RanQ


自分に合った英語学習法 あなただけの勉強方法を作り出す!

  • Thumb thumb illust 52
  • 12View

 

今日も英語の勉強できているでしょうか?

あなたは、勉強を無理なく行えているでしょうか??

 

英語の勉強は日々の積み重ねです。

 

とは言え、もしあなたが普段頑張っている英語の勉強を、ちょっと大変だな~と思っているのだったら、一休みしてこの記事を読んでみてください。

いくつか英語の勉強で忘れてはいけないことをお話したいと思います。

 

普段より一歩引いて、自分の英語の学習を見つめ直すことができるかもしれませんよ。

 

1 あなたが英語を学ぶ目的は何ですか??

 

まず、あなたが英語を学ぶ理由は何でしょう??

 

テストで点数を取りたい

将来役に立つから、今のうちに学んでおきたい

しばらく先に使うことになったから、急ぎで覚えたい....

 

1つではなく、いくつか理由があるのかもしれませんね。

 

「英語の学習が大変だな」と思った時にまず気にするべきなのが、目的です。

 

英語の学習で一番の「続かない理由」「成果が見えないこと」です。

これは英語に限ったことではないかもしれませんが、毎日続けるうえでとっても重要なこと。

 

 

「成果が出れば」「楽しく続けていける」んです。

 

 

だからこそ、「目的」「目標設定」が必要なんですね。

自分が欲しい結果を得られれば、続けていけるんですから。

目的が脇に追いやられてしまったら、勉強はどこかに行ってしまうものです。

 

 

なーんで勉強してるんだっけ??

 

 

もう一度、ゆっくり時間を取って自分と会話をしてみる必要があるかもしれませんね。

 

2 それは目的を達成できる勉強方法か??

 

目的が確認できたら、余計なことは止めてしまった方が良いかもしれません。

 

英語を読めるようになりたいのであれば、単語帳だけで勉強するのは止めて....

単語力を付けたいのであれば、文字だけで覚えるのは止め、リスニングを取り入れて....

リスニング力を付けるのであれば、一日10秒~のリスニングを日々の学習に取り入れて....

スピーキング力を目的にするなら、シャドーイングを一日一台詞取り入れてみて...

 

….等々

 

具体的に方法を絞っていきましょう!

 

 

そして、少し怖いような、それではいけないような気がしてしまうかもしれませんが、「決めた方法以外は止めてみる」ようにしましょう!

 

もし上手くいかない or しっくりこなければ変更すれば良いんです。

しっかりと変更すべきことが分かるためにも、まずは、とにかく絞って学習することが何よりも大切です。

 

3 勉強している教材は自分のレベルに合っているか??

 

次の文章を見てください。

英字新聞から一部抜粋して、例として挙げてみますね。

 

例として、英語のリーディングの学習をしている場合の練習材料の考え方についてです。

 

 

 

“The United States and China called a truce in their trade war on Saturday after President Trump agreed to hold off on new tariffs and President Xi Jinping pledged to increase Chinese purchases of American products. The two also set the stage for more painstaking negotiations to resolve deeply rooted differences over trade.”

 

(The New York Times, Dec 1 2018 より一部抜粋)

 

「アメリカ合衆国と中国は、土曜日、トランプ大統領が新しい関税の延期に合意し、習近平国家主席がアメリカからの輸入拡大を約束することで、両国の貿易戦争を一時休戦することとした。

両国はまた、貿易における二国間の深い溝を埋めるため、今後、より一層忍耐強い交渉をしていく段階をむかえた」


 

 

 

少し省いて、内容理解に最低限必要な部分だけを抜き取ってみます。

 

 

 

“The United States and China, President Trump agreed to hold off on new tariffs and President Xi Jinping pledged to increase Chinese purchases of American products.

 The two also set the stage for negotiations to resolve the differences over trade.”

