RanQ


なぜ英単語を覚えるときは『英語→日本語』の向きでやるべきなのか?

  • Thumb img 7535
  • 1
  • 3824View

皆さんこんにちは!現役東大生のヒデキです。

「translate」の画像検索結果

英単語の暗記・・・学校の宿題なんかで当然みなさんやったことがあるかと思いますが、

いつも『何気なく』やってるのではないでしょうか?

 

実は、英単語の暗記は『英語をみたら日本語の意味が思い浮かぶようにする』方が良いのです。

「そんなこと、気にもしなかった!」という人も多いのではないでしょうか?

 

今日はそのことについて説明していきます!

1 なぜ『英語を日本語に変換する能力』が大事なのか?

なぜ英単語は

『英語を見て、そして日本語の意味を言えるようにする』のが大切かといえば、

それが入試を解くときに求められる力だからです。

実際に問題を解く時の脳の使い方を考えればわかります。

 

例えば長文読解が解けるようになるには、英文を読んだらすらすらと意味が入ってくるようになる必要があるわけです。

もはや条件反射レベルで日本語の意味が分かる、それか、そのレベルも通り越してもはや日本語を介さず英語の意味が理解できるくらいにまでなるのが理想です。

 

これが1単語ずつ見るたび

「えっと、これの意味は何だけ・・・」となるようではダメなわけですね。

 

まず読むのが遅すぎます。大学入試で課される長文を読み切るには時間がかかりすぎてしまいますし、

さらに言えば、ゆっくりと読んでいると一文を読み切るときには、最初の方に何が書いてあったかはすっかり頭から抜け、文の構造をつかむこともできず、

結局文章だけなぞって内容が全く頭に入ってこないという事態になってしまいます。

 

そうです、入試を解くときに求められる力は英語みたらスラスラと意味が入ってくる、もはや条件反射れる日本語が思い浮かぶ、

さらに行けば、日本語として意味を理解せずとも英語のまます意味がすっと入ってくるようになるレベルまで英単語の意味が体に刻み込まれている必要があるわけです。

 

ということで英単語の暗記をするときは英語を見て、そして日本語の意味を思い浮かべる練習をしましょう。

 

もちろん、逆方向の勉強もやることでより記憶が強固になる、という効果はあります。

日本語を見て、英単語を答える訓練もすることでより記憶力が強固になるのは間違いないでしょうし、もちろん出来るに越したことはないです。

 

しかし、優先度的には高くはありません。これは余裕があったらでいいでしょう。

 

まずすべきは、『英語をみて、日本語の意味を思い浮かべる訓練』です!
 

2 日本語→英語の力が求められるときは?

もちろん入試問題を解くときには例外もあります。

 

例えば英作文を解くのに求められる力としては、日本語から英語に変換する能力も求められますね。

 

もちろん英語から日本語への変換をやっているだけでも英単語のつづりはわりと覚えているものですし、ある程度はできるようになっています。

 

とはいえ、難しい単語のつづりや、作文を書くときの日本語から英語への変換の頭の使い方などは別に対策しておく必要があるでしょう。

 

しかし!これらの土台となるのもやはりまずは英語から日本語に変換する力です。やはり英語を見て日本語に変換する力をつけることが大事なのです。
 

3 受ける大学によっては『英語→日本語』の力だけでいい!

ここで、大事になってくるのが過去問分析。

 

そうです、もしも英作文など日本語を英語に変換する力が求められるような問題が出ない場合、別に日本語を英語に変える訓練はしなくてもよいわけですね。そこのところに時間をかけなくても良いわけです。

 

逆に、英作文などが出るようでしたら、しっかり対策して点を取れるようにしておかなければなりません。

 

このように『あなたがいきたい大学に合格するためには、どこまで勉強すればよいのか?』っていうことをしっかり把握し、どこまで勉強すれば最短で合格できるのかという事を把握するためにも、過去問分析は真っ先にしておきましょう!

↓詳しい解説はこちらにしております!

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTDggZYh9ZwmeY6Ne4b0cKGUdmyZ3SQZFlKnZIjhA6QCML22VEBuQ

受験生の過去問の使い方!~最初に過去問をチェックしといた生徒が勝利する!~  

 

 

↓こちらの記事では、筆者が実際に受験期に使っていた、最強の単語帳『鉄壁』の魅力を紹介しています!受験生は必見です!↓

なぜ受験に勝つ人は英語の単語を覚える本に『鉄壁』を選ぶのか~東大生支持率No1

 

 

↓そしてこちらの記事では、実際に単語帳を使ってゴリゴリ英語力をアップさせていく最強の方法を紹介しています!要チェックです!↓

劇的に英語ができるようになる、英単語を暗記する方法 ~東大生が伝授!~

 

↓勉強の土台はなんといっても暗記ですよね。こちらの記事ではすべての基本となる、効率のいい暗記の仕方を紹介しています!

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2472/image.jpeg

暗記の仕方を東大生が伝授! ~効果をその身で体感セヨ!~


 

以上、みなさんが何気なくやっているであろう英単語の暗記をするときに潜んでいる、実は大事なポイントについて紹介しました!

これを踏まえてゴリゴリ勉強し、どんどん成績を伸ばし、みごと第1志望合格をつかみ取ってください!

それでは!

 

 

Thumb img 7535

東京大学の二年生。文科二類 現役のときから東大模試でA判定をとるも、 本番で0.2点足りず、もう一年、受験生をやることに。(悔しかった!) そこからさらに力をつけ、秋の東大オープンで、文科二類を志願する1000人強の中で9位をとり 2016年に無事合格、晴れて東大生に。 今でもテスト期間に使っている私の勉強法を凝縮した本は ↓こちらからチェック!↓