RanQ

Image

受験の不安を5分で解消!紙とペンで不安を『見える化』して撃退する方法。

  • Thumb img 7535
  • 1
  • 60View

皆さんこんにちは!現役東大生のヒデキです!

 

受験期ってやっぱり、不安が絶えないですよね。

「順調に成績が伸びるかなぁ・・・」

とか

「今回の模試の成績が悪かった・・・」

とか・・・

 

もちろん、私もそうでした。

「ちゃんと成績伸びるかな・・・」

「本番が近づいてきてもこのまま英語長文が読めなかったらどうしよう・・・」

「本番お腹が痛くなったら大変だ・・・」

「そういえば、願書の期限を忘れないことも何気に気をつけなきゃいけない・・・」

 

なんて頭中でモヤモヤと考えていると、そのうち最初に考えていたことなんてすっかり忘れてしまって、

もう一度

「ちゃんと成績伸びるかな・・・」

なんて考えてしまい、思考のループにずっーーーとはまってしまっていました。

 

ところが!

あるとき、頭の中で渦巻いている不安への対処法があると耳にし、

(とはいえ受験期のこの半端ではない不安感は、そう簡単に消えるわけがない。)と半信半疑ながらも実際にやってみたところ、

 

「自分が心配していたのは全部でたったこれだけだったのか!」と気づき、

それ以降、ひたすらに頭の中でモヤモヤと不安を感じてしまうということは一切無くなりました!

 

今回は、そのとっておきの方法を紹介します!

あなたもさっそく紙とペンを用意して、続きを読み進めてください!

1 紙の真ん中に縦に線を引く。

「紙 二等分」の画像検索結果

まずは、用意した紙の真ん中にペンで縦線を引き、

 

紙を二等分しましょう!

2 左側のスペースに不安を書きだしていく。

紙を二等分できたら、今度は左側のスペースに今感じている不安をひたすら書いていきます。

 

このとき、あなたの『頭の中にある不安』をどんどん紙の上に出していくイメージで書いていきましょう。

「世界史が苦手なんだけどどうすればいいかな・・・」といった、大きな悩みから、

 

「本番、試験会場までの行き方を間違えたらどうしよう?」といった小さな悩みまで、

どんどんどんどん、もうこれ以上書けない!ってところまで書いていきましょう!

 

不安を全て紙の上に書きだして、頭のなかをカラッポにするのです!

3 右側のスペースに、不安への対処法を書いていく。

左側のスペースに不安を書きだしたら、

今度は右側のスペースに、一つ一つ対処法を書いています。

このとき、頭の中から出てきた不安を『倒すべき敵』としてとらえ、

一つ一つ撃退してゆくイメージで対処法を書いていきましょう!

 

「世界史が苦手・・・」

「まず過去問を見てどういう形式の問題が出るか知り、そのあとはしばらくひたすらに一問一答をやり、がっつり覚えたところで過去問を一年分解いてみる。解いてみて、まだ補強できる部分があるとわかったら、追加でどんな勉強をするかそのときにまた考える。」

 

「本番に試験会場までの行き方を間違えたらどうしよう・・・」

「授業のない休みの日に、リハーサルとして実際に試験会場まで行ってみる。朝の電車の込み具合を把握するためにも、本番と同じ時間に家を出る。」

 

 

このように、いちど不安を全て出し切り、それに対する対処法を一つ一つ考えてゆくと、

 

「なんだ、自分が感じていた不安はこれで全部か。」と、意外と少ないことに気づくでしょう。

 

不安をただ頭の中だけで考えていると思考がループしてしまい、まるで不安が無限にあるように感じられるのですが、

冷静に紙に書いて見てみると、あなたが感じていたよりかは不安はだいぶ小さいことに気づくでしょう。

 

しかも!

 

それらの不安一つ一つに対して対処法がちゃんとあるとなれば、もう怖いものはないですよね。

あとはその対処法を実践していくだけですから、心もだいぶ楽になるはずです。

 

あなたもさっそく、今回紹介した方法をやってみて、

見えない不安にモヤモヤといつまでも怯える日々におさらばしてください!

 

 

↓こちらの記事では、他にも不安への対処法をいろいろ紹介しています。合わせて要チェックです!

受験に漠然とした不安を感じている君へ! 今すぐ目に見えて不安が軽減される方法

 

(2017年10月17日更新)