 

「アメリカ合衆国と中国は、トランプ大統領が新しい関税の延期に合意し、習近平国家主席がアメリカからの輸入拡大を約束した。

両国はまた、今後、貿易における二国間の深い溝を埋めるための交渉の段階をむかえた」

 

 

 

 

“truce”=休戦

→ “call a truce”=(callを伴って)休戦を宣言する

“trade”=貿易

“war”=戦争

“after =~の後に

→ “after”の後は文章も持ってくることができて、前後の文章の順接関係を表すことができる

“A after B”=B(ということ)の後A(ということ)となった....etc

“agree to =~することに同意する

“hold off =~を延期する・(ひとまず)退ける

“tariff”=関税

→ “new tariffs”(トランプ大統領がかけようとしていた、中国に対する)新たな関税

“pledge to =~することを固く約束する・誓約する

“increase”=拡大・拡大する

“purchase”=購入

“product”=製品

“set the stage for =~の土台を作る・~の準備をする

ここでは「(丸くは収まっていないので)今後、より交渉を続けていかなければならない」というニュアンス

“painstaking”=忍耐強い・骨身を惜しまない・勤勉な

“negotiation”=交渉

“resolve”=解決する

“deeply”=深く。“deep”(深い)の副詞形

“rooted”=深く根付いた・定着した

“difference”=違い。 “different”(違う)の名詞形

“over =~における(~全体を考えて)

 

 

一つ目の文章がすぐに理解できそうであれば、それが今の学習レベルですし、二つ目の文章なら分かりそうだというのであれば、それも現在の学習レベルなんです。

 

最終的には、英字新聞がスラスラ読めたり、雑誌が難なく読めたり、ニュースやドラマがある程度頭に入ってくるという英語力に行き着けることに思います。

大切なのは、そこまでどういったステップで勉強していくかということです。

 

 

突然、自分に合っていない難しい教材を使ってもいけませんし、むしろもっと良い練習教材があるのに、ワンランク上の教材を使わずに勉強をしている場合....

 

 

少し遠回りのような気分になることがあっても、何だか途方もない気がするようでも全然問題ありません。

いずれは、自分の行きたいレベルには到達できるんだから。

もっと、自分が望むレベルに行けるんだから。

 

例として今回はリーディングを挙げましたが、リーディング・リスニング、ライティング・スピーキング、どの内容でも同じです。

「少し難しいな」と思う程度の方法で、自分に合った方法で勉強していきましょう!

 

4 その勉強方法が自分に合っているか??

 

英語の学習で大事なことをお話してきましたが、よく見落とされがちなことがあるんです。

 

 

他の方法より「楽にできるか?」ということです。

 

 

英語の学習自体がそこまで楽には思えないかもしれませんが、一つ一つの方法と自分の性格や好き嫌いと照らし合わせるって、とっても重要なことです。

そして、もっと大切なことが

 

 

「どうしたら勉強しやすいか?」

 

 

これを見つけることなんです。

 

今まで見てきた人たちには色んな勉強方法を取っている人がいました。

 

 

・携帯に写真を撮って保存しておく

大事なことを一つ一つメモする手間を省略するため

 

・単語だけでなく、派生語を分かりやすく書いておく

語彙力の強化の工夫

 

・分からなかったものを文章単位でメモ書きしておく

単語だけでなく、使われ方まで思い出せるように

 

・聞き取れなかった箇所を携帯に全部保存しておく

後々自分でもシャドーイングしやすいように

 

・分からなかったものを2週間後に必ずテストしてもらう

何となくで勉強しない様に、緊張感を出すため

 

・英語で日記をつける

身近な表現から英語を勉強し、かつ習慣にするため

 

….等々

 

 

本当に人の数だけ学習方法が出てきそうです。

 

英語の学習では、「自分が行いやすい方法」を取っていないがために続かない場合も多いです。

学習内容や何を学ぶかはもちろん重要ですが

 

 

「続けられること」

 

 

これ以上の勉強はありません。

あなたが、もし英語の学習を難しいと思っているなら、「自分らしい続け方」に時間を使ってみるのが良いかもしれませんよ。

5 あとがき

 

いくつかのポイントに絞って、また、リーディング用の例も添えてお話してきました。

 

自分自身の英語学習を振り返ってみても、続けられている時はどんどん成長できるのですが、中断してしまう時は、時間の制約など以上に、続けられない理由がありました。

誰にでもできる時とできない時はあるようです。

私の先生や周りの人もそうですし、お話をする人たちも皆同じです。

 

特に英語を学び始めたばかりの時や伸び悩みを感じた時は、パタッと中断期間が長くなってしまうことも多いです。

でも、英語学習は細くても長い方がずっと良い。

 

少し難しいなと感じてきたら、一度自分の勉強してきたことや「勉強の仕方」と向き合ってみるのが良いかもしれませんよ。

気晴らしにいつもは触れない媒体に触れたりすると、そこから意外な発見も生まれてくるものです。