RanQ


2018年よりケアマネ受験資格に変更あり!どこが変わったのか?

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 1738View

今までのケアマネの受験資格を得る条件は、

1、法定資格(国家資格)を持っている人

法定資格には医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、作業療法士、理学療法士、等など。

かつ保険・医療・福祉に関する業務に通算5年以上の従事期間があり、900日以上の従事日数が求められます。

 

2、法定資格を持っていない人

1で挙げた法定資格を取得していない場合でも生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員として受験資格に定める対人援助業務に通算5年以上、従事期間及び900日以上の従事日数があれば、受験資格を得られます。

また介護等業務に従事し、実務経験5年以上、その業務に従事した日数が900日以上、または実務経験10年以上、その業務に従事した日数が1800日以上

※従事日数は業務形態は問われない。1日3時間の勤務でも1日にカウントされる。

 

上記が受験資格を得る条件でしたが、赤い部分に注目してください。

今までは国家資格を持っていなくても実務経験5年以上(従事日数900日以上)あればケアマネ試験を受験することが出来ました。

 

2018年度からは、無資格の方が受験資格より除外されました。

 

その理由として

「介護支援専門員に係る様々な課題が指摘されている中で、今後、介護支援専門員の資質や専門性の向上を図っていくことが必要であることから、受験要件について、上記の法廷資格保有者に限定することを基本に見直すこととした。 なお、介護支援専門員の業務が相談援助業務の性格を有することを考え、相談援助業務の経験があるものについては、引き続き受験資格を有する者とする範囲とする。」

                    引用元:厚生労働省(http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/1840/00148696/shiken.pdf)

 

つまりケアマネ一人ひとりの質を向上させるために受験資格の入り口を狭くしたというところでしょうか。

これから無資格でケアマネを目指す方は介護福祉士(あるいはその他の国家資格)を取得後、5年の介護業務に就くというステップが必要になります。

 

 

http://cdn.amanaimages.com/cen3tzG4fTr7Gtw1PoeRer/02266013815B.jpg

介護福祉士取得のための専門学校の特徴、費用を比較してみました