RanQ


ワックスつけたまま寝るとハゲる!?3つの理由

  • Thumb o050005001364825940913
  • 1
  • 730View

「ワックス付けたまま寝落ちした」

「今日疲れたからお風呂入らないで寝ちゃおうかな」

 

そんな方は要注意です。

ワックス付けたまま寝るとハゲになってしまうこともあります。

 

1 界面活性剤が髪や頭皮に悪影響を与える

ワックスなどの整髪料の多くには界面活性剤という成分が含まれています。この成分は洗剤やシャンプーなどに含まれています。

 

界面活性剤にはタンパク質を分解する作用があります。

人間の髪の毛はタンパク質でできているため、長時間つけ続けていると髪の毛がダメージを受けてしまって、せっかく生えている健康な髪が痛んでしまう可能性があります。

さらに、長時間ワックスをつけたままにしたことがある人はわかると思いますが、頭皮が痒くなります。

これはワックスが頭皮に付着してしまった結果、頭皮がかぶれてしまっている状態です。これは髪の毛と同様に、皮膚もタンパク質でできているためです。

 

頭皮環境が悪化してしまうことは薄毛の原因の一つなのでこのような状態が習慣的に続くと髪の毛が十分に成長することができず、ハゲる原因になってしまいます。

2 ワッワックスをつけたままにすると毛穴がふさがってしまう

ワックスの付け方が悪いと毛穴をワックスがふさいでしまう事があります。

その状態でワックスをつけたまま寝ると、毛穴から排出されるはずの汗や皮脂などの老廃物が溜まってしまいます。

そうすると髪の毛に必要な栄養が行き渡らなくなってしまい、抜け毛や薄毛の原因になります。

3 枕や布団に細菌やダニが繁殖してしまう

 

ワックスをつけているとより汚れがつきやすくなっています。

このような皮脂やホコリなどの汚れは細菌やダニの餌になってしまいます。ワックスをつけたまま寝ると枕や布団にこういった汚れが付着し、そこに細菌やダニが繁殖する可能性があります。

このようなことが続くとフケ、臭い、抜け毛などが発生するようになり頭皮環境が悪化します。