RanQ


サスペンスドラマでよく見る青酸カリ あんなシーンは存在しない!?

  • Thumb thumb illust 52
  • 3
  • 233View

毒を盛られた直後に死ぬ...よくサスペンスドラマで見るシーンですよね

実はそんなことはなくて15分ほど苦しんで死にます...Σ(・□・;)

ん...!?

題名には死なないと書いてありますね

ここからは入手から殺し方まで解説していきます!!

 

青酸カリはシアン化カリウムともいい化学式でKCNと表します

白色の粉末で置いておくと空気中の水分を吸ってベタベタになる潮解性という性質を持っています

使用用途はというと冶金やメッキに使われています

意外に身近にありますね...

犯人はどこで青酸カリを手に入れるのかというと...

メッキ工場、大学や研究所から盗むのが有力なんじゃないかなーと考えています

たぶん警備が甘いメッキ工場が一番多いですね

 

青酸カリは手に入りました

いよいよ殺しの段階ですね

青酸カリを口に入れることを前提とします

飲み物やカレーに混ぜます

経口時の致死量は0.15-0.3gと言われています

確実に殺すために今回は0.3gとします

 

ターゲットが毒入の飲み物を飲みます.......!!??

 

 

なんとすぐ吐き出してどこかに行ってしまいました......

実は青酸カリ、口に含むと味が強烈で口中に激痛が走ります

0.1gですら騙して飲ませるのは不可能でしょう

 

仮に0.3g騙して飲ませることができた場合はどうなるか...

めまい、嘔吐、痙攣、動悸で苦しみながら15分以内に死にます

完全犯罪!?どころか下手したら近所の人が心配してくるんじゃないでしょうか....

青酸カリは殺しには向いていません

ドラマでよく見るあのシーンはいったい誰が考えたのでしょうか.....

 

次回は殺すならこの毒だ!!!というのを紹介します