RanQ

Goripaku2894 tp v

たくさんポイントが貯まりやすい、ビックカメラのクレジットカードについて

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 55View

「眼鏡もヘッドフォンも置いて一休み眼鏡もヘッドフォンも置いて一休み」のフリー写真素材を拡大

 

家電量販店と鉄道会社が一緒に発行しているクレジットカードであるビックカメラSuicaカードについて書いていきたいと思います。
ビックカメラでよく買い物をするやそもそも家電量販店でたくさん買い物をする人は気になっている人もいるではないでしょうか。

1 基本情報

ブランドはVisaとJCBから選ぶことができます。初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は477円かかっていきます。しかし、年に1回利用することで年会費は無料になります。1年という期間を考えれば、全然無理なく使えるので実質無料といった感じと言えるでしょう。

カードを使うことで貯まるポイントは面白いことに2種類あり、ビューサンクスポイントとビックポイントです。通常の買い物では金額の0.5%分のポイントがそれぞれ貯まるので、還元率は合計1%になります。しかし、suicaにチャージした場合は、チャージした金額の1.5%分のビューサンクスポイントが貯まります。つまり普段買い物をするお店でSuicaの使えるお店が多い場合、このクレジットカードからチャージしたSuicaの電子マネーで支払うことで、1.5%還元で買い物できるということになります。0.5%還元のクレジットカードも多い中で、これはかなりお得です。クレジット機能の付いていないポイントカードでも、ビックカメラは基本的に購入分の10%分のポイントがもらえます。これをクレジット経由でSuicaにチャージした電子マネーで買えば11.5%分のポイントがもらえることになります。またビックカメラだけでなくコジマでもポイントが多くもらうことができます。ビックカメラは近くにないけど、コジマはあるという人も使いやすいですね。

楽天カードなどと違ってSuica機能を付けることができるのも便利です。持ち歩くカードの量を減らせますからね。

入会することで、6500円分のポイントをもらえるキャンペーンをしていることもあるので、このカードを作るのに特に急いでいない人はこのようなキャンペーンを待つのも一つの手です。

ポイントを貯めることにおいて、とてもお得なカードですが、このカードのややこしいところは2種類のポイントが貯まっていくことです。ここからはそれぞれポイントごとに分けて書いていこうと思います。

 

2 ビックポイントの使い方

ビックポイントとは、ビックカメラにおいて購入金額から引くことで使えるポイントです。ビックポイントをSuicaのマネーに変換することが可能にもなります。これはビックカメラで買い物をする習慣のない人も無駄なくポイントを使えるため非常に良いです。

3 ビューサンクスポイントの使い方

ビューサンクスポイントは他にもいろんなものに交換できます。例えば、ルミネの商品券と交換することもできます。普段の生活の中で、ルミネのある新宿や池袋を通るような人は良い交換かもしれません。商品の中にはお米もあるので主婦や一人暮らしの人は助かるかもしれません。またグリーン車の利用券にも交換でき、Suicaと提携しているカードならではという感じですね。これは特急をよく利用する人にとっては良い条件ですね。電車の形をしたパソコン用マウスなどここでしか交換できない鉄道グッズに交換できるときもあるので、これは鉄道ファンにとって魅力的かもしれません。ビューサンクスポイントはビックポイントに変換することも可能であり、これはビックカメラでしかポイントを使わないという人には良いシステムですね。

ちなみに一つ注意点を書くと、ビューサンクスポイントは1ポイント=2.5円という計算です。最近1ポイント=1円のサービスが多い中で、体感として思ったよりも全然貯まらないと不満に感じてしまう人もいるかもしれませんが、心配する必要はありません。