを植えつけます。
宗教の勧誘では、とりあえず一回会合に来てみてるだけでいいからとハードルの低いところから始めようとします。

大学のヤリサーでは、入会後の飲み会の実態にショックを受けた新入生を心理的にケアする先輩女性を配置したりします。

そういえばホリエモンは「全ての教育は洗脳である」なんて本を出していますね。教育もある種の洗脳だっという主張もある意味真実でしょう。

就活も一緒で、何度も採用する側と"採用してもらう側"として面接を受け続けるうちに、"就活生に雇ってもらえるだけで素晴らしいことなんだ"っと刷り込みが行われていきます。

 

洗脳の恐ろしいところは、自分でも気がつかないうちに、取り込まれてしまうことです。

ある意味最強の洗脳とは、最強のビジネスかもしれません。

例えば0円の価値しかないものを1万円の価値があると刷り込んで、売りさばいたとしたら、その営業マンは超有能でしょう。

これがブランドというものです。

AppleのiPhoneの原価は3万を切るかと思いますが、それを7万といった値段で売っているのは、ブランドによる洗脳です。

 

1 3つの洗脳戦略と3つの対抗策

話が逸れましたね。

 

この洗脳。一歩立ち止まって考えれば、何かがおかしいって気づけるはずなのに、それでも間違いを犯してしまう。それはなぜでしょうか?

これらの洗脳は経験則にせよ、意図的にせよ心理学を利用しています。人の心理(自然な心の動き)に基づいているため、違和感を感じることができないんです。

逆にいえば、洗脳は違和感を少しずつ取り除いていき、常識を書き換えていく過程といえます。

 

大きくいって3つ。

①迅速な決断を強いることで、慎重な判断を奪う。

②1対多で囲うことによって、客観的な思考を奪い、常識を書き換える。

③ハードルの低くし、抵抗を徐々に取り払い、また引き下がれなくする。また恩義や責任感を与える。

 

この3つは非常にシンプルな心理学的テクニックなので様々な環境で日常的に応用されています。

 

ではこれらの心理学的テクニックに対抗する術はあるのでしょうか?

 

上の3つを裏返せば良いんです。

❶ゆっくりと多様な意見に耳を傾けること。日をまたいで考察したり、明確な判断軸を設けることで慎重な判断をすること。

❷1対多の環境で決断をすることを避けること。人は多数者圧力に追従し、同調してしまうという性質があります。これは1951年にアッシュという学者が実験で証明しています。
❸美味しい話などはないとわきまえることですね。セールスマンはあの手この手で商品やサービスの魅力を語ってきますが、それは相手にもメリットがあるからするに過ぎないのです。

お試しを体験したら、「お試しに参加してやっただけ感謝しろよ」ぐらいがちょうど良いです。断ったからって失礼だ差別だなんだと言われる筋合いは全くないんです。

2 洗脳から身を守るには、洗脳の手法を学ぶことが大事

昔オウム真理教に関して勉強したことがありました。

彼らのことが自分ごとに思えなかったことが洗脳に関して調べたきっかけです。

歴史的犯罪を犯した彼ら彼女らはもともとは真面目で純粋で敬虔な信者だったはずです。

しかも高学歴とハイインテリジェンスを兼ね備えていました。

これは学歴や思考力は、洗脳とは無関係であることを意味します。

 

どんなに慎重に生きても対抗するために心理学や戦略を見抜く目を培っても、騙される時には騙されます。

なぜなら騙す側は、パターンの蓄積があるからです。何人もの人を騙し引っ掛けているため、こちらがどんな反応するか、その反応をした場合はどう対応すれば良いかを見抜いています。

逃れるためには、できる限りの予防線を張って、慎重に生きるしかありません。そうやって賢く生きていくしかないのでしょう。

3 その他お勧め記事

もしも彼女にLINEブロックされたら〜復縁を望む男性へ〜

自覚してる?プロポーズされない残念な女性の特徴3選

あなたにおすすめの記事

Cdbb5b16681fee96e479ee8ca163597a

若い男性はチャラい方がいい理由