RanQ


Tポイントと提携していて使いやすいクレカ、Yahoo!JAPANカードについて

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 245View

「プレゼントボックスプレゼントボックス」のフリー写真素材を拡大

 

Yahoo!JAPANカードについて書いていこうと思います。検索サービスでの使用や知恵袋などの様々なサービスを使っている人も多いと思います。ヤフーのサービスもお得に使えるようになるので、すでに使っている人は発行を考えてみても良いかもしれません。

1 基本情報

・年会費は無料になります。

・国際ブランドはVisaとMastercardとJCBになります。

・Tポイントが貯まっていきます。通常の還元率は1%になります。通常の還元率とは買い物する場所や時間に限らず貯まる還元率ということです。

・また、Tポイントカードとしての機能を持っているため、ファミマなどのTポイント提携店での買い物ではこのカード1枚出すだけでクレジット払い分のポイントとTポイントカード分のポイントの両方をもらえます。

・リクルートカードなどと違い、旅行保険などは付帯していません。ショッピングガード保険という保険サービスも付いています。このカードで購入したものが壊れてしまったり、盗まれてしまったら、その物品の購入金額の一定分の金額が補填されます。購入から90日以内であったら、100万円まで補填されます。自己負担額は3000円で、商品の価格は1万円以上のものが対象になります。

・Apple Payに登録することもできます。カードを持ちながら、レジでスマホを出すだけでお会計が可能になるということです。

・モバイルSuicaへのチャージといった買い物以外での使用でも貯まっていきます。nanacoへのチャージでも貯まっていきます。

2 たくさんのポイントをもらう方法

ヤフーショッピングでの買い物では購入金額の3%分相当のポイントがもらえます。こういったショッピングサイトで高還元率で買い物できるのは非常に良いです。専門店と違っていろいろなものが買えるからです。

3 ポイントの使い道

・Tポイント提携店ではクレジットの支払い分とTポイントカード分のポイントがもらえ、貯まったTポイントはそこで使うことができます。

・CDやブルーレイ、書籍のお店では、TSUTAYAや新星堂といった提携店があります。

・スポーツ用品店では、アルペンやスポーツデポといったお店があります。

・コンビニでは、ファミマやサークルK・サンクス、スリーエフがあります。

・ドラックストアでは、ウエルシアやハックドラックといったお店で使えます。

4 実際にどれくらいお得になるの?

月に10万円このカードで消費した場合、現金を使うよりも1000円お得になります。またこのうちヤフーショッピングで買い物をしたならば、1300円もお得になります。年間で言えば、15600円の支出の削減に繋がります。