RanQ


主婦ならパートより断然介護派遣!メリット・デメリットをご紹介します!

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 533View

介護派遣という働き方をご存知ですか?

子供も大きくなったし、自由な時間で良い時給の働き方ないかな?

 

真っ先にパートで働くことを考えがちですが、パートは会社と直接雇用でシフトや残業に縛られてしまいます。

そこでオススメなのが、介護派遣です。

介護の職場は女性9割、男性1割と圧倒的に女性が多い職場です。

主婦の方ならすぐに適応できるはず。

また派遣ならサービス残業や、シフトに縛られることもありません!

介護派遣のメリット、デメリットをご紹介します。

1 メリット

・介護派遣でも資格は取れる

介護の仕事をする以上、やっぱり気になるのは資格が取得できるかどうかですよね。

結論から言うと、派遣でも資格は取れます!

 

なぜかというと、

介護福祉士の受験資格は

引用:http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/k_08.html

 

従業期間3年ということは、勤務時間は含まれていません。

1日に何時間働くという事は明記されていないので、8時間働こうが3時間働こうが、1日とカウントされます。

正社員のように時間に縛られず、時間を選んで働ける。

さらに派遣会社によっては、資格取得支援制度があり、ケアマネージャーまで資格の取得をサポートしてくれるところもあります。

 

派遣介護は資格を取るのに、とても効率の良い勤務形態といえます。

 

・高時給

資格の取得と同じくらい重要なのが給料ですよね。

パートで働いた場合とどれくらい違うのか。

パート 1000円~1200円

派遣  1100円~1700円

また正社員よりも月収を上回る場合もあるようです。

 

正社員            20万円

派遣  1700円×7時間×20日=23.800円

頑張れば、正社員よりも稼げる可能性があります。

ガッツリ働きたい人、短い時間でサクッと働きたい方に派遣介護は悪い選択ではありません。

 

・残業はない

正社員やパートで働いていると、残業もしばしばありますね。

人手不足の介護業界なら尚更です。

 

でも高い給料を派遣には払っている派遣は残業させられる事はめったにありません。

仮に残業させられた場合、割増賃金(25%アップ)が支払われるので稼ぎたいのであればラッキーぐらいに思っていていいかもしれません。

 

・紹介予定派遣として働くことも出来る

紹介予定派遣とは数ヶ月派遣で働いた後に、双方の合意(直接雇用)で正社員として契約することが出来ます。

もし将来、正社員で働くことも視野に入れているという方は、一度派遣として施設の雰囲気を肌で感じてみましょう。

 

 

2 デメリット

・ボーナスがない

正社員、パートとは違って当然ボーナスは出ません。

時間給にすると正社員より高くても、働く日数によっては年収も低くなります。

 

・確実に希望通りの職場で働けるわけではない

あまりにも遅刻や勤務態度が悪いと施設側から断られてしまう場合もあります。

ただよっぽどのことが無い限り、普通に働いていれば問題はないでしょう。

 

・即戦力を求められる

施設側は新人ではなく、即戦力として派遣を求めています。

介護の基本的な技術や知識は身につけているべきです。

とは言っても誰でも勉強し実践する事で、介護の基本は学べます。

全くの新人の方は介護の本や研修に参加し、ある程度経験を積んでから派遣として働くとスムーズにいきます。