RanQ

Search?p=hage&ei=utf 8&fr=top ga1 sa#mode%3ddetail%26index%3d58%26st%3d2277

ハゲの原因

  • Thumb 4klhoxqi
  • 2
  • 105View

 

ハゲを治そうと努力している人はたくさんいます。

その中のほとんどの人が育毛剤、サプリメント、クリニックなどを利用していると思います。

それらを利用してハゲが治った人もたくさんいると思います。

けど、ハゲが治っても、ハゲた原因となる部分を治さないと再びハゲると思いませんか?

育毛剤やサプリメント、クリニックはどれも有料です。

でも。ハゲた原因となる部分を知ることはタダです。

原因となる部分を治すだけでハゲの進行を止められるかもしれません。うまくいけば再び髪を生やせるかもしれません。

1 睡眠不足

髪も体の一部です。不規則な生活をすると弱まります。

睡眠時間が少ないと代謝や血行が悪くなり髪に栄養を届けることが出来ません。

人の頭皮は起きている間は緊張状態にあります。

十分な睡眠をすることで副交感神経が働き、脳が休まります。

脳が休まることで緊張状態で収縮していた血管や毛細血管まで、滞りなく良い血流を生み出し髪の毛まで栄養を届けてくれます。

 

夜の10時~2時の時間帯が最も成長ホルモンが分泌が行われる時間帯だと言われていて、髪の成長を促すのに最も最適な時間帯です。

この10時~2時の時間帯はゴールデンタイムと言われています。

できるだけゴールデンタイムには就寝しましょう。また、7時間以上の睡眠も大切です。

このことを意識するだけでもハゲの進行を止められる可能性はグッと上がります。

 

朝起きるのがつらい方はのび太も寝坊しなくなるすごい方法を試してみてはいかがですか。

2 不規則な食生活

 

栄養バランスをあまり取ることのできないファストフードやコンビニ弁当ばかりを食べていると髪や頭皮に良いことはありません。

むしろ悪影響を与えてしまいます。

髪の毛の成長には、『タンパク質、ビタミンA、ビタミンE、亜鉛など、、、』が必要不可欠です。

偏った食生活を続けると、髪の毛の成長に必要な栄養も不足してしまいます。

また、脂質を摂取しすぎると血行が悪くなり、細胞に栄養を送れなくなり、

脂分で毛穴を詰まらせてしまいます。

そのため脂質の取りすぎは、ハゲの原因にもなります。

 

因みに最も髪を成長させるのに大切な栄養は『亜鉛』です。

亜鉛には男性ホルモンを脱毛物質に変換する作用を阻害するはたらきがあります。

 亜鉛を多く含む食べ物

おすすめ:牡蠣、豚レバー、牛肉、煮干し
多く含む:豚肉、ふかひれ、かに、うに、たらこ、魚類全般
まぁまぁ含む:数の子、いか、貝類(サザエ、ホタテ、ばい貝、ハマグリ、しじみなど)

牡蠣、肉類、魚介類などに多く含まれます。

3 遺伝

よく「ハゲは遺伝する」と耳にしますが、ハゲは遺伝しません。

正確には「ハゲやすい体質が遺伝する」だけです。

そのため、家族や親族がハゲているからってハゲるのではないです。

ただ、ハゲやすい体質が遺伝しているため、家族や遺族がハゲている人は要注意する必要があります。

4 タバコ

ニコチンは血管を収縮させてしまいます。

頭皮の血管が収縮したら血流の流れが悪くなり、毛細血管に栄養が届かなくなります。

→抜け毛が増えたり、発毛がうまいかなくなる

5 ストレス

これが最も強敵です。

ストレスは自律神経のバランスを崩すため大変ハゲに影響します。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。この二つがバランスよく機能することで人は正常に活動できます。

ですが、ストレスを抱えると交感神経ばかりが働くようになってしまいます。

交感神経は血管を収縮させてしまいます。血管が収縮されると頭皮に栄養が届かなくなります。

できるだけストレスを抱えないようにしましょう。

6 頭皮への刺激

最後は頭皮への刺激です。

これは、ヘアスタイル、シャンプー、頭皮を叩く、紫外線などが挙げられます。順番に説明していきます。

1、ヘアスタイル

ポニーテールなど髪を引っ張るヘアスタイルは頭皮に負担がかかり抜け毛が多くなります。

また、髪を過剰に染めたり、アイロンやドライヤーをしすぎるのも頭皮に負担がかかってしまいます。

2、シャンプー

単純にシャンプーをするときに爪を立ててしまうと頭皮が痛みます。

髪を洗うときは指の腹を使って優しく洗いましょう。また、シャンプー選びも大切です。洗浄力が強すぎたり、余計な成分が含まれるシャンプーは頭皮に優しくありません。

あと髪の洗いすぎや濡れたまま放置することも厳禁です。

髪を洗いすぎると頭皮の皮脂が取れすぎてしまい、皮脂が過剰分泌してしまいます。

髪が濡れたまま放置してしまうと頭皮の菌が増えやすくなってしまいます。菌は普段は余分な皮脂を食べてくれたり頭皮を弱酸性に保って健康にしてくれているのですが、増えすぎてしまうと頭皮の免疫が反応して炎症を起こしやすくなってしまいます。

確かにドライヤーで乾かすのも頭皮にダメージがいくこともあります。ですが、温風で頭皮から20cm以上離れたところからドライヤーをすれば頭皮にダメージがいくことはありません。

3、紫外線

紫外線を浴びるのは健康的ですが、浴びすぎると危険です。

紫外線を長時間浴びると髪を守ってくれている成分が乾燥して毛髪から剥がれてしまいます。すると毛髪が弱くなり、薄毛が進行しやすくなります。

当然頭皮自体にも悪影響を与えます。日焼けと同じように紫外線を浴びすぎた頭皮は乾燥し、毛根に必要な水分を確保できなくなります。