RanQ

Tbm 20161017185212

あまり教えたくない気軽に痩せれる方法

  • Thumb 4klhoxqi
  • 2
  • 90View

女性の約9割が痩せたいと考えています。

痩せたいけどお金をかけたくない。タダがいい。

そんな人向けに誰でも簡単に痩せれちゃう方法を特別に

教えちゃいます!

1 有酸素運動が痩せる理由

これは、単純に脂肪は酸素を取り込まないと燃えないからです。

ですが、息切れするほど有酸素運動をしてもいみがありません。息切れしているってことは、酸素が足りてない=脂肪を燃やす酸素も足りていないってことになりますからね。

 

有酸素運動で脂肪が燃えるまでの流れ

  1. 有酸素運動を始める
  2. エネルギーが必要となる
  3. 血液中の糖質をエネルギーとして使う
  4. 足りなくなり、肝臓や筋肉に蓄えられている糖質を使い始める
  5. 肝臓や筋肉の糖質も足りなくなり、やっと脂肪を燃やしてエネルギーとする(脂肪燃焼)

これでやっと脂肪が燃えます。

有酸素運動をしても肝臓や筋肉の糖質も足りなくなるまでやらないと脂肪は燃えません。

ですが、大丈夫。一般的に15分以上有酸素運動を続けると肝臓や筋肉の糖質も使い始め、いづれ脂肪を燃やし始めます。

さらに、準備運動を行うことでアドレナリンが分泌し始め、その分運動をし始めてからの脂肪が燃焼するまでの時間短縮をすることができます。

2 おすすめ有酸素運動(室内)

有酸素運動で最も有名なのが『ジョギング』です。

ですが、「一々着替えて外出るのが面倒」「継続できなそう」って思う人もたくさんいると思います。

私もそう思います笑

今回は室内で簡単にできるおすすめ有酸素運動を紹介させていただきます。

おすすめ1 フラフープ

実は、フラフープも有酸素運動に含まれます。しかもお腹を刺激するため、お腹の引き締めの効果も期待できちゃいます。

少し早いペースのジョギングを30分行った場合の消化カロリーが200kcalに対して

フラフープを30分行った場合の消化カロリーはなんと300kcalです。ジョギングの1,5倍の効果ですね。

 

おすすめ2 エア縄跳び

これは2つの棒を両手にもち、ただエアの縄跳びをするだけです。

普通の縄跳びと違ってスペースを必要としないのでおすすめです。棒を多少重いものにすると腕の引き締まりにも繋がります。

こちらも30分行った場合300kcalの消化です。

ジャンプの仕方を工夫するだけでさまざまな効果も期待できます。

参考にどうぞ。↓