RanQ


現代文の解き方!センス不要の『読解力インストール法』

  • Thumb img 7535
  • 2
  • 581View

↓私が書いた本はこちらからチェック!↓


クラスで下から三番目だった私が東大に合格できた 大学受験 成績爆アゲ勉強法

~~~~~~~~~~~~

皆さんこんにちは!現役東大生のヒデキです!

現代文ほど、勉強の方法がわかりにくいものってないですよね。

学校の先生にわざわざ聞きに行っても

「まあやっぱ本をたくさん読むことですね。」

くらいの返事しか返ってきませんし。

 

しかし、ほぼ全ての大学で課されるのが現代文。避けることはできません。

 

ということで、今回はなんと、センスや才能に左右されず現代文が解けるようになる、

『読解力インストール法』

を、特別に!公開しちゃいます!!!

 

文章を読むときには、文書の内容をつかむための読み方のコツ・ポイントがあるというのは皆さんも知ってるかと思います。

とはいえ、あるのは知っててもなかなか使いこなすのは難しいもの・・・

今回はそれらのポイントを使えるようになるにはどうすればよいのかということを解説したいと思います!

 

もしかしてこういうポイントってセンスとか、

もともとの頭の良さに左右されると思っていませんか?

 

そんなことはありません!とっても簡単な方法でこれのセンスをしっかりと体に身につけて行くことができます!

1 いつまでたっても現代文の解き方が身につかないわけ

現代文についてちょくちょく耳にする話として、文章の読み方というものがありますね。

 

例えば、

・結論がどこにあるか。

 

最初に書いてあることと最後に書いてあることが多いですし、どっちもに書いてあることもあります。

他には、

・『いずれにせよ』の後にはそれまでの内容を大きくまとめた要点が来る、『つまり』の後も要点が来る。

・『もちろん~だが』の部分は反論を防ぐために書いてある程度の部分で、そんなに気にしなくていい。

・『〇〇とはどういうことだろうか?』という問題提起を見つけたら、必ずその答えがどこに書いてあるか見つけること。(親切な文章だと直後に書いてあることもある。)

 

など、これらの文書のポイント、どれか一つぐらいはあなたも聞いたことがあるかと思います。

 

現代文の参考書で見たり、授業で聞いたりしていくわけですね。

 

これらのポイントを見たとき、勉強に熱心な人は

「よし、これらを踏まえて問題をとこう!」と意気込み、問題を解く前にこれらのポイントをざっと見てから問題にとりかかるですが、

 

いざ解きはじめると解いてる最中にこれらのポイントはすっかり忘れてしまい、

解き終わって答え合わせしている時に

「あ”あ”そういえばこんなポイントあったかー!すっかり忘れてたぁー!」となってしまい、

 

次の問題を解くときにまた

「よし、これらのポイントを踏まえて解こう!」とポイントをザっと見るのですが

やはり解きはじめると全部頭から抜けてしまう・・・

 

という無限ループに陥りがちです。

これでは、いつまでたっても現代文の点数は上がりません。

2 現代文の解き方は『読解力インストール法』で解決!!

こういった現代文が上達せずいつまでも前に進めない状況を脱することができるのが・・・

 

『読解力インストール法』

 

ですっ!!!

読解のポイントを使いこなすためには、『暗記してしまうこと』が大事です!

どうするかというとノートを半分に区切り、左側には例えば、

「『いずれにせよ』のあとには何が来るか?」

と問題を書き、

右側の部分には

「それまでの内容を大きくまとめた要点が来る」

といったふうに答えを書きます。

 

他にも、たとえば

左側に「『もちろん~だが』という部分はどうすればいい?」と書き

右側に「大事な部分じゃないので、軽く読み流すくらいでよい。」というふうに、

 

一問一問多の形を作り、それらを暗記してしまうのです。

 

こうすることで、たとえば『文章を読んでいて、「いずれにせよ」の文字が目に入ったとき』など想定していた場面に遭遇した時に

「あ、こういう時にはこうすればいいんだった!」というふうに体が反応することができるのです!

 

たしかに、わざわざこんなことをしなくても、

毎回ポイントを適当に読み流し失敗を繰り返すのでも、

 

何十回も繰り返せばだんだんと文章の読み方のコツが身についていって

いつかは力がついていくかもしれません。

 

しかし、それでは成長が遅すぎます。しかも勉強しても成長した気がしないので現代文を勉強するやる気も出てきません。

 

ということで、しっかりとポイントを暗記して、それを実戦で生かしてゆくというアプローチを取りましょう!

こうすることで文章を読むための読み方の方を身につけるスピードが格段に上がります。センスや才能に左右されることもありません。

 

今回は世間では紹介されない現代文の勉強の仕方とっておきの方法をご紹介しました!

さっそくあなたも活用して、ライバルたちに大きく差をつけてください!

 

受験においては当然、現代文の力も大切ですが、

第一志望に受かるにはほかの科目もしっかり点をとれる必要があります。

 

私の書いた本では、現代文以外でも、高3から勉強をはじめて成績をグングン伸ばしていける方法を紹介しています!

iphoneでもAndroidでも、スマホで普通に読めます!コンビニ払いで購入できるので、カードを持っていなくてもOK!

受験の力強い味方として、ぜひ活用してください!

 


クラスで下から三番目だった私が東大に合格できた 大学受験 成績爆アゲ勉強法

Thumb img 7535

ヒデキ

東京大学の二年生。文科二類 現役のときから東大模試でA判定をとるも、 本番で0.2点足りず、もう一年、受験生をやることに。(悔しかった!) そこからさらに力をつけ、秋の東大オープンで、文科二類を志願する1000人強の中で9位をとり 2016年に無事合格、晴れて東大生に。 今でもテスト期間に使っている私の勉強法を凝縮した本は ↓こちらからチェック!↓